『流浪の月』は2020年本屋大賞受賞の
凪良(なぎら)ゆう さん原作小説であり
5月13日の金曜日仏滅にロードショー
封切の映画タイトル…二時間半の長編。


こんな斜め読みをしました…
序盤の数十頁を事前に読んで
止めて映画鑑賞後には終盤の
数十頁を読んでから… 中盤を
駆け抜ける映画イメージ読み。


小説にも映画にも内容的には
敢えて触れませんが… 標題の 
句のような想いを強く感じた 
ことです… そう言えばこれは   
佐藤正午さんの直木賞受賞作
『月の満ち欠け』(2017年作)  
と「縦読み」が出来るのかも
知れません… 罪の意識と愛惜。


ロードショー初日の初回で一番めの
入場者として先日の『余命10年』と
ほぼ同じような位置(前から二列めで
やや左寄り)…しかし場内にはほんの
数名パラパラぐらいで…流石13日の
金曜日…NPは鑑賞後すぐに講師勤務
の高校の学園祭に赴いたのですが…
心にはずっしりと重いものが残り…。


広瀬すずさん松坂桃李さんに
横浜流星さん多部未華子さん
役者魂… これだけは非小説的。


これは確かに「普遍」かも知れませ
んが…「熱涙」の感動とは凡そ異種
…それでも惹かれるのは何故なのか。


【走り梅雨 想い出が溶け込んでいる】🌊


🌊走り梅雨…
初夏の季語で五月中旬〜六月
上旬にかけての 梅雨の予告編


DSC_0292
DSC_0295