【当ブログ休載中に訪問者50台割れに面し、
季(とき)の特別ご挨拶でお心のドアノック、
地中に隠ったままではありませんので…💦】


ちっちゅうこをはいす

ちっちゅうこをひらく
[七十二候]


寒さを恐れ虫が地中に姿を隠す頃

大地も暖まり土中の虫が穴をひらき顔を出す頃
[歳時記カレンダーより]


今年の場合
前者は今日9月28日~
(陰暦葉月晦日:八月三十日)
後者は去る3月6日~
(同 睦月晦日:一月三十日)
でした。


今年2019年は
9月末の明日から晩秋(陰暦長月:九月)で
遡って
ちょうど二十四節気「啓蟄(けいちつ)」
の翌日から仲春(陰暦如月:二月)
でした。


今夏から今秋にかけて
陽暦(新暦)と
陰暦(旧暦)とが
ほぼ一か月間ズレていて
季節感と体感の修正が
分かりやすく出来ます。


虫たちが地中に潜っているのは
晩秋の初めから
初春の終わりまで
約五か月の「寒さ」感じる期間なのです。


先日
『天気の子』🎦を👀鑑賞して
ある登場人物で年輩女性の
「300年前に戻っただけ」という
科白にとても心惹かれました。

その頃は地も空も海も
暦の季節に相応しいものだったのでしょう。


さて
今日から三日間は
ロードショー映画(オーストラリア・インド・米国合作の封切)
クラシックコンサート(モーツァルト&知り合い作曲家の新曲初演含む)
ラグビーワールドカップ観戦(すべてに初物尽くしの僥倖)
と堪能予定です。


芸術&スポーツの秋を
山盛り「業務」も抱え
つつ確りと謳歌します。


俳句雑誌「奎(けい)第10号」も届きます。
ネット句会「NP組 第6回」表彰も発送です。


歓声の後の静寂に虫こもる*
(宏)


* ・・・
静寂(しじま)
虫は三秋の季語