NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

2015年06月

「夏越祓」(名越祓:なごしはらい・なごしはらえ)の日です。

認知度に地域差のある行事のように思われます・・・元々は旧暦6月末に行われていた「夏越の祓」は、半年間の穢(けが)れを落とす(=厄落とし)の行事で、このあと半年の健康と厄除(やくよ)けを祈願します。
新暦になった現在でも、末日の6月30日頃に日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。
茅(かや)の枝葉で作られた輪を潜(くぐ)り抜けることで厄を祓うのも定番のようで、「輪抜け」と言います。
上半期の厄落としである「夏越の祓」、そして半年後の12月末には、同様に下半期の厄除けをする「年越の祓」があります。

そもそも旧暦の行事を、日付そのままで新暦に持ってくるのは、季節感に無理が生じるわけですが、今はまさに、ちょうど一か月半ズレている感覚なので、わかりやすいです。

・・・今日6月30日が旧暦の5月15日にあたります。
昔なら、まさに五月雨(さみだれ:梅雨)の、夏(4・5・6月が夏ですから仲夏ちゅうか)のど真ん中なのです。 

やがて約二週間後に「(旧暦)皐月さつき」を抜けて梅雨が明け(旧暦の5月が終わり)、
日照り続く「(旧暦)水無月みなづき」といわれた晩夏(旧暦6月)が来るのです。

・・・わかりにくいですかね((+_+))。

で、・・・
本来の旧暦6月晦日(つごもり:月籠り=末日)は、
「小の月」なので6月29日、
それが、つまり夏終わる日、ということですね。
新暦で今年だと、8月13日にあたります。

ね、季節感の調整ができるでしょう?

・・・秋風吹き始める「寒蝉鳴」(かんぜんなく:当ブログ記事参照)の日です。

その日まで、一か月半の、熱い暑い厚い篤い夏を、
頑張れ、頑張れ、頑張れ、頑張れ、頑張れ、頑張れ、頑張れー♪♪♪


 

SPと花巡りに行ってきました。

神戸六甲~三田篠山方面です。

紫陽花・薔薇・百合づくしに、
あくまでもおまけで・・・
めんたいソフトクリーム&佐藤錦。

DCIM0557



 










DCIM0571 














DCIM0599
 













DCIM0595
 













DCIM0592

 












DCIM0584DCIM0589
 






















 












 

7月2日(木)にブログ再開します。

前祝いの花と食などなどです。
DCIM0551 
鳥取
大栄町の西瓜

名探偵コナン
青山剛昌さんの
ふるさとブランド








DCIM0553_1 
トルコ桔梗
撫子
(なでしこ=常夏)









































DCIM0550 
さくらんぼ
絵手紙


 







































DCIM0554 

高野豆腐

きんぴらごぼう

切り干し大根と薄揚げと人参の
煮もの

牛肉ハンバーグ

帆立貝柱サラダの
マヨネーズあえ
 

久しぶりに夏カレーです。

こんな季節の食便りも、無名の発信ならば「意味が無い」のかな。
所詮は「形」の世界、「形」を失ったら「意味が無い」ということでしょうか。

今、菊池寛の『形』(大正9年1月2日:大阪毎日新聞掲載)を、
中2授業で扱っています。 

メークイン
ぶなしめじ
赤パプリカ
たまねぎ
にんじん
なすび
豚もも薄切り

玄米ご飯
ジャワカレー

形を失わないようにしながら、
中身を大切にしたいと思います。
DCIM0549
 

DCIM0537善戦、でいいよね。

はい。

帰り路で、Aチーム紅一点の I さんの返事は清々しかったです。

大阪桐蔭高校Aチーム
0-3 対 洛南B 
0-3 対 洛南A
0-3 対 吹田東B

街衒う 帰る家には あゝ若葉
(大阪桐蔭H2くん)

この句で負けたら仕方ない・・・と内心思っていました。
「衒(てら)う」は「華やかに装う、飾り付ける」ぐらいのニュアンスです。


大阪桐蔭高校Bチーム
1-2 対 吹田東A
1-2 対 灘

我十五若葉の頃に生まれ出で
(大阪桐蔭:Sさん)

明るくて力強い句・・・予想通り褒めていただきました。

大阪府青少年参画センター(ドーンセンター)第二会場、灘がまずブロック全2勝で全国大会出場を決めました。
二戦目三本目、最後の対決で、その灘を、あと一歩まで追い詰めましたが・・・、
大将句で惜敗しました。
なんとビル対決でした。

赤:ビルとビル ビルと若葉と ビルとビル (灘)

白:陽を求め 摩天楼にて 若葉かな (大阪桐蔭:Sくん)

旗判定:勝者 赤:4-1
Sくん、Sさん、Aくん、T1くん、T2くん、ほんとうによく頑張ったね・・・。

補欠応援のTYくん(感謝(^_^)/)含めて、
メンバーの大半は試合後に期末考査勉強の為、午後になってすぐに帰宅しましたが・・・、
第二会場分の閉会式で、試合中にディベート対戦では発言出来なかったT1くんの

朧月 水面に映る 逆世界
(母の日に音も聞こえぬ家の中 の方かも知れません。) 

・・・という句を、特別に褒めていただきました。
DCIM0538


さらに昼食後も第一会場はまだまだ続き、
最終戦の最終対決で、
洛南A 3-2 洛南B という結果、
洛南Aがブロック全3勝で全国大会への出場を決めました。






午後4時半を過ぎた第一会場分の閉会式で、H1くんのディベートを褒めていただきました。
H1くん、Iさん、Yくん、Nくん、H2くん、1本でも取りたい気持ち、伝わってきたよ、相手が強かった・・・かな。
DCIM0539

部長格で敢えて補欠に回り、何かと気を配ってくれたYくん、
朝一番から応援に来てくれたKさん、Tさん、最後まで残っての声援、ほんとうに有り難う。

兼題(お題となる季語)三つの、
「朧」(おぼろ:春)
「母の日」(初夏)
「若葉」(初夏)
に挑み続けた日々が終わりました。


全員一年生ですからね、始めてまだ三か月ですからね・・・。

う~ん、でも、悔しい~。

彼ら彼女たちは、もっともっと悔しいだろうなあ。


さてさて、敗戦チームA・B(どちらも文芸部)は、
敗者復活的な「投句審査の部」に回って、
元々、当初から「投句」登録で挑んでいる大阪桐蔭Cチーム(こちらはPWプロジェクトワーク=総合学習の「俳句甲子園」履修の生徒たち)とともに、
23日(火)正午の、全国大会出場全32チームの、ウェブ発表を待ちますが・・・A・B両チーム全敗の中、A・B・Cチームともに、もう来年を期すという意気込みに転じています。


・・・今日、当ブログ近々の復活と、そこでの報告(つまり当記事)とを、
Iさん、Kさんに約束しました。




 

このページのトップヘ