DSC_2066
医学・看護・医療系の大学進路を目指す生徒面談・保護者懇談の、
大いなる貴重なる、
そしてリテラシーされるべき参考資料として、
活用しようと考えています。

「ダイヤモンド」は週刊誌その最新号で、
あくまでも「(大)特集記事」。
(全134頁分の特集57ページ)
















医療系職種の「コスパ」ランキング
が興味深く載っていて、
「なりやすさ」と「リターン(稼ぎ)」の「現在」では、
製薬会社のMR(医薬情報担当者)を第一位に挙げています。

1位:製薬会社MR
2位:医師
3位:看護師
4位:獣医師
5位:歯科医師
6位:薬剤師
以下、理学療法士・作業療法士・管理栄養士と続きます。

(↑ ↓ 「師」と「士」の使い分けは「ダイヤモンド社」のままです。)

AIの進化を見越した2040年後の「需要増」ランキングでは、
看護師(役割拡大による「増える予想で67%UP」)を第一位に挙げています。

1位:看護師
2位:理学療法士
3位:作業療法士
4位:言語聴覚士
5位:介護福祉士
6位:精神保健福祉士
以下、獣医師・社会福祉士・管理栄養士・救命救急士と続きます。

他にも、
「ランキング」「分析記事」「予想記事」「インタヴュウ記事」等など盛り沢山。

「ドクターX」で話題となった「フリーランス医師」も登場して、
年収や境遇や「本音」を赤裸々に語っています。

「もうかる」ってのは、
やはり大事なことですよね。

お金を稼がないと、
自分自身の生活も家族の生活も厳しくなるし、
社会貢献する精神的な余裕や動機も担保(たんぽ)出来ませんから。

でもお金を稼ぐと・・・。

もう少し、
よく読んでから「本音」を記すことにします。

医学・看護・医療系を目指す生徒さんは多くいて、
その動機(意思及び意志)・環境(学習及び家庭)・現状(学力及び努力)も実に多様です。

情報や憶測の氾濫(はんらん)する今、
より適切なアドバイスが求められる中、
彼女彼らに聊(いささ)かでも関わることの職務と責務は、
教員が思っている以上に「重大かつ緊要」と考えています。

向日葵のようにいつも太陽を向いて胸を張っていられる、
・・・とは限りませんからね。
でもそうありたいと願うことや努力を重ねることについては、
・・・意地と誇りとを持ちたいですよね。


何度生まれ変わっても医者になりたい
(岡山のイチロー医師)

DSC_2070