ひとつの時代の終焉を感じます。


花びらが散ったあとの桜がとても冷たくされるように

誰にも心のかたすみに見せたくはないものがあるよね

(「ささやかなこの人生」伊勢正三)

・・・ということかも知れません。 


「封印は華やかに」(福田章二=庄司薫)
という小説を想い出しました。


中條には、匿名で展開している「もうひとつのブログ」があります。

今後は、そちらでお会いできれば幸いです。

三年と2か月と10日の間、

「LEITMOTIV」にお越しいただき、

ほんとうに有り難うございました。


一語一得

一期一会

「ありがとう、さよなら」です。


きっと、再び、必ず、

お会いできますように。


がんばれー、がんばれー、がんばれー

がんばれー、がんばれー、がんばれー

(映画『風に立つライオン』の1シーンから)


DCIM0308 
































DCIM0310 

















DCIM0309