NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

老鶯
ろうおう
おいうぐいす

三夏(初夏・仲夏・晩夏)の季語で深緑に
上達した鳴き声を聴かせてくれるウグイス
繁殖期でもあり人前にはまず姿を見せない。


小論文指導員として四月は八日間で9回
五月は六日間で7回緑の丘の上の校舎に
通った… 早朝と放課後と2回の日もあり。


小論文指導は老鶯の鳴くが如くありたい。

上達の書き方を示しながらもその指導の
影(姿)を顕(あら)わに見せてはなら
ない… いかにも指導のありき… これでは
生徒の「らしさ」個性が表れずに借り物。


「借り物競走」よりも「鳴き声協奏」

「教えるのではなく、自然に任せる」🐦

「自然」とは「自ずから考えること」


小論文指導のみならず国語指導も然り。

これは『東大の現代文25カ年』(教学社)
で有名な桑原聡氏も常々仰っていること…。


【自然たる我夏の山川草木】🏔


🐦自然・・・
仏教では自然(じねん)と読みます。
一般的には、山や川、草、木など、
人間と人間の手の加わったものを除く、
この世のあらゆるものを指して使われ
ることが多い言葉です。仏教語として
は、それ自体で存在するもの、おのず
からそうである事などを指します。
[日蓮宗公式ホームぺージより]

🏔山川草木(さんせんそうもく)・・・
さんせんそうぼく · 自然における代表的存在として
山、川、草木を挙げた言い方で、森羅万象を表す語。
「山川草木悉皆成仏」の語において主に用いられる。
[Weblio辞書より]


1000008308
1000008306





『ポプラの秋』は夏の家探し


湯本香樹実さんの
『夏の庭』
『ポプラの秋』
を久しぶりに生徒にススメている。
十年ぶりぐらいにオシているのだ。

前者は1992年初刊だが昨年新改築で
の図書館開きをした勤務校で、32年
前の単行本が見つかり嬉しくなって
束の間借り出し(生徒が来るから)
返すまでに解説やプロフィールなど
文庫本で増えたもの変わったものを
確かめて楽しんでみた、慕わしい。

後者は1997年初刊「文庫書き下ろし」
で、二学期をほぼ費やしてこの一冊
で授業を展開したことがある、最後
数頁の声読は、必ず泣けてくるのだ。


たまたま今日、とある高2男子から、
「何読んでも続かないし読めないん
ですよ、なにかいい本ありませんか」
と、本気で相談を受けたので、迷わず

『夏の庭』

と答えた…(それを読んだあとの『ポプラの秋』
は、もっといいよ)という言葉は呑みこんだ。


【ポプラの木花言葉の希望をキミに】


1000008302
1000008303

  

神戸の六甲ライナーから
アイランドセンター駅前
神戸ファッション美術館

二三雲(にぞうぐも)は
夏の季語でよいのかなと
ひとりごちながらの鑑賞。

雲の峰は入道雲のこと…三夏の季語で故山本二三氏
がスタジオジブリなどのために描き続けた雲の画
とは異なるのかも知れませんが青雲の志の象徴の
ようにも人の心に生じる純烈の群雲のようにも…。


【文月の神戸かつての二三雲】☁



画像左側は「文月の神戸」…
ポートタワーは改築オープン
したので、かつての… です。


1000008285

このページのトップヘ