NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

関川夏央さんの『子規、最後の八年』の
感情を堪えて抑えた筆致に絆(ほだ)され
「十日の菊」のように「二十日の秋果」💠
🍎🍊🍇🍌🍐🥝(季節違いも含めて?)
纏めて籠に放り込みました…秋彼岸入り
(中日の23日秋分を経て26日彼岸明け)。


正岡子規…本名正岡升(のぼる)35歳
没年月 明治35年の九月に入っても
パイナップル🍍や焼栗🌰を食べて
梨🍐などは一切れ二切れではなく
一つ二つを食事時に食べています…
もっともっと喰い散らかし まさに
「獺祭」(だっさい:カワウソの祭り)
の如く 生きていたかったでしょう。



【鬼籍にて健啖家たれかし菊花】
(2020.9 賢治忌へのオマージュ)



忌日近い宮沢賢治は昭和8年(1933年)
9月21日没でこちらは37歳で鬼籍に…
前年度菊花展の俳句連作が遺ります…
満州事変は昭和6年9月18日勃発 不穏
の時代が再び三たび始まっています。


「それぞれの宮沢賢治展」への出品
作品… 下書き下絵を画き始めました。


【秋の日の果実祈りの藤籠に】



💠「六日の菖蒲、十日の菊」・・・
五月五日の端午の節句
九月九日の重陽の節句
に必須の
アヤメ(祓邪)・キク(慶祝)が
一日遅れになること
から
時機に間に合わず今更役にたたない

「二十日の秋果」は上のことわざを
元にしたNP造語…果物が好きだった
子規の忌日9月19日に間に合わない
が秋らしいフルーツを揃えている…
死因は子規が結核性の脊椎カリエス
賢治は急性肺炎で自家療法が仇に…
賢治忌には間に合いましたね…合掌。


IMG_20210920_091616





IMG_20210919_220839
だっさいき(9月19日)

カワウソが獲物を祭り上げ
ため込んでは食い散らかす
さまを書物の散乱に喩えて

糸瓜忌(へちまき)・子規忌


明治35年に三十五歳で鬼籍入りした
俳人で歌人で文学者 正岡子規の忌日

病床句から柿・蜜柑・梨 …
見舞いに貰ったものですね


側に柿くふ人を恨みけり (M32)
飯くはで蜜柑を好む病哉 (M32)
大きなる梨を包みし袱紗(ふくさ)哉 (M32)



この明治32年(1899年)は日本に初めて
ペストが侵入したそうです… この面で
も二つの戦争の狭間の面でも世界進出


それから122年後…
子規逝きて119年後

この夏ずっと抱えていた課題(教員免許更新講習)
の提出物(レポート・アンケート・試験答案)を…
ようやく簡易書留速達で休日窓口から郵便で出し
… 寝不足を補ったあとに子規を偲んで二冊併読を


【子規忌には無理する臥せる喰い散らす】


IMG_20210919_224353






季寄せ捲(めく)る


IMG_20210918_090706
冷やかに
爽やかに
澄んだ水

冷やか

九月(仲秋)の季語

秋水(秋の水)
爽やか
水澄む

三秋(八・九・十月の秋じゅう)の季語

季語集

俳句歳時記もしくは季寄せと言います


「三尺の秋水」
とは
切れ味鋭い名刀の喩え(画像季寄せより)


クラフトなんちゃら
ルイボスかんちゃら

ガクシュウしています

季語集は
これも大きな学習をせねばならぬときの
気分転換の隙間ガクシュウに充てていて
…台風一過 ルイボスティーと共に味わい☕️
すっきり… ルイボスはノンカフェインで
ティーは紅茶というよりも健康茶ですね


【ルイボスは南アへの旅秋の水】



☕️ルイボスティー・・・
南アフリカ共和国のセダルバーグ山脈一帯で
栽培されるルイボスは、20世紀に入ってから
世界中に知られるようになりました。味わい
が紅茶に似ていることから、ヨーロッパでは
カフェインゼロの紅茶代わりとして愛飲され
ています。[伊藤園ホームページより]

このページのトップヘ