ニ館
ニ缶


仕事先が体育大会準備関連で
ありがたい平日のおやすみに
薄雲の広がる青空から下り坂

『サバカン  SABAKAN』アゲイン
サバ缶アレンジ寿司弁当を携えて
神戸国際会館の階段広場時間待ち

午前中一回だけで今週木曜日打切
1時間前に前回と同じで真ん中の
前から5列目で…先人は一人後方

メルカリでみつけたパンフレット
&オリジナルサバ缶2個は明日HK
(結婚後三年半の娘)から受取予定


どこがそんなによいのかと言うと
失くしてしまった夏と少年時代と
永遠に続くかのような夏休みと…


今を大切に生きることの貴重とを
感じさせてくれるような気がして
薄日を避けて階段で本を読みます



【あの夏が永遠なら此処にいない】



DSC_1149~2
DSC_1150
DSC_1152