NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

2021年10月

10月23日(土)は二十四節気「霜降」


秋土用入りして四日目
かなり朝晩冷え込み

土用期間は約18日
秋土用明けて立冬


夏土用には… うの付く黒いものが滋養
特に「丑の日」で土用丑…
「うなぎ」が代表的

秋土用には… たの付く青いものが滋養
特に「辰の日」で土用辰…
青魚の「た(さ)んま」「た(さ)ば」など🐟️


春・冬にもあり陰陽道からの風習


…というわけで…なにかと口実が愉しい(^^)/
標題の「秋鯖のたたきの竜田揚げ」は最高
竜田揚げに辰がかけられているんですよ…
竜田姫のモミジが添えられているんですよ
それも「アオモミジ」幾重にも驚愕でした

…いつもの「由楽梨」さん「秋土用限定」😋🍴


凄いなあ👀このアイデアは
青魚のたたきの竜田揚げ😄


IMG_20211023_073338



俳句コーチと久しぶりに参りましたが
いい意味で「参りました」\(^o^)/

2021年の秋土用の「辰の日」は
本日10月23日と十二日後の
11月4日… 二の丑のように
二の辰がある年なのです🐉

心腹ゆらりの土用辰


《おばんざい女将の愛ぞありがたき》
(俳人28号 : ネット句会「NP組」同人さん)


🐟️・・・[「じゃらんニュース」より]
秋の土用は夏の疲れが出る時期ともいわれています。
秋土用は「辰の日(たつのひ)」に「た」のつくものや「青いもの」を食べると良いとされています。
「た」のつく食べ物としては、「玉ねぎ」や「たこ」。「青いもの」なら「さんま」や「鯖」などの青魚が良いでしょう。

読みさしていた「流転の海」シリーズ
第六部『慈雨の音』に…季語でもある
慈雨の晩夏に… 還ったのはよいのです
が… なかなか流れるようなマイペース
には戻れません… 登場人物が多くて…
それだけで別冊読本が出ているくらい
… ネット上にも「登場人物が多すぎて
メモしておかないと人間関係がわから
なくなる」という記事があり… 克明な
一覧表をこのシリーズをレンタル読み
させて貰っているかたに戴きました…。


流転の海にも…というのはハルキ関連
にも還りましたからね…ショパコンの
「名残り読み」も続いていますが…。📚️

併読の妙味は齋藤孝先生(明治大学の
文学部教授60歳)の諸々の本で学んで
かなりノウハウ&キャリアのあるNP。


ブランク読み
レンタル読み
名残り読み
併読
そして
苦戦読み

…も亦(また: 実に)愉し。📚️📚️


【ジェイアールグレイに慈雨の音遠く】


読みさした直前のシチュエーションに
還ってゆくのもマイペースに戻るコツ
のひとつ… 物語は特に… あと少しです。

DSC_4786

まだ入賞者ガラ?コンサートがありますが…🎵
僕の中ではオワタ…「そして僕は途方に暮れる」
(作詞・作曲: 銀色夏生、大沢誉志幸 1984年)


ロス五輪は1984年でした…東側諸国ボイコット
で何か尊いオリンピック精神が失われた大会…

フィリップ・ロスという現代アメリカを代表
する作家の一人は 三年前に亡くなりました…
『さようならコロンバス』(1969年集英社)
『素晴らしいアメリカ野球』(1976年 同上)
現代世界文学全集を購読していた頃があり…


さようならショパコン
素晴らしいショパコン


今… ショパコン・ロス


もう真夜中に未明にYouTube映像に釘付けに
なることもない…儚きは人の世の倣(なら)い…


そして僕は村上春樹さん「金銀ブルータス」
に還ってゆきます… ハルキお薦め本の一作📕
「ガラスの靴」そして… お薦め盤の曲集🎹🎵
「ブラームス」作者 安岡章太郎(第三の新人)
ピアノ演奏者 グレン・グールド…流石ハルキ


CDアルバム以外は賜り物…ゆっくり読みます

CDも賜り物でした…もう20年前に元同僚から


反田さんも小林さんも「感謝」の思いを強く
述べていますね… 僕も途方に暮れる暇あれば
感謝して… ポケモンの赤緑や金銀のように…
出来れば文学・音楽両方を楽しみたい晩秋  (^^)ρ(^^)ノ


午前三時までには起床してしまいます…👀


10年前にグレン・グールドの故国カナダ
… 生没したトロントなどに中三生と語学
研修に行き… 帰着時に東日本大震災あり
… 時差ロスで三時間睡眠が長く続いて…
10年後の優勝はカナダのブルース・リウ

第三楽章は歴史に残る名演奏だったとか

グールドはコンクール・コンサート嫌い
で知られています…1982年に50歳で他界


ショパコン・ロス


IMG_20211021_222521





小林愛実四位は続く


おふたりともに
ほんとうにほんとうに
おつかれさまでした🎹

すばらしかったです
おめでとうございます🎉
ありがとうございます


反田さん最初で最後ですね
内田光子さんに並ぶ二位は
大絶賛の👏拍手ブラヴォー

小林さんには牛田智大さん
同様に次回がありますから 
(出場資格は1995年以降の
生まれになり牛田さんは
次の次もあります)或いは
ラストページに[続く]
と記されているのかも…
二連続ファイナリストに
反田さん以上の大拍手を👏👏

ふたり入賞は16年ぶり🎆


さて既に次の本と次の次の本📚️
スタンバイさせました共に再読
(どちらも又あらたな味わいが…)


もうこのまま寝ないで大切な
公休日(研修日)の過ごし方を
と考えています… 久しぶりに
文化人類学者に文化に於ける
楽器について聞いてみようか🎹


[続く]



IMG_20211021_073135

ショパンコンクールの最終結果待ちの間に
読もうと用意した恩田陸さんの本屋大賞&
直木賞受賞作『蜜蜂と遠雷』文庫本が眼前
卓上のタブレット横に措(お)かれています。

そうです…置かれているのではなく…そのまま
にしておく・さしおく・動きをとめておく…。

単行本で読みさしにしたまま誰かにあげたので
文庫本が出た際にショパンではなく初版ですぐ
に入手し続きをラストページまで読みました。📖


ラストページ🎵


この仕掛けは好きです…ミーハーなピアノ音楽
好きに過ぎませんが夜中の一時から起き出して
小林愛実さんのファイナルステージ… 反田さん
と同じ協奏曲第1番ホ短調約43分を視聴した後
…眠くならなかったら結果発表予想時刻の六時
までの別の愉しみにと思っていたのです…が!

実際には小林さんの2015年ファイナル(8位)や
反田さんと合わせて2021年三次予選などを再
再視聴しているうちにほのかに明るくなって
… 今は八時半過ぎましたが… まだ発表舞台の
画面になりません…ライヴなのに「措かれた
まま」で止まっています…時差7時間ですから
ポーランドワルシャワは午前一時半過ぎ…👀‼️

こんなにも審査が長引いているのは
前代未聞かどうか… 或いは凄絶にも
審査員の採点得点調整(細かいルール
あります 自分の生徒は採点できない
のは当然ですが順位決めの際は別で)
や激論が収束(コロナか)しないのか。


で…標題の本は冒頭から再読 これは
ショパコン最終日でタイムリー過剰
心を揺さぶられます… ピアニストや
プロの音楽家のかたには「虚構」が
鼻に付き(気に障り)「言葉」が…なの
かも知れないのですが…面白いです。


クラシック音楽やピアノの敷居が高い
のも一般ファンや俄(にわか)マニアが
増え人気演奏家はコンサートチケット
取りにくく(コロナ禍でややこしくなり)


あ、九時過ぎ…発表です。


IMG_20211021_073044





このページのトップヘ