能見篤史オリックスバファローズ投手 
兼任コーチの引退試合に阪神ファンの
元教え子学生さん二人と京セラドーム

18時開始のロッテ戦は16時開場でした
が何だかノリと先着○万人に配られる
らしい能見さん応援ボードを確実にと

15時から三塁側入場ゲートに並び始め
るために昼食を球場前イオンのフード
コートで13 時半からとり検温場所通過

今シーズンのホーム最終試合だったの
でサヨナラバントヒットお見事でした
セレモニーもオリックス的でスマート
 

9月30日この日 東京にいるさらに古い
元教え子男子はかつての熱狂的な阪神
と能見さんのファンでしたLINEメッセ


彼はほんとうに居眠り学習法を確立し
なつかしくも阪神ファンと言えば… で
確実に想い出す強者(つわもの)でした。


《夏草や兵どもが夢の跡》
(芭蕉)


平泉はおくの細道の最北の地ですが
受験生指導もある意味で極北の地で
夢の中で戦い方教え方をするに似て。

この句も彼を彷彿とする一句ですね
純粋鑑賞が出来ずに兵(つわもの)は
受験生…夢は希望ならず居眠りの中。


昼寝は三夏の季語で…教え子さんの   
名誉の為に言っておきますが 昼寝
(午睡)は彼のエネルギー源全力少年。


【全力で引退投手を送る秋(とき)】


DSC_1168
DSC_1170