NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

2019年01月

何と氷雨(ひさめ)とも
霙(みぞれ)とも言える
ような冷たい降り出し方。

幸い帰省の度に必ず寄る
ジャズ曲専門の珈琲家族
で寒気を凌ぐことが出来、
濃いめのダージリンには
イチゴジャムが相応しく。

入れるのではなく舐める、
それがロシアンティーの
正しい嗜み方のようです。

とても体が温まりますね、
ウォッカでも可なれど車。

窓内のコントラストの景、
寒寒とした外景無しです。

DSC_6326


伊藤園の「お~いお茶」に
桜花モティーフのボトルが
1月末お目見えしました。💠

どんなに先取りとしても、
約1か月は早いようにも
思えるのですが実はこの
ズレこそが陰暦(旧暦)
と陽暦(新暦)との相違
幅の内訳でもあるのです。

月の形で分かります。

今 陰暦師走が大晦日
おほつごもり/みそか
間近の二十六日です。
そして新月🌑を経て、
新春睦月に入ろうと
しています睦月正月。
この正月が新春初春。

陰暦では睦月が初春、
如月仲春で弥生晩春。


陽暦の現代俳句では、
二月初春で三月仲春、
四月晩春と捉えます。


桜花ペットボトルは、
陰陽折衷の絶妙さで
今リリースなのです。

家を出る前に撮った
お~いお茶&濃い茶。

京都醍醐寺の枝垂桜
見たくなりましたが、
帰省先は霙(みぞれ)
模様となっています。

春近きやうで未だし冷茶呑む
(NP宏)

IMG_20190131_114415










「しう」と読みます、
季語ではありません。

辞書的には「細雨(さいう)」や
「霧雨(きりさめ・きりあめ)」
とも言って糸のような細い雨です。

別表現ではこれも季語ではなくて
「小糠雨(こぬかあめ)・糠雨」
がありますが実は霧雨だけ秋です。


音もなく糸雨溶ける空寒九の日
(コスモス)


俳句同人の「糸雨」の句ですが、
寒九とは小寒から九日目のこと。
一年で最も寒い頃の透徹の静寂、
感受性と語彙力の伝わる佳作句。


句会後の自己添削前と伺います、
浪漫的詩情の集合体を感じます。

更に素敵な句になるのでしょう。


今特急サンダーバードに乗車し、
北陸へ帰省途中で湖西線琵琶湖
の西岸北上 見えるのは「糸雨」。

画像ではわかりませんが確かに
とても細かい雨が音もなく降り
注いでいるようです霧のように。


糸雨という言葉を
教えていただいた、
印象的な句に返句。


糸雨の音無き硲にも春立ちぬ
(NP宏)

DSC_6316
DSC_6318
DSC_6320
DSC_6321







湖北にはまだまだ残雪が見えましたが、
北陸トンネル抜け雪はほぼありません。










バリトン歌手
指揮者
合奏団主宰
合唱指導者
タレント

高曲伸和さん

ピアジュリアンで
室内楽合唱ライヴ。
艶(あで)姿を🎶
拝見拝聴して感服。

近づく新年度の春、
また本校合唱部の
ご指導にお越しを
お願い致しました。

もうすぐ春ですね、
まだまだ寒いけど。

音楽はいいですね。🎶

今日は体調自重して
来られなかった知人、
高曲ファンとともに
春そして夏秋冬中を、
新進気鋭への応援団
続けて参る所存です。

ハレルヤ🎵ハレルヤ🎵
ハレルヤ🎵ハレルヤ🎵
ハレルヤ🎵🎵🎵

教員有志合唱団として、
フェスティバルホール、
舞台に立ったのはもう
四年前になりますこの
歌を三部合唱した記憶。

DSC_6304
DSC_6294
IMG_20190130_220753





けいおうさくらについては、
当ブログに詳細な説明あり、
はつかは「かすか」の雅語。

快速最寄駅花ギャラリーに、
小さい堅い数多(あまた)
の蕾が春待ち顔に揃います。

DSC_6279




このページのトップヘ