村上春樹氏の「恋愛短編」の「螢」は1984年に刊行され
1987年に記録的ベストセラーとなる『ノルウェイの森』
のもととなりますが・・・それから36年後が2020年です。

ジョージ・オーウェルの近未来長編小説『一九八四年』
は36年後の「超監視社会」を予告する1948年刊行のもの
で「36年後」をキーワードとして…『1Q84』に連関。

標題の二作をモティーフとする「マンガ」を
芸術家の南熊山人さんからお借りしました。📖


帯の表キャッチには
「いつかもう一度この不確実な世界のどこかで
あなたに会うことができたとしたら」

裏キャッチには
「僕たちはいま、未来のさらなる未来にいるわけだ」
・・・とあります。

昨日これは村上春樹フリークのかたにお借りした
『さんぽで感じる村上春樹』を隈なく読み始めた
ばかりだったので余計に符合強く感じたことです。


つまりそれは「超時空の物語」という意味合いです。

『さんぽ』と合わせてゆっくり味わっています
今日は「企画展」の最終日ですので…このあと
画廊に詰めておりますが…存在感を消して何処
かに漂うように「目鼻口を描きたくなかった」
という森泉岳土(もりいずみたけひと)の気持ち
を考えてみます…俳人でも勿論画人でもなく…。


【顔無しの画を土用波浚(さら)ひけり】🌊


🌊土用波・・・
晩夏の季語で夏土用の頃の
台風によるうねりのある波


IMG_20200726_064233