NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

第十五句集名「めぐ」

茨木先生の初お孫さんの名前で
今高校三年生… あとに三人控え
第十八句集で山口誓子の十七を
越えたいと帯・あとがきに仰る。

長い長いご無沙汰をお詫びして
唐突に『蒼穹』を送らせて戴き
すぐのお返事と賜り物「一本」
… 一冊の本をそう表現されます。

本にはサインと一句…和紙に筆
書きと朱印… こんな果報ありて
恐縮の極みですが当シリーズの
恒例で十句… 注目モティーフ型。

角川俳句で蝮蝮蝮🐍🐍🐍の連句
があり衝撃的だったものですが…
この『恵』で「山桜三十五連句」
があります… それはもう壮観で。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

花(植物)素材に特長と惹かれるもの
を僭越ながら感じましたので以下…。


新横浜駅の近くの花菜畑
土佐なればこそ大ぶりの蝮草
山中の家の大きな百日紅
すつと伸び立ちて山百合崩れゐず
老いしとは思はず花野歩きゐて
波高き湖が見え山桜
雲崩れ過ぎし青空山桜
青空は揺れず動かず山桜
遊びゐる子の声高し曼珠沙華
秋晴れやメタセコイヤは素直な樹

(茨木和生 平成三十年~三十一年)


これらの句に描写された花(植物)は…
言うまでもなく作者御自身か 或いは
裏帯に記された「なお立ちかえる
亡き妻への思い」を暗喩しているの
ではないかと思われるのですが…如何?
「産土(うぶすな)の地・大和の山川草木、
光と風、生きものたち」の後に続けて
その辞(ことば)が刻まれています…次
からは恵さんや更に三人のお孫さんの
モティーフも増え一層若返られるので
はないかと…御歳八十 「運河」主宰者。

あの頃も今も
心より感謝と
敬意を覚えて
にも拘わらず
不確か怪しい
自分口惜し…。


【胡乱にも臥待月を待てず寝ぬ】

(うろん・ふしまちづき・いぬ… 今宵は更待月)

IMG_20201004_234148












二年前に「昔の句集ですが… 」と一筆箋を添えて
勤務先宛てに俳句界等と共に送付して戴いた有り
難い一冊… 印象的なハムカツの句が当ブログ記事
にもあり…今 句集名に相応しい季を得ています。

勿論「菊」のように「花のモティーフ」に拘って
読むことも出来ますが今回は「海」のモティーフ
に拘って読み返しを試みました… 三好達治の詩に
あるように「海よ、僕らの使う文字では、お前の
中に母がいる」… 如月真菜さんの句に「母性」を
感じるからで直截(ちょくせつ)的で恣意的な読み
になりますが丁度10句 撰ばせていただきました。

奥付け右側の頁に著者略歴があり…昭和50(1975)
年生まれのかたで2004年に第二句集として(若手)
精鋭俳句叢書(そうしょ)シリーズで刊行の一巻。📕

巻末での解説文ではなく…「栞(しおり)」見開き
小さなリーフレットが挟んであります… これは
①の平石和美さんもそうだったのですが… 上品。

海に因(ちな)んだ句がそのまま「母なるもの」の
イメージに繋がるものではないかと… 優しい句達。


爽籟や大きく黒く船は沖
海遠くはなれ浦島草あまた
宇和海の豊年の雲大きかり
涼み船あらぬ方より月のぼり
春の潮砂の間をもどりゆく
蓬積む島の表に船着きて
舟遊び空ゆるゆると流れけり
つづれさせ庭まで寄せて海の砂
捨て置かる牡嵩や潮みちて
覚めてなほ車窓に秋の渚かな

(如月真菜1999年~2005年)


こう並ぶとハッとするのですが…
「海」というよりも「海岸」なの
ですね…  海の潮が寄せては返す…
何処に「もどりゆく」のでしょう
… それが句集全体の趣意妙味かも。

… 句集を戴いたのは茨木和生先生
以外では初めてのことでしたので
本当に何度も何度も読んだ句集…。


IMG_20201003_030123






【さう言へば旧友菊夫似合ふ秋】












オンライン入賞発表は伊藤園公式
ホームページからオンデマンド視聴。

冷奴の句で俳句甲子園全国大会入選の
高校二年生Tさんが「お~いお茶」でも
ペットボトル化される佳作特別賞に名を
連ね他生徒3名と教員1名(NP😅)は佳作の
見込み…という結果でした(近年ハードル高)。

「季語の句ではなく企図の句」の新時代とも
思われるような最上位(各大賞)の句群には成程
「新俳句」と呼ぶに相応しい斬新で奔放で闊達
な言葉たちが自由に躍動してはいたように思われ
ますが… 夏井いつきさん・宮部みゆきさん そして
いとうせいこうさんの審査員鼎談(ていだん)には
少し気持ちを整理してじっくり再視聴しないと
俄(にわか)には受け入れ難い「新俳句感」が
溢れていたような気が…現時点ではします。


【小賢しく捻らむを名月の笑ふ】


【中秋の月賞づることステロタイプ】


(画像は10月1日の朝昼晩)

朝の通勤ホームにて一本プチボトルと共に。

その600ml 飲みほして「新化」を辿るべく
二年前の佳作特別賞受賞者に戴いた525ml
(文化祭展示用に保管)と並べてみました…。

中秋の名月はなぜかぼんやりとしか撮れず。


IMG_20201001_184723
IMG_20201001_184622
DSC_3031





このページのトップヘ