NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 対比

本廟には故 新倉和文先生(享年59歳)が眠っています…
九年半前の9月21日に逝去されました… 多くの教え子
や関係者に惜しまれ…早すぎました…清水の五条坂に
西大谷で龍谷山本願寺の大谷本廟…無量寿堂内福成寺。


祖廟には亡父(享年88歳)が眠っています… 五年三か月
前の12月26日に他界しました…長生きするから米寿の
祝いはしなくていい… 気丈でした…八坂神社 円山公園
奥に東大谷で本山本廟の飛び地の大谷祖廟… 同朋御廟。


春彼岸のお参り…一年前は自粛しましたが…雨で人も
少なく相応しくしめやかにお参り合掌(お詣りは神社
で柏手)して参りました… 本廟へは先生の宇和島時代
の幼馴染みYYさん(ご活躍中フリーデザイナーのかた)
とご一緒しました…二年ぶりにお会いできた月命日…
先月刊行の先生の共著本と昨年秋刊行のゆかりのかた
推薦文童話本と… 先生の菩提寺の出石福成寺の並び堂
の観音扉を開けて 合わせてお供え(お花も持ち帰り)…
広い無量寿堂一階にはほんとうに人影まばらでした…
昼食は祇園まで歩いて…不人気店(ふひとけみせ…密を
避ける)で定食を美味しい話… 先生と二人の少年時代
からYYさんの近況まで…と共にいただきました…旨い。


祖廟には先立ってひとりでお参りしました…ここには
友人のゆかりのかたも眠っています…蝋燭とお線香と
他の参拝のかたも順序よくソーシャルディスタンス…
待ち並びお焼香と合掌と… 父には夢に出てきた話を…
この夢見のことは改めて別稿の社会心理学者フロムの
「夢の精神分析」として当ブログでお伝えします…。


【祖廟から本廟彼岸の雨の中】


【偲ぶには愛語の似合う春参り】


「愛語」は本廟

「同朋」は祖廟


先生ゆかりの方がたお元気ですか?

(午前十時の予約投稿です… 合掌)

DSC_4074
DSC_4071



[転 : 「われわれ」への収斂しゅうれん

能の暗さと美しさへの恍惚
(懐古趣味)
↔️
歌舞伎の虚偽と過剰なる照明
(近代に女らしい女形現れず)

文楽の人形は悉く闇に隠れ
鉄漿(おはぐろ)の暗黒
↔️
明朗な近代女性の肉体美
茶室の床の間へ百燭光の電燈

暗がりの中に美を求める
空想には常に漆黒の闇の堆積
↔️
幽霊をさえガラスのように明るく
太陽光線の重なり合った色

銀器銅器に錆の生ずるのを愛する
↔️
それを不潔非衛生的とピカピカに

光線が乏しいならその闇に沈潜
(自らなる美)
↔️
進取的な常により良き状態
(絶えず明るさ)

日本人は白い肌の中に微かな翳り
(皮膚の底に澱んでいる暗色)
↔️
底が明るく透きとおっていて
(薄暗い蔭がささない)


われわれ黄色人種の陰翳との深い関係
(暗い雰囲気の中に自分たちを沈める)

われわれの先祖は…
陰翳の世界・暗色・闇の理法
鉄漿・衝立(ついたて)
「灯に照らされた闇」の色
↔️
現代の人は久しく…
電燈の明りに馴れて
こう云う闇のあったことを忘れ

《抽象》
「眼に見える闇」の幻覚の凄み
 (魑魅ちみ妖怪変化の跳躍する闇)



次回の[結]は世界(巴里・亜米利加等)
のエピソードから入って主題が見えて
きます…旨い羊羹を付け合わせたいもの。


【われわれの闇の羊羹美(うま)し春】
(宏川)




[承の前半 : 建築]

(われわれの国)
庇の下にただよう濃い闇・傘
↔️
(西洋)
内部を明りに曝(さら)す・帽子


(われわれ・われら)
間接の鈍い光線〈座敷〉
「床うつり」軸物と壁との調和〈床の間〉
奥床しい「面」と「さび」〈掛け軸〉

西洋人の云う「東洋の神秘」
暗がりが持つ無気味な静かさ
〈茶の間や書院の床の間の奥〉
しろじろとしたほの明るさ〈書院の障子〉
明暗の区別のつかぬ昏迷(こんめい)の世界

「悠久」に対する一種の怖れ〈座敷の部屋〉


「承」は文章構造的に具体例が並び易いもの
対比は「われわれ」= 日本 を語ることが多く
あまり西欧については触れられなくなります

↑↓これが「対比+キーワード」の漸減… (^^)/

キーワードにも「    」付きが少なくなります
承の後半に「先行抽象」と思われる説明的な
部分があるのか「続 具体例」となってゆくの
かを予見しながら読み進めることも妙味です 😋


谷崎潤一郎は宮沢賢治の対極… そう断じた
芸術家 南熊山人氏は当ブログのコメント氏
でもあります… 又 緊急事態が些かでも収束
した暁には心ゆくまで語らってみたいもの (^^)ρ(^^)ノ


本日も午後三時おやつ代わりの予約投稿


【卒業や今はまだ羊羹の無く】

【コーヒーとチーズケーキと卒業と】

【ウェッジウッド祝卒業の一杯を】

(宏川)


IMG_20210205_093833
IMG_20210205_093958









(初出のみ)

[従前: 序]
「風流は寒きものなり」(斎藤緑雨)
「風雅」
「花鳥風月」


[今回: 起]
「紙」
「雪の降る日は寒くこそあれ」(西行)
「文藝春秋」
「間(ま)」
「手沢(しゅたく):つや」
「なれ」
「さむきもの」
「雅致(がち):おもむき」
「わらんじや」(京都の料理屋)
「明るさ」
「闇」
「草枕」(漱石先生)
「たまり」(醤油)


紙の持つ柔らかみと温かみ
↔️ガラス・便器・ストーヴ

毛筆
↔️万年筆

われわれの音楽
↔️レコード・拡声器

話術の「間」が大切
↔️機械にかけたら死ぬ

垢を大切に保存して美化
↔️根こそぎ発(あば)き取り除く

物理学も化学も映画も写真術も
… 借り物のために損をしている

漆器のような陰翳と深み
↔️陶器は重く冷たく不便

瞑想的な羊羹の色(漱石が讚美)
↔️クリームの浅はかさ単純さ

…われわれの料理が常に陰翳を基調とし
「闇」と云うものと切っても切れない関係…


こうして、更に言えば
「間」と「闇」を大切
にする「美学」の根底
が繰り返し語られます。

満を持して、次の展開
は「建築」素材に入り
今回同様に「対比」が
非常に巧みに用いられ
てゆくことになります。


午後3時のおやつに予約投稿
おやつは…勿論羊羹がいいね
…漱石は甘党の美食家でした。


水羊羹は三夏の季語
栗羊羹は晩秋の季語
立春に相応しい羊羹を求めて
「知行合一」は大切ですから。


テクストには… (抹茶椀の器)右横
「二切れの小豆色羊羹」の写真…
明るくない、左からの絶妙の光が
昨日の小磯良平の油彩を思わせて
まあ本当に美事としか言えません
… はい美しくて美味しそうです…。


追句の対句・・・

【立春は四次元曖昧な羊羹】

【立春の断面小豆色の羊羹】

当記事は「対比カテゴリー」なので
画像を援用させていただこうかと…
思って写真を撮って用意しましたが
広告加担の意図や著作権肖像権をも
慮って「文章のみで伝えきること」
に挑むことにしてみます…難しい?


前記事の元日二紙の比較です…
朝日新聞第三面の下方(全幅)と
神戸新聞第二面の下方(半幅)と
同じ(ような)広告が掲載されて
いて気づきの妙味がありました。


文藝春秋の「菊池寛の『マスク』」という
文春文庫本の宣伝記事…作家で社主菊池寛
の黒いマスク姿の写真と共に載せています。


 活字の中に「人間」がいる


かなり大きな活字が(二紙同じ)大きさで配され
《ちょうど百年前の世界もパンデミック禍に
襲われていた。スペイン風邪である。    社の
創業者である作家の菊池寛は「マスク」(大正9年…)
という掌編を発表する。》
という前書きの後で…

《 心臓に疾患を持つ「自分」は、恐怖から家にひきこもる。
神経質になりマスクが外せなくなる。流行が収まり、マスク
をとって野球見物に赴くが、マスクを掛けている青年を見て
「不愉快な激動(ショック)」を受ける。
・・・ 》と続いています。

二紙広告の縦幅は同じで…違いは横幅と説明文のフォントの差…
そして文藝春秋社の他の出版物ラインアップ(左端に約3cmほどの
幅で横書き16種)と…菊池寛の和服胸上写真が付いているのが朝日。


文藝春秋社や芥川賞・直木賞を創設して宣伝広告にも才を発揮した
菊池寛…作家としてに加え経済人としての評価の方も高いようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スクラップ切り取りしてみて…ふと気づいた「カミ広告記事」!

「菊池」全幅の真裏(第四面)は…全く同じ縦横サイズでの広告
三省堂(4月で創業140年)からの「謹賀新年」記事そしてほぼ
「新明解」国語辞典の最新版(第八版)宣伝なのです…カミ辞書。


「神〇〇」なんて言葉がありますが…NP「紙◎◎」という
言葉を作りたくなりますね…「紙手紙」「紙新聞」「紙辞書」
さらに「紙広告」「紙記事」はこう続きます…。

あなたは、どう考えますか。

(【時代】【絆】【レジリエンス】の三語の第八版での掲載意味
が順に 5行・6行・2行 載っています…「レジリエンス」ご紹介。)

【レジリエンス】〔resilience〕
病気・災害・惨事などの困難な状況から立ち直る能力。
回復力。復元力。

あらたな一年を思い、
これらのことばについて、
一緒に考えてみませんか。

(この下に新明解の辞書箱をかぶったロダン彫刻像の写真)

考える辞書
新明解国語辞典


(ついでの『日本映画作品大事典』新刊予定付き
…140周年記念企画で空前のデータベースとか。

…だいたいこのような構成です…「時代」と「絆」
の説明も素晴らしい妙味あるものです…カミ説明。)

・・・・・・・・・・・・・・・

【考ふる紙対応の謹賀かな】

上中下の句…カ行音連鎖です。


【麗春のレジリエンスの連鎖待ち】

同じく「れ」句頭韻で
「麗春」は晩春の季語
ひなげしの花の咲く頃。


故郷から雪盛んの便りあるも…待つことには馴れています。


さて・・・画像無しの文章だけで伝わりましたか?


よき「頌春」(しょうしゅん:輝かしい新春)でありますように。


箱根駅伝は…三区のあと平塚から四区へ入り
トップは地元東海大学…応援の観衆状態は?


【自粛見に箱根駅伝沿道へ】
(宏川)

このページのトップヘ