NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

2018年12月

DSC_5044続きを読む

標題句「京」は「みやこ」と読みます。
吟行後の喫茶店フランソワでの句会で、
同行SYさんが特選に取って下さった句。

NPが特選に選んだ一句は…
最高点(並選1点 特選2点で集計)
得票でもあるコーチKR氏の句で、
嵐山に「枯れる」という季語を
用いて鳥居を配したものですが、
著作権者を憚って割愛致します。

…それにしても文芸部長RSさんと
上記SYさんの技量は「後生可畏」。
(こうせいおそるべし:若くて将来有望)

歳末の京都は冬枯れ底冷えながらも、
観光客参拝客を含めて「熱気」盛ん。


北陸育ちで元来寒さには強いと思っているNP、
インスタ映えを狙うわけではないのですが…、
句作への作意インプットよりも画像意欲が上。
次回からはもっとよく「一物」(いちぶつ)を、
「みる」ことに心を傾けたいと考えています。


「甘春堂」さんでの和菓子作り体験から始まり、
「祇王寺」~「落柿舎」~「保津川展望」まで。

DSC_5618
DSC_5627
DSC_5634
DSC_5638
DSC_5644
DSC_5646
DSC_5647
DSC_5648
DSC_5652
DSC_5664
DSC_5666
DSC_5673
DSC_5674
DSC_5678


大晦日イヴ(と言うそうです)は、
家事雑事など所謂「用事」に終始、
当ブログ記事を更新できなかった、
…のですが更新前にお詫びと訂正。

その記事はささやかながらも現在、
当ブログ人気記事ランキング1位、
これは余計に申し訳ないので遂行。


それは一週間前…12月24日の記事で、
「第二回入選句&応募句の鑑賞評価」
なのですが「入選」のCosmoSさん、
つまり作者御本人から入選句の作意、
それは鑑賞評価とは違っていますよ、
…と痛烈な鋭い御指摘を戴きました。


▲六甲の眠る山割く汽笛かな(入選:CosmoSさん)
[汽笛は蒸気機関車SLの哀愁と力強さとを感じさせて
見事だと鉄道好きには思えてくる…静と動の対比意図? ]

…とNP解釈がありますが、
異なっているそうで陳謝。

…そうです「六甲」の山は、
眼下に神戸の海が広がって、
この「汽笛」は船の汽笛🚢。

同じ対比でも「眠り」と
「目覚め」即ち「出港」
なんですね…なるほど。

NP「それは無理…」とも
思ったのですが反省して、
よくよく考えてみると…、
SLが六甲トンネルを走る
レトロの幻想幻影こそが、
「無理の正体」ですよね。


このところずっとコナン、
「真実はいつもひとつ!」
文字入り黒トートバッグ
を肩や腕に掛けています。

真実は「船の汽笛」です、
訂正とお詫びを申し上げ、
入選された御本人には…、
句の評価は変わらないと
あらためてお伝えします。
DSC_5766


DSC_5616年の暮れに
部員たちと
コーチKR氏
とで京都の
和菓子処や
錦市場更に
祇王寺等を
巡る吟行と
カフェ句会

浮世離れを
漸くの事で
出来る幸せ
ありがたさ


年の瀬の京短冊に鎮めむ
(NP宏)

2018年12月30日付けの
初版で出たばかりです。

さくらももこさんは
今年の8月15日逝去。


同じ集英社の文庫
川端文学館で入手
『伊豆の踊子』も
合わせて読みます。


今日、読んだコトバは、
明日のキミになる。

よまにゃ


栞にはそうあります。

たくさんの明日を
ありがとうございました、
さくらももこ先生。
DSC_5607




このページのトップヘ