かんどく(完全に敢然と読み了える: 掛詞)
第1部~第3部
このうち第1部は1994年4月初刊の年度に
読んだ記憶があり第2部は同日刊行なので
読んだはずでも記憶が薄れていて第3部は
1995年8月初刊の年度に購入し未読と判明。

れいどく(一旦離れてから戻って読む:造語)
Book2第17章
季節同時並行で再読を試みて物語の舞台が
1984年の8月辺りで読み止(さ)しになった
Book2(7月-9月)の後半に戻り Book1と同日
発売の2009年5月初版こちらも未読と判明。


どちらも季節を越えたもの
(第一義的な時系列は同じ1984年4月~夏)
正確には時空を超越した虚構
(長編小説というよりもまさにモノガタリ)


『1Q84』が当然の如くに
『ねじまき鳥クロニクル』を踏まえたもの
というよりも同一モティーフを孕んでいる
ということがとてもよくわかります驚異的。

ネタバレなしにしたいのですが
今「青豆」の章のひとつに戻り
ああマダムはクロニクルの婦人
… 水素材や暴力殺人性も類似的。


漱石の
『彼岸過迄』(1912年1月~4月朝日連載)
『行人』(1912年12月~13年11月 同上)が
ともに或る意味で確実に推理・探偵小説
であったことを想起します… 『門』丁度
今日有名な「冬来たりなば春遠からじ」
を踏まえた「然し又ぢき冬になるよ」の
エンディングに向かいます… 完読の予定。

後期三部作とされる
『彼岸過迄』『行人』『こころ』戻読へ
読み止しているのではないのですが…
完読して読んだつもりになっている…
だけかも知れませんからね確かなこと。


【漱石と春樹は夏の推理物】


何度も読みたくなる推理物はホンモノ…。


IMG_20210721_064929