手紙を書いてみようと思っています。
今日の夜に。

長い長い 手紙を母に 書いている 八月三十一日の夜
(俵万智『サラダ記念日』-橋本高校 1987年)

・・・歌人の俵さんが神奈川県立 橋本高校の国語教師だった時期の一首です。


子ども(小学生)時代は長い長い夏休み最後の日でした、8月31日。
「夏休みの友」(学習テキスト)
「絵日記」
「図画」
「工作」
「研究」
「標本」
などなど・・・、
全部揃えて、明朝登校する準備もして、心のどかにゆっくり過ごす・・・なんてことは出来た試しがなくて・・・、
お約束の悪戦苦闘(with 怒りの親)・・・未明まで・・・、
だったように記憶しています。

休み期間中には・・・、
「ラジオ体操」(早朝参加で出席カードに町内班長・最上級生の判子をもらい、皆勤だと何かいいことがある)
「社会奉仕の日」(暑い中で町内の草むしりや資源ごみ回収などをして、ジュースとアイスクリームをもらう)
「海水浴」(親戚が三~四家族集まって日帰りで海へ行き、浜茶屋に一画を取って海と浜辺を漂う)
「プール学校」(学年指定日以外は任意自由で、帰りにラムネを買い飲みする)
「町内会」(何かしらの夏行事に子どもも行って、ビニール袋に詰め込んだお菓子をもらう)
「登校日」(宿題進行状況の経過申告もあったかも知れないが、何のために行っていたのか不明)
「夏祭り」(当時の(中。)居住地近くに大きなお寺があり、二日間の「大寄り」は沢山の夜店で大賑わい)
などなどあり・・・、
ここかしこで花火をしている夜もあり、朝顔やトマトを観察して食べて、星も今よりずっと綺麗に見えました。


ただ、子どもの(中。)は、ある夏には・・・、
結核の疑いを掛けられて自宅軟禁と通院注射検温が続いたり、
またある夏には・・・、
蓄膿(ちくのう)を直すためだとかで喉(のど)のアデノイド除去手術を受けたり、
で・・・宿題以外の上記全ての楽しみを取り上げられて・・・、
大いにふくれて(不貞腐れて)、泣いておりました。

それでも夏休みは格別のものでした。


どこへ消えたの!?
夏休み!!



吉田拓郎の「夏休み」です。 

作詞:吉田拓郎
作曲:吉田拓郎

麦わら帽子は もう消えた
たんぼの蛙は もう消えた
それでも待ってる 夏休み

姉さん先生 もういない
きれいな先生 もういない
それでも待ってる 夏休み

絵日記つけてた 夏休み
花火を買ってた 夏休み
指おり待ってた 夏休み

畑のとんぼは どこ行った
あの時逃がして あげたのに
ひとりで待ってた 夏休み

西瓜を食べてた 夏休み
水まきしたっけ 夏休み
ひまわり 夕立 せみの声


「二十四時間テレビ」も、この日だから、さらにいいですね。
武道館で生演奏出演のⅢ類・吹奏楽部、ありがとう、楽しみです♪♪

では、今日も佳き一日でありますように。
頑張りましょう!!