まず
この「夢中夢」は前日のテクストに明確に
項目立てがありますからあらためて述べて
みたいと考えています… ご推察の範疇かも
しれませんが… それは不思議と現実的です。

さて
ずっと以前によく言われたことがあります
が…NPブログわかりにくい・具体的にどう
なの・理念的で何を言いたいのか(高飛車)
などなど… おっしゃる通りなのです猛省…。

でも
習い性は如何ともし難く反省はしても改善
出来ないのが… 哀しい「性(さが)・業(ごう)」
なのですね… 生き方や考え方がそう簡単に
変えられないのと同様で… 夢と現実の狭間。

そう
今現在の生が夢と現実のどちらなのか不明
になる恐怖を描いたミステリーとして強烈
に印象に残っているのが『クラインの壺』
です… 当ブログに何度かご紹介記事あり…。

ただ
併読を始めてしまったのが下掲の本なので
順次適宜また問わず語りをさせていただき
この「夢中夢」「夢と現実の狭間」の話題
合わせて… なんとか「わかりやすく」と…。


【春の夢どちらの生が現実か】


追伸
大分前からそうなのですが当ブログ全て
「予約投稿」にしています… アップ時間
にはその画面に向き合ってはおりません
… それもまたこうした仮想現実的な妙…。


IMG_20210403_043955