NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

2019年11月

今現在 
仕事は休養をいただいております。

この後
休養入りさせていただく直前には
upできる予定だった三つの記事を
短時間公開してから当ブログ全体
を「工事中(休養中)閉鎖」にと
処理して当面の間お休みをさせて
いただきます。

又必ず
元気になって戻って参りますので
その時には変わらずにご訪問くだ
さいますようお願い申し上げます。




IMG_20191112_170519
内田樹(たつる)さん
今年7月11日刊行の
ロングインタビュー
に基づく「自叙伝」。📖

「あとがき」から
読み始めました…
街の本屋さんの栞🔖
相応しそうなもの。


標題のタイトル
現NPの読みもの
として些(いささ)
か心苦しいので
すが…帯キャッチ
は悪くないです
元気が出ますね。


今宵満月🌕
月齢15.0の
初冬真ん丸。
(陰暦は昨夜
望月…神無月
十六夜の月…)


内田樹さんは
神戸JR住吉に
合気道場自宅
凱風館(7段🥋)
東京自由が丘
に仕事場自宅
があるようで
武道家 翻訳家
思想家 評論家 
… 著書多数の
構造主義作家。
(身体論も…)


構造主義とは
考え方次第で
どうにかなる
どうにかする
型・枠ですね。
(合気道も…)


望月と満月も
捉え方次第で
異なるのです。


満月の初冬どうにかなるらしい
(宏)

IMG_20191112_184038
IMG_20191112_172030

IMG_20191112_145743
IMG_20191112_153951
兵庫県立美術館(阪神岩屋駅 南)の
「ショパン一200年の肖像」展で
美術と音楽のコラボを堪能です…。

音声ガイド一覧にあるように
No.1~30各1分ずつ挿入楽曲
と共に聴くだけで約30分です。




エチュード(練習曲)から入り
スケルツォ(諧謔曲)を交えて
ポロネーズ(ポーランド風舞踊歌曲)
プレリュード(前奏曲)を経て

マズルカ(ポーランド民族舞踊曲)
そして
ピアノコンチェルト(協奏曲)
バラード(譚詩曲)
バルカローレ(舟歌曲)

仕舞いに
エピローグ(終章)として
ワルツ(円舞曲)

極めて緻密でバラエティーに富んだ
興味深く楽しい構成となっています。

その間ずっと…幾相にも
画かれている(主に三相)
肖像画を初めとして…

エッチング・油彩
シルクスクリーン
リトグラフ・水彩
ドライポイント
クレヨン・鉛筆
アクリル・ブロンズ
写真・紙・木版
カラー印刷・書籍
銅版・アクアチント
インク・金銀メッキ

等々の多様な作品が
184点も陳列されて
いい意味で通り抜け
至難の最低三時間物
集中力必須で疲労感
を心地よく覚える…
連作長編物語ロマン

それがこの
ショパン展。

曰く体調不良が
身の引き締まる
朔風(北風)の中
吹っ飛ぶような
目の当たりにし
耳に響いてくる
美術と音楽とで
ロマン派の一極🎵
ショパン三昧の
午後… 感激感謝。


栄光と熱愛悲嘆冬の三相
(宏)


🎵・・・
ロマン派(1800年~1914年)
初期:シューベルト、ウェーバー
盛期:シューマン、メンデルスゾーン、ショパン
後期:リスト、ワーグナー、ヴェルディ、ブルックナー、ブラームス
世紀末期:マーラー、プッチーニ、リヒャルト・シュトラウス
(Wikipediaより編集)



IMG_20191112_082327
1995年に『ノルウェイの森』
と出会って20年以上 直接に
日本語から村上春樹作品を
デンマーク語に訳してきた
翻訳家のメッテ・ホルムを
追いながらの幻想的な60分
のドキュメンタリー映画。🎦



" 完璧な文章などというものは存在しない
完璧な絶望が存在しないようにね "


…というエピグラムが全編で生きています。


「オマージュ」献呈作品とは
かかるリスペクトに包まれて
作家・翻訳家・製作者たちに
さらには作中に描かれている
時場人物事情にシンパシーを
抱かせてくれるものだという
心地よい思いに浸りながら…
村上春樹ゆかりの神戸は元町
シネリーブル神戸で観ました。

10月19日からのロードショー既に
休日でも朝イチのみで観客まばら
NPも上映を知り得た僥倖に感謝…。


だからこそ「完璧な翻訳」を求めて
「独り平行世界(パラレルワールド)を

旅する」翻訳家の思いが深く静かに
伝わってくるようで… 月並みですが
「観る人を選ぶ映画」なのでしょう。


ニテーシュ・アンジャーン監督
2018年Hot Docs観客賞 受賞作は
村上春樹作家活動40周年記念…。

エンディングは2016年村上春樹
アンデルセン文学賞受賞の時に
デンマーク王立図書館舞台上で
受賞者と対談直前楽屋のホルム。


完璧な冬有りや村上春樹
冬の猫内なる声の春樹かな
大都市で冬眠をせずかえるくん
(宏)


IMG_20191112_094118










DSC_0202
DSC_0203
DSC_0204


文化祭振替代休日の午後は
暫くぶりの住吉川ウォーク。

小春日和に相応しい晩秋と
初冬との硲で秋土用も終盤。


龍田姫探し住吉川上る
山並みも街並みも去る龍田姫
(宏:旧拙句と新拙句)


行きと帰りと
訪れた順に…。





DSC_0208








東灘図書館(祝日代休翌日…予知)
旧谷崎邸(土曜日曜に開邸…既知)
レストランモーヴ(定休日…初知)
アイスの鈴木商店(同上…曖昧知)


されど清流住吉川のせせらぎは
変わらずに心地好い昼下がり…
気分転換には最適ウォーキング。🚶‍♂️


JR住吉駅近い住吉橋にて
南の海と北の山に向かい…。



DSC_0206
DSC_0207

このページのトップヘ