しょちゅうみまいせんちゃかぎぜんわさんぼん

祇園の銘菓「干菓子」
鍵善良房(かぎぜん)の
「菊壽糖」(きくじゅ)
「雲井の上までも愛でさせ給ひし」粋品。

暑中見舞に相応しく
さる書家のかたから
ご友人を介して戴き
甘味堪能のひととき
梅雨明けの報を聞き
「阿波国産純和三盆」の味わひ。

せつかくだからひとつはいただかう… と
おもひてをりましたが… あにはからんや
「いかにもくもゐのうへのわさんぼん」
せんちやにこよなくあふので…つひつひ。


【自明性の罠免るる夏干菓子】


【和三盆らしく菊花を三つ食べ】

梅雨明けてこそ暑中
暑中見舞から始まり
季語が菊花になって
しまいました…三秋。


でも…一週後には残暑見舞いに
なります…早くも立秋ですから
時の移ろいは人の心と同じです。


IMG_20200731_105052