NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

2020年08月

あきゆやけ
とも
読みます。

歳時記カレンダーの8月30日の
ところにちょうど掲載の季語…
2020年版は旧暦七月十二日です。

坂井萌香さんと仰る新進気鋭の
記者さんの署名記事… 日曜朝刊
神戸新聞の神戸版トップ記事…
ブログ発信は許諾を得ています。👀

IMG_20200830_214809
「望外の僥倖」に夢心地の感謝
知人にSNS連絡したり貰ったり
慌ただしく過ごしながら感無量。

神戸新聞は昨年末より取り始め
いろんな記事作りや報道姿勢に
たいへん共感を感じていました。(^^)/

嬉しくて恥ずかしながら親しい
知人に戴いた分を合わせて10部
ストックしています… 『蒼穹』
出版のKSTプロダクション時岡
社長さんに少しでも喜んで貰う
ことが出来ればと願っています。

Amazonと図書館流通センター
にも置いております… 記事中の
ケーエスティープロダクション
は本社京都の素敵な出版社です。

随分励まして戴き粘り強く編集
刊行してくださいました… それ
は神戸新聞記者さんも同様なの
ですがプロの仕事師かくあらむ
… と幾度も思わせて戴きました。(^^)/

九月中旬には全121句自己解説
集(各100字程度のエッセイ風)
の小冊子を同じくKST出版社版
作成刊行予定です… 面白い試み
と自画自賛しておりますので…
よろしければまたお求めのほど。(^^)ノ

今は少し落ち着いてNHK Eテレ
古典芸能の能・狂言を鑑賞して
います… 古いものこそが新しい
… そんな時代のパラドックスを
強く感じています… 見飽きても
ついつい見てしまうフェイクや
バッシング満載のエンタメより
実は現代のメタファではないか
と思いながらのクラシカル感を
これからも「不易流行」として
大切にしたいと考えております。(^^)ρ


「それは大事でござる」などと
文化勲章・野村萬は「珠玉」の
狂言「無布施経」で魅せます…。✨

御歳90歳のかたですからねえ~
うん☺️まだまだまだやれるぞ~。\(^^)/


末尾になりますが…句集刊行に
お力添えをくださった皆々様へ
本当にありがとうございました
今更に宜しくお願いいたします。m(__)m💨


【野村萬秋夕焼けの堂に舞ふ】


✨野村 萬(のむら まん)・・・
1930年(昭和5年)1月10日 - は、日本の狂言方和泉流能楽師。勲等は文化勲章。公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長、公益社団法人能楽協会顧問、日本芸術院会員、文化功労者。旧名に四世 野村 万之丞(よんせい のむら まんのじょう)、七世 野村 万蔵(しちせい のむら まんぞう)。本名は野村 太良(のむら たろう)。[Wikipediaによる]



《秒針に力むところや冷奴》
(NTさん:第23回俳句甲子園全国大会入選句)

【NP解説】
上五の格助詞「に」が絶妙の働きを見せています。
じっと見つめていると「その一秒」に普段感じない
「力感」を覚えたのです。大事を告げる一秒の一針
に、硬直化した堅い質感を強く与える切れ字の「や」。
対照的に冷奴の柔らかで滑らかな純白のオブジェが
体言止めとして鎮座します。「その豆腐」は決して
負けはしない「存在感」を醸し出しているのです。
否、もしかすると「力んだのは冷奴」なのかも知れ
ません。この時、冷奴とは見つめる人自身なのです。
「二物衝撃」と「暗喩性」を感じる秀句と言えます。


《枝豆や酒と呑み手にへだてなし》
(俳人28号さん: 第8回NP組ネット句会 第二席句)

【NP解説】
仲秋の兼題「枝豆」は最早通年ありますが、普遍的
な位置付けとして酒のツマミの王座に君臨します。
酒の種類を、呑み手を選びません。このノン・ヒエ
ラルキーは枝豆の無敵の強みで、手練れた作り手の
レジスタンスさえ読み取れる「好事家」らしき意図。
「へだて」はソーシャル・ディスタンスを思わせて
巧みです。それがない、もともと酒にも呑み手にも
そんなものは無かったのです。コロナ禍の異常とも
言える人と人の距離感を、枝豆は突き抜けています。
「一物仕立」の「社会性」を帯びた直球勝負の佳句。


俳句甲子園結果発表の夜は
この二品をいただきました。


【冷奴真白枝豆翠哉】💚


💚
翠(みどり)・・・
青と黄の中間で
草や木の葉の色。
萌黄(もえぎ)色は
鮮やかな黄緑色
碧(みどり)は深い
青緑を指し区別。



IMG_20200823_205346


昨年のTくんの玉葱の句に続き
今年はTさんの冷奴の句が入選。

団体表彰はベスト4以上のみで
昨年のベスト8で団体奨励賞を
上回ることは出来ませんでした。

…i room で各自タブレットでの
YouTube放映を見ながらの待機
…zoom入室=入賞の連絡電話は
遂にありませんでしたが入選句
を告げる画面には全員で拍手。👏

後日送られてくる副賞は…皆で
分けられるものもあり楽しみ。😋

松山市のコミュニティセンター
に13名の審査委員長とスタッフ
とが密にならぬように集って…
オンライン参加の各校とを繋ぎ
「何もしないということはしたくない」
という実行委員長の日野裕士さんの言葉
通り細心配慮の大会運営でした。

13時~16時までは束の間の夢
最初から最後まで皆が評論家
自分たちの引退後も気がかり
で… 文学フリマ(京都)は来春
それまでに後輩増やそうと…。


よく頑張りましたね
全国大会オンライン待機参加
おめでとう ありがとう😉👍️🎶


【来年に夢トッピング冷奴】


IMG_20200823_173854



IMG_20200823_090029
幻冬舎文庫の8月新刊ですが
単行本は2018年3月刊でした。

佐藤優さんは出口汪さんとの
対談記事を読んで以来…その
一家言(いっかげん)に注目を
してはいましたが…この第8回
梅棹忠夫・山と探検文学賞作
は街の本屋さんで初めて知り
…余りの面白さに立ち読みを
「後日談 後書き」部分含め
かなりしてしまいました。😅

十五歳のまっすぐな冒険 (上)
「知の巨人」の原点 (下)

帯表のキャッチで先入主観を
持つことは危険です… 単なる
十五歳ではなく1960年生まれ
同志社大学神学部・大学院後
外務省入省し在露日本大使館
・国際情報局主任分析官から
背任容疑で逮捕され2013年に
執行猶予4年を満了し「刑の
言い渡しが効力を失う」人物
… その一人旅冒険譚ですから。

佐藤さん自身も勿論 超絶凄い
のですが…家族 知人 友人 ご縁
のあった方がた全てが凄い。✨

まだ序盤…
探検の検と
冒険の険と
その他にも
研・権・見・圏・堅・憲・賢
懸・剣・倹・件等沢山のケン
を顕著に堪能させてくれそう
なワクワク感いっぱいです。📖


【冒険とは生きて帰ること 想ひ出づ
        植村直己の言葉なりしか】

【冒険は同志社大学神学部
        無神論者の入試面接】


【冒険の夏遥かなる佐藤優】
  

幸い?まだまだ暑いので熱い物語には相応しく。😞💦

大学裏門バス道沿いの花壇に
まだまだ元気に咲いています
夏物語という名のミニ向日葵。
IMG_20200822_183147

明日は俳句甲子園全国大会の
結果発表のYouTubeライヴが
13時~16時までありZoomで
オンライン登場できるのは…
生中継の電話がかかってきた
優秀賞・入賞者の学校・個人
だけなのです… 生徒達の喜ぶ
顔が見たいなと祈る思いです。

主要メンバーは高二生ですが
今春から学習合宿も野外研修
(遠足)も北海道研修(修学旅行)
も全て中止か延期のままで…
芸術鑑賞会も体育祭も文化祭
も危うい見通しで夏が過ぎ…
明日は二十四節気の「処暑」。

残暑さえも終わってゆきます
…せめて夏の松山に行けずに
インターネット句会で作った
あの句で「夏物語」を回顧し
快哉をと念じながら予行準備。


【夏の句を思い出すまま物語】



このページのトップヘ