一昨日 1月14日は干支(かんし)では
丁卯(ひのとう)という… 烈しい火と
穏やかな兎の組み合わせの日でした

粉雪も舞う白く寒い夕(ゆうべ)に…
まっしろなわたのようなジャージー
ウーリー種で「わた」と命名された
十四歳のミニうさぎが召されました

人なら百歳を越える長寿だから覚悟
してはいました… 当初娘が名付けた
フルネームは「わたあめ」でしたが
上の名前だけで呼ばれ愛されました

彼女は娘と共にいろんなところに旅
をしました… 倉敷に始まり大阪大東
から箕面また大東… 車に乗って徳島
高知にも遊びに行きました… 他にも
内緒でどこかに… そして神戸東灘が
昇天の地となりました…4にご縁あり
「令和4年1月14日の干支で4番目の
卯の日は14年の節目」なのでした


結婚して家を出るときに娘はわたを
残してゆきましたが… 今でもご主人
… よく世話をしに通ってくれました
… 掃除や爪切りやペレット牧草補充

撫でられるのを好みましたが… 所謂
(いわゆる)抱っこされるのは なぜか
嫌がりました… が人なつこい優しい
おとなしい「優等生うさぎ」でした
… 最期は白いバスタオルにくるんで
あげましたが… とても軽くて軽くて

わたあめ

ありがとう…さよなら


【粉雪のわたの白さに召されゆく】