NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

カテゴリ: 対比

対比も比喩も
10種類に分け
考察をします。

イメージ図を
あらためて😄
ご覧ください。

【春の夜対比と比喩のラビリンス】

IMG_20200302_155709
IMG_20200302_155745

文化祭では
「俳句甲子園三校模擬戦」(展示教室)以外
NPはクラス模擬店ばかりにおりました。

昨年全く入れなかった苦い経験があり
今年は何を手伝うというわけではなく
正門くぐりすぐの店にずっといました。

文化とは何か
ずっと思いを
馳せては消し
てを続けて…。


オモテナシという言葉は
言霊的には「裏ばかり」
不思議ですね…裏の努力
そして裏方の尽力のこと
…なのでしょうか… 表無。

・・・・・・・・・・・・

それにしても審査員の皆さま
原和人先生・平石和美先生と
甲斐千晶先生・仮屋賢一先生
森本晋先生…お越しくださり
貴重かつ的確なご高評を賜り
感謝しております…審査員の
採点評価シートはコピー共有
三校生徒で学ばせて戴きます。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

DSC_0187 (1)
正面玄関エントランス入って
すぐのところに「華道合作」
が出迎えてくれました…唯一
撮った校内画像です…菊主枝。









帰りの快速最寄り駅の久しぶり
花ギャラリーは黄百合でした…
百合は全般的に夏の季語なので
この「ゴールデンタイクーン」
と呼ばれる大ぶりの黄色い百合
には少し違和感がありましたが
華麗かつ清冽で人目を惹きます。
DSC_0194

「黄百合の花言葉」を繙(ひもと)くと
…黄色の特徴を物語るように…
「陽気」「偽り」となっていて
花ギャラリーに今飾られた季節
感も花言葉も何だか陰陽裏腹で
コントラスト・対比をイメージ。


う~ん…文化とはいったい何か?


とりどりの花の合作にも似て
ダイバーシティ(多様性)なの
でしょうか…模擬店での行列
そして盛況混雑ぶりには瞠目。

ただ…校内の展示やアリーナ
での催しものを見て回ること
のなかったクラス担任・部活
顧問としては忸怩(じくじ)感。




・・・・・・・・・・・・

「文化祭」は季語としては
「文化の日」の傍題になり
…秋の行事ジャンルで晩秋。



オモテナシ裏も見せずに文化祭
青春の光には影文化祭
文化見る間も無く文化祭終はる
花言葉も季節も違ふ黄百合かな
(宏)








立ち食いの京橋「麺屋」
かき揚げそば 400円(税込)

カップ麺のマルちゃん
「緑のたぬき」98円(税別)

勝敗を決するというよりも
互いのよさを競う企画です。


どちらも出汁が濃いです。
濃さは悪くありませんが
なにかと食べ合わせるか
水が欲しくなるかですね。

あれま・・・よさでなく
こさの話になりましたね。

おいしいですよ
ちゃちゃっとね
とりいそぎの時。

どちらも「時そば」
はい、おあとがよろしいようで。


【追句】
時と息止めて夏には蕎麦の音
(宏)

IMG_20190528_174416
DSC_8243





左右対称を語る「シンメトリー・シリーズ」最終回。

NP提唱の「重複対比」と、
オマケの「内在対比」の
ヴェン図が下方にあります。

ね?
「形式」的には左右対称でしょ?
でも
「内容」的には異なるんですよね。

特に「重複対比」図を御覧あれ。

同じ部分つまりその重複部分は、
見る者の立場や考え方によって、
幅があって一律・均一ではない
・・・上部の波線対比矢印付き。


俳句で言えば・・・、
「伝統的・現代的」
「定型・自由律」も、
この重複対比である
という主旨が前記事。


「マスカレード・ホテル」という映画から、
「シンメトリー考」が始まったことになり、
まさか「おかめ」が「お仮面」だとは…ね。
重複って「言霊(発音)」のことも多い?

音声と言えば・・・。


鶯と目白シンメトリー愛でる
(NP宏)


七十二候で昨日から、
「黄鶯睍睆」(こうおうけんかんす)
…ウグイスの初音が聞こえてくる頃です。
目白は鶯と一見似ているのですが・・・、
さて違いはいったい何なのでしょうね? 
見る者その立場や「人となり」によって、
幅があるということ…「重複対比」です。


 DCIM2670

節分のオブジェ何気にシンメトリー
(NP)
IMG_20190208_102202
「おかめ」のミニお面、
これが「鬼」と対で綺麗なシンメトリー。

おかめは「お仮面」(マスカレード)。

下方に「おたふく」も貼付しましたが、
この「おかめ・おたふく」も、
シンメトリーですね。


同じように見えますが、
違いがあります。


諸説ある中で一番興味を惹いたのは、
「モデルになった女性の違い」
のように思われます。



おかめのモデルは、
「夫の名誉を命と引き換えに守った女性」。
おたふくのモデルは、
「お金持ちの玉の輿に乗った女性」
・・・だそうです。

おかめは「阿亀」と漢字表記し、
おたふくは「阿多福」ですから、
こちらもまた「阿」のシンメトリー?


シンメトリーはやはり、
NPには「重複対比」かと思われます。


節分前後にずっと嗜んでいる、
戴き物の「ほうじ茶・玄米茶」。

同じくずっと読んでいる、
漱石漫画の「青春篇・作家編」。

「おたふく」の画像検索結果
実にシンメトリー。

さてさて、
戻り鰹は美味しいのですが、
戻り寒波はいただけません。

元気に寒風に立ち向かいましょう、
暦の上では、
春立つ日から早や五日目で「大安」。

関西圏私立高等学校入試の日です、
受験生がんばれーがんばれーがんばれー。
🚩🚩🚩





このページのトップヘ