NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

2016年01月

「12の練習曲」Op.10を早朝ずっと聴いていました。

10‐1 、「滝」(「階段」)ハ長調
・・・ポリーニは完璧(パーフェクト)・機械(マシン)と評されるそうですが、なんて心地よいのでしょうか、この入り方と展開の妙、別乾坤(べっけんこん:別の世界)それしか言いようがありません。

10‐3、「別れの曲」ホ長調
・・・哀切たる美しさですね、いろんな映画やドラマに、そして自分自身の拙い物語にも、繋がって時間がひたすら遡ってゆくようです。

10‐5 、「黒鍵」変ト長調
・・・何度も繰り返し、他のかたの演奏も合わせて。でもポリーニは別格で、「覚醒しました」(ピアノ命さん)という知人の言もあるように、無造作に弾き始めて あっと言う間に弾き終わるんですね。

10‐12、「革命」 ハ短調・・・辻井伸行、フジコ・ヘミングにもスライド。この曲でキャリアのステップ・アップに挑む別の知人がいます。左手の絶妙な変化と右手の追加和音(Wiki参照)を、再現できるショピニストは本当に幸せですね。

それぞれが短い曲の連鎖ですが、ショパン本人が付けたのではない小曲名があると、不思議とイメージが鮮烈に湧き上がります。「革命」はリストのネーミングですね。


「音」「音楽」を、
「文字」「言葉」で表現するのは、
実に実に至難のことです。
・・・というより、不可能ですよね。

でも、多分、上記のように書き留めておくことで、
あらためて、今後聴き直した時に、
いかに、音は音楽は、
文字や言葉同様に表現・鑑賞・解釈が果てしなく自由で豊潤(芳醇)であるのか、
・・・ということに思い至るでしょう。

もしかすると、
そこに先日の「冒険」の真意もあるのかも知れませんね。


ピアノ命さん、
教えていただいて、
有り難うございます、
ショピニストと知り合えて本当によかった。
また、エチュードの作品25も聴いてみます。


さあ、日常の朝が始まります。
心に音楽が流れ続けるような、
「一日一唱」の日でありますように。



 

学生時代に自家録音した懐かしのフォークソング集、
カセットテープという時代の遺物として、
引き出しの片隅から発掘されました。
数十年前(^_^;)の代物です。

A面B面(!!)合わせて45分間で、
十数曲、若き日のNP ギター弾き語り(ギャー(>_<))♪♪♪ 。

専門家に頼もうと、
標題のサービス(もちろん有料で、細かいオプション選択あり)をしている、
行きつけの写真屋さんに持ち込みました。

若くて優しい店員のお姉さんに、
「保存状態は大丈夫のようですが一か月かかります」、
と言われました。 

は?いったい何をどう施すの?
そんなに希望者多いの?
まさかね、
そう思いながらも、
「お願いしまーす♡」


仕上がりが楽しみです。 

本校は音楽祭・合唱コンクールが2月15日(大阪フェスティバルホール)に行なわれ、
そのちょうど一か月後には、
新学年クラス体制がスタートします。

担任クラスお別れの時には、
音楽や花や想い出で、
教室をいっぱいにしようと思っています。
その場で創作CD少しだけ聴いてもらおうかな・・・、
まさかね。

今日は学級通信83号「TRAIN-training②」を出します。
最終目標は3月15日の100号。

クラス合唱曲「TRAIN-TRAIN」練習も走り続けています。
どうか、
他のクラスも全て同じですが、
笑顔(と涙)で二つの終着駅に辿り着きますように。


今日午後、
今年初めての花粉症対策で、
アレルギー科に通院しようと思います。

季節の慌ただしい移り変わりを、
まさに肌身で実感します、
一週後には「立春」です。
 

何望む無く願う無く(中原中也)・・・、
心落ち着ける日々でありますように。 

1月6日(小寒)付けの「食べ物書き取り」問題の解答です。
逆に今回、読めますか?
①蒟蒻
②青梗菜
③牛蒡
④酢橘
⑤秋葵(陸蓮根)
⑥柳葉魚
⑦梭子魚(魳・𩸕)
⑧蜆
⑨凝乳
⑩切蒲英


食・花・音・画・・・もちろん文・・・などなど、
これからもどんどんアップしてゆきます。 


本日1月26日は、
七十二候で「水沢腹堅」(すいたくふくけん)の日。
厳しい寒さで、沢がすべて凍る頃と言われています。
なるほどね。

でも元気に頑張りましょう、
必ず春は来ます。 

DCIM1689


































大恩あるかたの初めての月命日です。
花の好きな人でした。
春にはチューリップ、
秋には菊、
遊歩道に面した家の裏庭には、
いつも丹精込めた沢山の花々がありました。
盆栽の梅、
夏から秋への向日葵(ひまわり)・秋桜(コスモス)、
冬の室内にはポインセチア・シクラメン。
遺影の笑顔の後ろには、
綺麗な黄色のオンシジウムがありました。


画像は1月26日に撮ったアルストロメリア(百合水仙)、
時を遡っての投稿で日付と時刻とを相応しく調整しました。
本来は夏の花(5~7月)で、
花言葉は・・・、
「持続」
「未来への憧れ」
「やわらかな気配り」
「幸い」
「凛々しさ(りりしさ)」
「人の気持ちを引き立てる」・・・などなど、
随分いっぱいあります。

ありがとうございました。 


 

ハ短調 K.491 *を、
ネビル・マリナー指揮、
ゲアハルト・オピッツのピアノ、
N響コンサート定期公演からEテレで鑑賞しました。

オピッツ氏は番組冒頭のインタビューで、
「何度弾いても新たな冒険があり新しい発見がある」と仰っています。
弾き手のこの感覚は、
とても羨ましいものです。
単なる鑑賞者にも「新しい発見」はあるでしょうが、
「新たな冒険」は無いように思えるからです。

でも 彼の、
左手を完全に遊ばせたように見える、
右手だけの極めて柔らかで滑らかなタッチは、
やはり「冒険」なのでしょうか。
とても優雅に羽の毛で鍵盤を撫でているようでした。


*K.491・・・
モーツァルトのピアノ協奏曲の中で、短調の作品はこの曲と第20番ニ短調K.466だけである。
1786年3月24日に作曲され、初演は同年4月7日 ウィーンのブルグ劇場、
翌月の5月1日にはオペラ『フィガロの結婚』が初演されている。
多くの人がイメージするような「モーツァルトらしい」明るい曲ではなく、暗く情熱的な作品で、
しばしば「ベートーヴェン的な」作品と言われる。
(Wikipediaより編集)


なるほどっ!! 
「ベートーヴェン的」 で暗く情熱的ね。
でも、オピッツ氏のピアノをじっと見て聴いていると・・・、
そんな感じは全く しませんでした。 

あっ、それが「冒険」なのかな。 

この「冒険」について、
分かるかた 是非教えて下さい。
「ピアノ命のかた」 いらっしゃいませんか ♪? 


【追伸】・・・
マリナーはこのサントリーホール(赤坂)におけるN響演奏において、
「指揮者の存在感」を出来るだけ消しているようにも感じられたのですが、
(つまりピアノが全体を牽引しているように聴こえる・・・)
「協奏曲における指揮者」についても、
御見識をお聞かせ下さい。 


・・・久しぶりに「教えて君」(センター評論2015)になってしまった・・・。 

 

このページのトップヘ