NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 対比

当記事は「対比カテゴリー」なので
画像を援用させていただこうかと…
思って写真を撮って用意しましたが
広告加担の意図や著作権肖像権をも
慮って「文章のみで伝えきること」
に挑むことにしてみます…難しい?


前記事の元日二紙の比較です…
朝日新聞第三面の下方(全幅)と
神戸新聞第二面の下方(半幅)と
同じ(ような)広告が掲載されて
いて気づきの妙味がありました。


文藝春秋の「菊池寛の『マスク』」という
文春文庫本の宣伝記事…作家で社主菊池寛
の黒いマスク姿の写真と共に載せています。


 活字の中に「人間」がいる


かなり大きな活字が(二紙同じ)大きさで配され
《ちょうど百年前の世界もパンデミック禍に
襲われていた。スペイン風邪である。    社の
創業者である作家の菊池寛は「マスク」(大正9年…)
という掌編を発表する。》
という前書きの後で…

《 心臓に疾患を持つ「自分」は、恐怖から家にひきこもる。
神経質になりマスクが外せなくなる。流行が収まり、マスク
をとって野球見物に赴くが、マスクを掛けている青年を見て
「不愉快な激動(ショック)」を受ける。
・・・ 》と続いています。

二紙広告の縦幅は同じで…違いは横幅と説明文のフォントの差…
そして文藝春秋社の他の出版物ラインアップ(左端に約3cmほどの
幅で横書き16種)と…菊池寛の和服胸上写真が付いているのが朝日。


文藝春秋社や芥川賞・直木賞を創設して宣伝広告にも才を発揮した
菊池寛…作家としてに加え経済人としての評価の方も高いようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スクラップ切り取りしてみて…ふと気づいた「カミ広告記事」!

「菊池」全幅の真裏(第四面)は…全く同じ縦横サイズでの広告
三省堂(4月で創業140年)からの「謹賀新年」記事そしてほぼ
「新明解」国語辞典の最新版(第八版)宣伝なのです…カミ辞書。


「神〇〇」なんて言葉がありますが…NP「紙◎◎」という
言葉を作りたくなりますね…「紙手紙」「紙新聞」「紙辞書」
さらに「紙広告」「紙記事」はこう続きます…。

あなたは、どう考えますか。

(【時代】【絆】【レジリエンス】の三語の第八版での掲載意味
が順に 5行・6行・2行 載っています…「レジリエンス」ご紹介。)

【レジリエンス】〔resilience〕
病気・災害・惨事などの困難な状況から立ち直る能力。
回復力。復元力。

あらたな一年を思い、
これらのことばについて、
一緒に考えてみませんか。

(この下に新明解の辞書箱をかぶったロダン彫刻像の写真)

考える辞書
新明解国語辞典


(ついでの『日本映画作品大事典』新刊予定付き
…140周年記念企画で空前のデータベースとか。

…だいたいこのような構成です…「時代」と「絆」
の説明も素晴らしい妙味あるものです…カミ説明。)

・・・・・・・・・・・・・・・

【考ふる紙対応の謹賀かな】

上中下の句…カ行音連鎖です。


【麗春のレジリエンスの連鎖待ち】

同じく「れ」句頭韻で
「麗春」は晩春の季語
ひなげしの花の咲く頃。


故郷から雪盛んの便りあるも…待つことには馴れています。


さて・・・画像無しの文章だけで伝わりましたか?


よき「頌春」(しょうしゅん:輝かしい新春)でありますように。


箱根駅伝は…三区のあと平塚から四区へ入り
トップは地元東海大学…応援の観衆状態は?


【自粛見に箱根駅伝沿道へ】
(宏川)

標題の意味するところは…
共に「武力と宗教」という
権威ある二物を併せ持つと
いう点にあります… 私見も
入りますが「双頭の鷲」の
エンブレム紋章がなぜ国家
の象徴として国旗にも反映
採用されているのか… それ
は「剣 ⚔️」と「宝珠💎」
を鷲掴みにしているからで
剣は武器の力を宝珠は宗教
の力を示しているというの
が一般的な見方ですよね…
その双方が揃うことにより
圧倒的な支配力が生まれる。

では「赤と黒」… こちらは
フランス文学の名作小説で
スタンダールの『赤と黒』
… 題名の「赤」は武器兵隊
の軍力を「黒」は宗教僧侶
やカトリックの権威権力を
暗示しているという解釈が
専(もっぱ)らで… 合わせて
絶対的な支配力を指すと。

しかし… 考え様によっては
その双方の均衡バランスや
並立拮抗こそが重大事たる
世界観や国家(人間)観に繋
がっているとも言えます。


対立は戦いばかりではなく
ヘーゲル弁証法的に高まり
ゆく重要素と捉えるならば
… 標題の「双頭の鷲」にも
「赤と黒」にも「歴史に学
ぶべき人間に対する警鐘」
のニュアンスが込められて
いると考えられそうですね。


実は前記事の「双頭の鷲~」
は歴史好きの社会科教員に
「監修」を求めて「OK」が
出ました… さてさて当記事
はどうしましょうか… 冬は
何かと億劫(おっくう)です。


NPは高校二年生の頃自閉症的
に過ごしていて… 冬に夢中で
『赤と黒』を読んだのですが
主人公ジュリアン・ソレルと
マダム・レーナルの関係には
胸をときめかせた記憶があり
この二人の人間としての色が
赤と黒なのかと思いましたね
… 大学時代にも読んで読後感
は激変したのでしたが… その
頃には『テクスト』としての
日本文学や参考文献を読まね
ばならなくなっていて…次第
に読書の醍醐味は更に形を…。


作品の時代背景は1814年から
1830年で…その1830年に発表
され 王政復古という反動時代。


もっと世界史を世界文学を
とことん… あの頃に学んで
おきたかったなあと独り言。


どちらも入試には使えません
でしたが… その後の人生には
とても有意義に思えたのです。


【億劫な冬に世界を読んでいた】


対比も比喩も
10種類に分け
考察をします。

イメージ図を
あらためて😄
ご覧ください。

【春の夜対比と比喩のラビリンス】

IMG_20200302_155709
IMG_20200302_155745

文化祭では
「俳句甲子園三校模擬戦」(展示教室)以外
NPはクラス模擬店ばかりにおりました。

昨年全く入れなかった苦い経験があり
今年は何を手伝うというわけではなく
正門くぐりすぐの店にずっといました。

文化とは何か
ずっと思いを
馳せては消し
てを続けて…。


オモテナシという言葉は
言霊的には「裏ばかり」
不思議ですね…裏の努力
そして裏方の尽力のこと
…なのでしょうか… 表無。

・・・・・・・・・・・・

それにしても審査員の皆さま
原和人先生・平石和美先生と
甲斐千晶先生・仮屋賢一先生
森本晋先生…お越しくださり
貴重かつ的確なご高評を賜り
感謝しております…審査員の
採点評価シートはコピー共有
三校生徒で学ばせて戴きます。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

DSC_0187 (1)
正面玄関エントランス入って
すぐのところに「華道合作」
が出迎えてくれました…唯一
撮った校内画像です…菊主枝。









帰りの快速最寄り駅の久しぶり
花ギャラリーは黄百合でした…
百合は全般的に夏の季語なので
この「ゴールデンタイクーン」
と呼ばれる大ぶりの黄色い百合
には少し違和感がありましたが
華麗かつ清冽で人目を惹きます。
DSC_0194

「黄百合の花言葉」を繙(ひもと)くと
…黄色の特徴を物語るように…
「陽気」「偽り」となっていて
花ギャラリーに今飾られた季節
感も花言葉も何だか陰陽裏腹で
コントラスト・対比をイメージ。


う~ん…文化とはいったい何か?


とりどりの花の合作にも似て
ダイバーシティ(多様性)なの
でしょうか…模擬店での行列
そして盛況混雑ぶりには瞠目。

ただ…校内の展示やアリーナ
での催しものを見て回ること
のなかったクラス担任・部活
顧問としては忸怩(じくじ)感。




・・・・・・・・・・・・

「文化祭」は季語としては
「文化の日」の傍題になり
…秋の行事ジャンルで晩秋。



オモテナシ裏も見せずに文化祭
青春の光には影文化祭
文化見る間も無く文化祭終はる
花言葉も季節も違ふ黄百合かな
(宏)








立ち食いの京橋「麺屋」
かき揚げそば 400円(税込)

カップ麺のマルちゃん
「緑のたぬき」98円(税別)

勝敗を決するというよりも
互いのよさを競う企画です。


どちらも出汁が濃いです。
濃さは悪くありませんが
なにかと食べ合わせるか
水が欲しくなるかですね。

あれま・・・よさでなく
こさの話になりましたね。

おいしいですよ
ちゃちゃっとね
とりいそぎの時。

どちらも「時そば」
はい、おあとがよろしいようで。


【追句】
時と息止めて夏には蕎麦の音
(宏)

IMG_20190528_174416
DSC_8243





このページのトップヘ