当ブログで予(かね)てよりご紹介の通り、
ウルトラ・ミズノさんのブログ「よろず大学~General Campus」で、
「アナザーワールド」(ゲーム)とでも呼ぶべき『新・舞姫』が、
疾風怒濤(Sturm und Drang)*のような連載活況を呈しています。


す、す、す凄い。
な、な、な何なんだ。
の、の、の呑気ではいられない。
お、お、お面白過ぎるそれはどっちだ。
ん、ん、んんんん唸ってしまうううう。
な、な、な何が飛び出すか更に期待大。


イメージ的には「砂の女」です。
はい、
安部公房の名作ですね。
(この機会に読み返してみます。)

特に深い連関の論理はありませんが、
直截(ちょくせつ)的な印象です。

・・・

先日そこに寄せたNPのコメントと、
主宰の余りにも興味深いレスとを、
下記に転載させていただいたので(今回は発覚承諾系)、
是非とも本編と合わせて、
まとめて読んでみて下さい。


1. NP 2017年11月27日 05:59
27日朝、久しぶりにまとめて読んでみました。
とても面白いです、
ルサンチマン**です。
ところで先日来ですが一か所気になっています。
ドイツ女性エリスが「食事をいただく」という謙譲語感覚を用いていた場面です。
和子のそれは勿論いいのですが、
ドイツにも敬語的な表現や感覚はあるのでしょうか。
これは揚げ足取りではなく全き好奇心です。

2. mizuno 2017年11月29日 10:51
コメントありがとうございます。
調べてみました。御指摘の通り、ドイツ語には丁寧や婉曲の表現はあっても、謙譲の表現はなさそうですね。へりくだることの多い日本人の国民性は、謙譲表現の発達している日本語という言語的な背景にも関係しているのかもしれません。勉強になりました。
余談ですが、ドイツ語には男性名詞・女性名詞の他に、中性名詞というのがあるんですよね。ドイツで出生届を出す際に「男」でも「女」でもない「第3の性」が認められるようになった、というニュースが先日ありましたが、ここにも言語的な背景があるような気がします。

・・・・・・

ミズノさんは本業の国語教員免許以外にも、
英語・社会の教員免許を持っています。

仕事でスイスに長期滞在していたので、
たぶんドイツ語もイケルのではないかと。

シンガーソングライターでもあるんですよ、
陸上部顧問で自分も一緒に走っているらしい・・・。

腸の病は共通しています。
共に完治も ( `ー´)ノ 。

で!
こんな友人を持っているNPって、
凄くないですか!?

・・・ってのが、
別稿で展開しています(^O^)/・・・、
「意識高い系」の「陥穽」(かんせい:落とし穴)だと、
最近特に留意しています。
クワバラクワバラ(*_*;・・・。

あ、
桑原聡氏(『東大の現代文25か年』教学社赤本の著者)のこともそうですよね、
ついつい載せてしまう・・・、
職員室隣席でクラス担任ご一緒しているKB先生。

・・・・・・・・・

m(__)mm(__)m
標題に戻ります。


『 Neo Tänzerin 』Lesen Sie es.
『新・舞姫』をお読み下さい。

tänzerin(踊り子)は「中性名詞」なのです。

Ultra Mizuno作・・・ウルトラはドイツ語です。


Was ist das?
それはどっちだ!?



*疾風怒濤(しっぷうどとう)・・・
激しい風と荒れ狂う波の意。また、時代が激しく変化することの形容。
ドイツ語の「シュトゥルム・ウント・ドラング(Sturm und Drang)」の和訳で、ドイツ語での本来の意味は「嵐と衝動」。
18世紀後半にゲーテやシラーらを中心にドイツで展開された文学革新運動や、そのような運動で象徴される時代そのものを指す。後のロマン主義に繋がる時代であり、人間の内面に迫る革新的な作品で新たな潮流を生み出したことから、現在では転じて、時代が激しく変化することに対して使われる言葉となった。
[「Hatena Keyword」より]

**ルサンチマン(フランス語 ressentiment)・・・
〔哲〕 ニーチェの用語。被支配者あるいは弱者が、支配者や強者への憎悪やねたみを内心にため込んでいること。この心理のうえに成り立つのが愛とか同情といった奴隷道徳であるという。怨恨。
[同上]