映画監督志望の教え子男子学生さん…
仮に名前を「秋山弟」としておきます。

彼がこんな言い方をしています。

『ドライブ・マイ・カー』、さすがの評判ですね。
シネフィルが絶賛しているのでちょっと敬遠気味
なのですが、さすがに見に行こうと思います。📽️

秋山弟くんに言わせると…
口煩い映画マニアの恣意的批評に
左右されずに真贋を見極めたいが
この作品は多分本物ではないか…
という主旨のようですね。


なるほど。


確かに。


三時間に及ぶ長尺(ちょうしゃく:
映画フィルムが普通より長いこと)
ですが… 時間の長さを感じさせない
「評判通り」の素晴らしい内容です。


特に感心したのは標題にも挙げました
「抑制の効いた」セリフ回しなのです。

主役の西島秀俊さん(50歳)はその抑制に
相応しい極めて見事な表情と演技です。


「繋ぎの説明は不要」
強く思わせてくれます。

どこか俳句にも似ています
… 余計な説明は要らない…。


これは…普段から「冗長」(じょうちょう)
に終始している当ブログにとって この上
無い鑑(かがみ)になります…現在村上春樹
さんの「鏡」という初期短編を授業展開
中ですから学ぶには最適のテクストです。


カンヌ国際映画祭の「脚本賞」(脚本も
監督の濱口竜介さん)… さもありなむ と
納得至極なのです………しまった……また
長々と抑制の効かない文章を飽きずに…。


兎に角
「さすがに見に行く価値あり」の逸品。

後日…
出来れば秋山弟鑑賞のセリフを
当ブログでご紹介したいです。


【苦瓜の抑制シネマチャンプルー】


📽️シネフィル(cinéphile)・・・
映画通、映画狂を意味するフランス語。
「cinéma」(映画)と「phil」(「愛する」と
いう意味の接尾辞)をもとにした造語である。
[wikipedia]


IMG_20210913_055951
IMG_20210913_055911