DSC_3293
DSC_3296DSC_3297
二人共に関西地区の国公立大学・医学部医学科の男子学生、
四年前卒業の教え子で中・高と担任もしたことがあります。
ひょんなことから夕方に梅田で会おうということになって、
なぜか阪急百貨店の9Fへ漸く午後5時15分前に三人が集結。

折しも其処では「鉄道模型フェスティバル2018」の最終日、
阪急電車を中心に鉄道大型イベント開催中で最後の時間帯。
最早入場できない終了前で画像のみ撮っている間に待機と、
その後は新梅田食堂街で見つけた二階の腰掛席で久闊叙す。

いい医者になってほしいなKくんHくんまだまだこれからだ、
Kくんは通訳翻訳のお母さまのご薫陶奮闘のもとに屈託中で、
Hくんはラガーでもあり外科よりも産科もいいと初発言あり、
また年度末の春彼岸にはS先生の納骨堂お参りで再会しよう。

Kくんが『嫌われる勇気』(岸見一郎/古賀史健)に感銘を、
受けながらも現在は『天才はあきらめた』(山里亮太)で、
人一倍努力して自分自身と戦ってきた逸話を読んでいると、
そう教えてくれたのはとてもよかったような気がしている。

Hくんはおよそ小一時間だけいい感じで話し終えたあとには、
先輩に誘われて始めたという習い事「クッキングスクール」、
そこに向かって去ってゆきました主夫にもなれるね優しい、
体だけは大切にしなよ授業に実習にバイトにクラブと大変だ。

「せんせいいったい何才なんですか?」…それは又の機会に、
ただS先生が亡くなった歳を越えたよ彼は元気だったのにね。
でもきっとキミたちが一人前の医師になるまでは頑張るから。
教え子さんが育てたお子さんの学生を見ることも嬉しいもの。







「何でも書いちゃ駄目ですよ」って何も書かないよブログね、
ただ天然真鯛と栄螺造りは美味しかったな「オススメ」だね。
DSC_3301
DSC_3302