NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

2019年09月

猛暑でした。


麻ジャケット着納めるには口惜しく
(宏 : 麻は晩夏の季語)


標題句と二つ
「上の句で切れひとつ」
を並べてみました。


俳句の「切れ」には三種類あって
言葉を言い「切る」ことで強調や
詠嘆を示す効果が明確になります。


①切れ字(や・かな・けり など)
②用言(動詞/形容詞/形容動詞)・助動詞の終止形
③体言(名詞など)


切れ字は十八種ある(あった)と言われ…
連歌・俳諧と言われた時代の定義です。
現代では…
「や(主に上の句)・かな(主に下の句)・
けり(同)」の三種だけとも言われますが
…下記のうち「ぞ・よ」などは使います。
「か」も…余り評価されないようですが。

切れ字十八種…
かな・もがな・し・じ・や・らん・
か・けり・よ・ぞ・つ・せ・
ず・れ・ぬ・へ・け・いかに
(「日本俳句研究会」サイトより)


終止形は…
辞書の見出し語になる
言い切りの形のこと。


「名詞など」とは…
準体言とされる
準体助詞(「大きいのがいい」の「の」)や
連体形(「仲良きは美しき」のように名詞の「こと」などの省略)を含みます。


当ブログ前回の標題句は「三段切れ」
… 上の句・中の句・下の句のすべてを
終止形(切れ字)・体言・体言で切り
「よくない」とされるもので…どこに
句の中心的な強調や詠嘆があるのかが
不明確かつ散漫になってしまうのです。


不自由と捉えるか
考え過ぎと笑うか
なるほどと思うか。


あまり切れのない…?
「切れ」の話でした。


夏井いつき先生のブログ
『夏井いつきの100年俳句日記』
2008年9月29日付け記事に
「切れのない俳句とは?」
という興味深い解説があり
「兼題 : 切れのない句」を
語っていらっしゃいます。
「軽い切れ」についても
学ぶことが出来ます…流石。

・・・・・・・・・・・・

暑い暑い白露(二十四節気
で仲秋の前節)でしたが…
宝塚大劇場で明日海りお
さん引退公演を鑑賞でき
ました… 上席に感謝です。

『A Fairy Tale~青い薔薇の精』
『シャルム!』… 前方の
客席には👀‼️ 月組トップ
珠城りょう・美園さくら
「ご夫妻」が普通に観劇
され…それを明日海さん
がアドリブでイジる…と
いうサプライズもあり。
(この「あり」は「切れ」?)


客席で愛知県からと白露に言ひ
ダメじゃないオーストリアでしょ白露の日
(宏 : 前句「切れなし」後句「三段切れ」)


明日海さんの珠城さんへのイジりは
次回月組公演へのアナウンスエール
になっていたようです… 素晴らしい
これが「ほんとうのキレ」ですね👏。



IMG_20190906_091232

標題の句は
「海霧(じり)」が
三夏の季語です。

うみぎり・かいむ
とも読みます。








句としては・・・

「三段切れ」
上の句・中の句・下の句で切れ中心不明
「心情語の入った」
心情を想像させるのが俳句のよさなのに
「並べただけ」
二物衝撃にもならないで月並みな列挙型
「個人趣味」
何とでも言える作者のひとりよがり的な
「具体的景無し」
見えませんねえ…海霧も生きてきません

・・・という惨憺たる駄句です。


果たして
評価される句って何でしょうね?
評価されたくて作る句って一体?
本当の自分の思いは句のどこに?


そんなことを考えながら
二冊に目を通し心遊ばせ
秋(本日は陰暦八月八日)
めいてしかし暑さ厳しき
今宵の「仲秋 上弦の月」
を愛でたいと思いながら
あの夏のこの夏の「海霧」
の恋しくもなる朝です。


『危険な読書』には
俳人の佐藤文香さん

歌人の山田航さん

対談とオススメ本
も載っています。

『神戸の本当』には
特別な場所…商店街や
隠れ家的なスポットも
綺麗な画像とともに。




このページのトップヘ