NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

『プロカウンセラーの夢分析』は「実際」的です。

「夢中夢」の原理は至ってシンプルでテクストに
よれば…「私は何か悪いことをしてしまって…」
どこかで「夢であったらなあと思っている」現実
を抱えていることにより…夢の中で夢としてみる
「二重のクッションにより夢見者を守っている」
のが「自分でわかる」ということを意味すると…。

ややこしいですが…つまりこういうことですね…
「悪いことは隠しておきたい忘れたいことで…」
「悪いことの内容を直接夢にみるのではなく…」
「夢中夢」として「邪悪な願望をコントロール」
出来るようになる迄「夢をみる夢」にしておく…。

夢の中でこれは夢だとわかっている夢をみること
…それは珍しいことではありません…夢を覚えて
いられないことが多いのは「自分を守る」ことだ
とは意外と「わからない」ものです…「わかる」
ことは時として…おおいに「こわいこと」ですね。

**********************

『知識ゼロでも楽しく読める!数学のしくみ』は
「わかる」というキーワードで繋がれたもう一冊。

「ポアンカレ予想」も又「夢の中の夢」のようだ
と感じながら…「宇宙の形がわかる」という難題
のエピソードを読んでいます…こちらもシンプル
「単連結な3次元閉多様体は3次元球面に同相」
…一見ややこしいですね…いやほんとに難解です。

しかし具体的妄想的には…つまりこういうこと…
「どこにロープを置いても、縮めて一点に回収の
できる図形はほぼ球形である」…ポアンカレ予想
による「宇宙の解明図」の絵が載っていて…説明
…1⃣無限に伸びるロープを地球に結んだ宇宙船が、
宇宙のすみずみまで飛び回ったとする…2⃣宇宙船
が地球に戻ったあと、ロープを回収できれば宇宙
はほぼ球形だと考えられる…ということなのです
…そしてこの100年間解けなかった難題を2003
年に解いたのが…ロシアの数学者ペレルマンです。

数学の「実際」に疎い自分としては「夢中夢」と
そうは変わらない「こわいこと」(わかること)だ
とも思われます…こんなことを予想(夢想)して
自身も証明できず…100年間挑んだ天才数学者
たちにも果たせず…遂に証明された「正夢」の話。

**********************

4月8日は「花祭」= 灌仏 会(かんぶつ え)です…
生誕の時代に諸説(紀元前4C~前11C迄)のある
「釈迦」(おしゃかさま:のちの仏陀ブッダ)の
誕生日です… 降誕会・仏生会・浴仏会・龍華会・
花会式など別名が沢山あります…全て晩春の季語…
時を遥か遥かに越え夢の夢の如く生き続ける釈迦。


【花まつり夢の中また夢をみた】


IMG_20210408_090409





俳句漢詩
回文漢詩
七言一句

Q : 書き下しは? ふた通り

A : 最下方にあります\(^^)/


🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀


第24回俳句甲子園の地方予選兼題が6日14時に
公式サイトに発表されました…Pdfのスクショ…
地方予選は昨年同様にネット投句審査のみで…
締切は5月12日14時 … 三年連続全国大会出場へ

7日放課後からの始動に向けて俳句コーチから
いくつかの事前指導があり…助漕… 大阪の状況
次第ではこれも昨年同様にネット句会に移行…
昨年度末にはOBOGの力も借り「桃の花」実施


NPは今年度まさに一期一会ならぬ「一日一会」
(いちじついちえ:造語 二度と来ない大切な一日)
のつもりで何ごとにつけても「先入観を棄てる」
「感謝する」のふたつを心がけて過ごします…

担任クラスも二度とないつもりで そのふたつを
板書し 生徒50名(男女25名ずつ) にお伝えして…
もう一人の若手担任のかたは「自律」「自立」
重なる思いもあり… とてもよい船出になります🚢


【海原へ二度とは来ない春の波】


宮本輝さんの『春の夢』には当時 片町線と
呼ばれていた国鉄時代の住道駅近くに下宿
して… 追手門学院大学の黎明期にテニスと
恋人に青春を賭けた作者自身の思いの丈も

表紙は『錦繍』文庫本も同じで故 有元利夫
画伯… NPは俳人の平石和美さんに絵葉書を
頂戴して以来… この画人の生き方や作品に
注目しています… 1965年に39歳で鬼籍の…


【春の夢夢は正夢夢の春】
【春の夢夢正に夢夢の春】



IMG_20210406_153957
IMG_20210407_014646

小説は直接的には社会の役にほとんど立たない

ワクチンみたいなものにはならない・・・でも

小説という働きを抜きにしたら社会は健やかに
 前に進んでいけない

心で考えないとよい小説は書けず 頭は使うが
 優等生じゃないくらいがいい

意識や論理だけでは掬(すく)いきれないものを
 しっかりゆっくり掬い取ってゆくのが小説

小説家という職業は人の手から手へとまるで
 松明(たいまつ)のように受け継がれてきた

松明を受け継いでくれる人がいたらうれしい


村上春樹さんは京都伏見出身で西宮香櫨園小・
芦屋精道中から神戸高校卒 早大第一文学部へ
在学中に結婚しジャズ喫茶を開き映画演劇科
を7年かけて1975(S50)年に卒業し…1979年
『風の歌を聴け』で作家デビュー(わ~ぷ略)
… 現在72歳の世界的な著名作家…上記概要の
祝辞をサプライズで受けた新入生は僥倖です。


とてもわかりやすい論旨でしかも心がある…
いいスピーチですね… 今日たまたま学部は
違うのですが早大生で北海道へ一人旅をして
いる教え子からメッセージを貰って…不意に
そう言えば1日に…と探して全文読みました。

教え子の男子学生は映画監督志望で…昨夜は
白老というところにいたようです…もう東京
に帰らねばならない日が近づいているのです
が…「修学旅行的」な北海道観光ではない旅
で色んな見聞を深め文献やビジュアル資料を
貪るように廻っています…彼は在校中は膨大
な量の小説を書いていました…反骨精神の塊
みたいな…頭よりも心で書く…どっちもかな…
彼なら「松明リレー」はきっと受け継げる…。


彼をイメージした昨春のNP句です…コロナ禍
は第一波の猛威を振るっていました…「死」
が身近に降り注いでくるようで怖かった頃…
今もそんなには変わっていません…耐えねば。


【シナリオの通りに死なず春時雨】
(『蒼穹』春の部)


「シナリオ」は在校中に彼の制作した映画の
題名…すでに十年が過ぎてしまって…感無量
彼の父親もNPもTK女史先生も出演して…
彼の監督・脚本・演出・主演…撮影は大学の
構内にも…こんな中三生はもう二度と出ない
ような気もします…頭よりも心だったのかな。


【頭より心春樹の入学式】


明日多分最後の担任として高校入学式に臨み
ます… 頭ではなく心で新入生を迎えたいと…。


大切にしている2021手帳の…春樹ステッカー。

IMG_20210404_204934





このページのトップヘ