NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

2015年12月

昨日は二クラスが中2教科書「走れメロス」*の朗読劇・本番でした。

一限目にもかかわらずいきなりハイテンションで読んで演じてくれたクラス、
練習では見せずに本番で繰り出した演出・小道具が随所に登場。
セリフや地の文・心話文も明朗、上出来です。

二限目職員室近くの教室見学にお越し下さった先生がたの御前で緊張気味に演じたクラス、
練習がままならない授業進度の中で急遽(きゅうきょ)仕上げた面白味。
コスト・パフォーマンス比で楽しんだ点、優秀です。

メロスは何の為に走るのか。
あるいは、
キミ自身は何の為に走るのか、何の為に学ぶのか。

メロスは口から血を吹き出しながら叫びます。

「・・・・・・信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは問題でないのだ。人の命も問題でないのだ。
私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。・・・・・・」

間に合う、間に合わぬは問題でない・・・。
もっと恐ろしく大きいものの為に走っている・・・。


Q:太字下線部は何でしょうか?

続編で述べてみます。


【エピソード1・2】
作品の最後に「古伝説とシルレルの詩から」と記述され、ギリシア神話のエピソードとドイツの「シルレル」、すなわちフリードリヒ・フォン・シラー(Friedrich von Schiller)の詩をもとに創作した事が明らかにされている。
【エピソード3】
懇意にしていた熱海の村上旅館に太宰が入り浸って、いつまでも戻らないので、妻が「きっと良くない生活をしているのでは・・・・・・」と心配し、太宰の友人である檀一雄に「様子を見て来て欲しい」と依頼した。
往復の交通費と宿代等を持たされ、熱海を訪れた檀を、太宰は大歓迎する。檀を引き止めて連日飲み歩き、とうとう預かってきた金を全て使い切ってしまった。飲み代や宿代も溜まってきたところで太宰は、檀に宿の人質(宿賃のかたに身代わりになって宿にとどまる事)となって待っていてくれと説得し、東京にいる井伏鱒二のところに借金をしに行ってしまう。
数日待ってもいっこうに音沙汰もない太宰にしびれを切らした檀が、宿屋と飲み屋に支払いを待ってもらい、井伏のもとに駆けつけると、二人はのん気に将棋を指していた。太宰は今まで散々面倒をかけてきた井伏に、借金の申し出のタイミングがつかめずにいたのであるが、激怒しかけた檀に太宰は「待つ身が辛いかね。待たせる身が辛いかね。」 と言ったという。
後日、発表された『走れメロス』を読んだ檀は「おそらく私達の熱海行が少なくもその重要な心情の発端になっていはしないかと考えた」と『小説 太宰治』に書き残している。
(1・2と3はWikipedia「走れメロス概要」「創作の発端」より)


おはようございます。
NPクリスマス五日間の、
二日目「イヴイヴ」です。

朝食のフルーツ。

青森つがるのサンふじ林檎

和歌山九度山の富有柿 

ともに大きな高級品の「大玉」です。

恐ろしく大きいものの為、
今日も頑張りましょう。

DCIM0062

第26回伊藤園新俳句大賞の、
「英語俳句の部 大賞」は次の一句でした。
今まさに店にラベリングしたペットボトルが並んでいます。 

Even  birds  
        Walking  gingerly
                    On  ice
(岐阜県の27歳の女性のかた) 

さて、ここで出題です。

Q:この英語句を ふさわしい五七五の日本語俳句に訳して下さい。 
(直訳がラベルに添えられていますが、五七五ではありません。)

本日はQのみです。
生徒たちにもチャレンジしてもらっていますから、
明日以降に回答があれば、
NP解とともにご紹介します。

おやすみなさい、
見に来ていただいて有り難うございました。 

DCIM0047














昨夜の
柚子風呂(ゆずぶろ)

冬至南瓜(とうじなんきん)
DCIM0078














ゆずはNP弟・妹の各夫婦家族が在住している徳島県・木頭村からの戴(いただ)きもの。
かぼちゃは届いたばかりの生協宅配で長崎県産。

前者は名産地の完全無農薬で初冬に送って下さったものを冷所で保存し、
この日に満を持しての投入です。
後者は「七福の白だし」(有機白しょうゆ:昆布・鰹の合わせだし)のみで、
コトコト煮込んだものです。

何も足さない、
何も引かない。

冬至の「対等対比」ですね。

本来のVS のイメージは、
このような譲らぬ対等の関係で、
他の具体例に置換できないような場合を指しています。

香りふわふわ広がります。
風味ほくほく蕩(とろ)けます。

オノマトペ(擬態語)で畳語(じょうご:重ね言葉)も対等です。
 

冬至です。

教室の花瓶を下げました。
もう一週間近く経ちますが健気(けなげ)です・・・、
深紅の薔薇には霞草がよく似合います。


富士には月見草がよく似合う。
(太宰治「富嶽百景」)


昨日から、
太宰治の『走れメロス』朗読劇・本番を、
各クラスで始めました。

期末考査後に授業で解説・練習してきました。
上演は朗読+小演劇で、
全文30分程度です。

「起(2)承(2)転(2)結(1)」の全七幕(場面)構成にして、
各クラス6班ずつ(主に掃除の班)に分かれ、
希望とジャンケンで演ずる場面を決め、
教壇ステージで朗読とミニコントをします。
二幕(2場面)引き受ける班のあるクラスと、
NPが一幕だけ「粗筋ナレーション」を入れるクラスとがあります。

群読(グループ・リーディング)を取り入れていますから、
ここぞという時には、
多勢読みに迫力があり、
メロスの心話文にも各班各自の個性が出ます。

ひたすら走り続ける役を演ずる生徒、
激流の波音(ザブーン・ザブーン)を効果的に唸(うな)る役、
原文では科白の無い警吏(けいり)に喋らせる工夫、
羊飼い及び妹結婚式での笛吹き(リコーダー)担当、
小道具もそれなりに手作りや手持ちの私物で彩り鮮やか、
・・・などなどアレンジ自由の盛り沢山「メロス・バスケット」。


・・・とは言っても、
まだ最初の一クラスが終わったばかりです。
そのトップバッター・クラスは、
事前予想を越えてとてもよかったです、
激賞しました。

今日は二クラスが本番を迎えます。


メロスは激怒した。
・・・
勇者はひどく赤面した。

何と簡潔な冒頭と末尾。

S14年の1~2月に上記の「富嶽百景」を発表し、
どんどん評価高い作品へと登りつめてゆく作者が、
太平洋戦争の足音がはっきり聞こえ始める、
S15年5月に世に問うた名作です。
(この年2月に「駈込み訴え」。)

『もっと太宰治』(2015年8月:KKロングセラーズ)というジャンク本を、
真偽眉唾(まゆつば)ながら楽しんで読んでいます。
いろんなエピソードに事欠かない太宰治、
もっと、さらに生徒たちにも伝えながらガクシュウしてゆきます。

「水素材の名手」(武田信明・島根大学教授)だった太宰治。
特に「走れメロス」の「第六幕・転2」で用いられる、
「せんせん」と聞こえる「泉」の「清水」の音・・・、
「変化流動への予兆」が絶妙ですね。


さて、
花瓶の下方には、
バースデイにいただいたばかりの、
ヴィンテージ・スヌーピーのマグカップ。

お気に入りの小川珈琲ドリップをいただきます。
花瓶も珈琲も水素材なのかな・・・。


珈琲には太宰治がよく似合う。
(NP)

DCIM0005

DCIM0002















洋梨・・・は秋の季語ですが、
完熟の高級品を送っていただいたので、
ヨーグルトとともに朝食です。

外観よりも、
その「シルクのような」と言われる舌触り食感や、
香りと甘みの素晴らしさで、
上品高貴なフルーツと言えます。

全国生産量の約80パーセントを占める山形県を代表する果物です。
山形はサクランボだけではありませんね。

・・・・・・・・・・・・

PW総合学習での企画の一つで、
「果物俳句コンクール」(選者は石田郷子氏)全国応募に挑んだ今秋、
高1の女子生徒NMさんが、
「ラフランス」で とても秀逸な(とNPには思われる)句を認(したた)めました。

NPも御本人も結果発表を心待ちにしているのですが、
かりに入選してもしなくても、
いずれご紹介しようと考えています。

〇〇〇〇〇曲線〇〇〇ラフランス

さあ、
あなたなら、
どんな言葉を入れますか?


天候に関わらず、
ラフランスな一日でありますように。
 

このページのトップヘ