NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 対比

2013年10月4日~5日に当ブログで三回
「純文学と大衆文学の違い」について…
当時教えていた生徒さんから貰った質問
などに答えるかたちでNP述べています。

純文学と大衆文学の違い : NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅


重複対比なども本格的に解説していた頃
硲(はざま)についても当時の方が学究的
に且つ具体的に論じていますね…八年前
の生徒さん凄いです…NP自身は凋落一途。

凋落(ちょうらく)とは…本気で考える姿勢
や調べ学習含め語彙力・考察力に於いて…
ということですね…センター試験に向けて
中高一貫生の指導六年目の秋でしたから。


八年後の今…宮本輝さんの作品に標題の
硲を特に感じます…『流転の海』第二部
『地の星』を読み終え…一旦休憩を挟み
『花の降る午後』を再再読していました。


どちらも息を継がせぬ構成展開の面白さ
と迫真の描写表現力を持つ凄い作品では
あるのですが… 汎(はん)用性(一般論的)
の面でこんな陥穽(かんせい:落とし穴)
を感じてしまうのです…如何でしょうか
「深いと純文学で面白過ぎると大衆文学」。


宮本輝さん御自身は「面白い小説を書く」
という理念を持っていらっしゃるとのこと
を何かの後書きで見受けましたが… ただし
「面白いだけ」は「ラノベ」「エンタメ」
の虞(おそれ)あり…「大衆」の支持は即ち
「通俗」に堕してしまう懸念もあります
(それがよいという議論はまた別卓にて)
… 通俗に普遍(時空を越えた価値や意義)
は果たして有り得るのかと自問自答です。


『地の星』に純文学性を見出だしながら
『花の降る午後』に大衆文学性を感じて
ほんの硲のわずかなニッチ(隙間)… 文学
作品を書き分けるつもりもない作者には
言いがかりのような問いになってしまう
… こんなことを考えながら『花の~』の
次は又村上春樹さんの『1Q84』に戻り…。


「純文学と大衆文学の硲はありますか」

「純文学は大衆文学よりも普遍ですか」


IMG_20210510_062622
IMG_20210513_091542


現時点でひとつ大きくイメージ出来るのは
リアルであろうとすればするほど普遍から
遠ざかるのではないかということ
なのです。


とすれば『1Q84』にはそのリアルが…
程よく欠けているという「逆説」つまりは
「ノンリアルに普遍あり」…?


そして「文庫本の巻末解説」にもまた「純文学型」と「大衆文学型」があるのではないかと…。


画像の北上次郎さんは後者で
第一部『流転の海』の小川洋子さんは前者であるような…。


IMG_20210514_075728これが結論ではないので暫くまだまだ「文学の硲の旅」を楽しみます。


一週間以上も当ブログを更新出来なかったのですが
来訪者はむしろ増えていて有り難い限りです。


それにしても『花の降る午後』の文庫本 新装版表紙絵には「フオン」を感じますね。
このフオンの書き取りと意味を高二の「国語演習」一学期中間考査で出題しました。


この一週間は高一の「国語総合」と二種類の定期考査作りに「シンギン」して…。






さて
それでは漢字クイズです…冒頭のバックナンバー記事の頃には…
ずっと「らも検」という漢字クイズテストを定期的にブログ上
で実施していました… 懐かしいな「ライトモティーフ検定」。


縁語のような「フオンとシンギン」… 書き取りと意味は?




【三日後の追句】

梅雨入りの不穏呻吟早すぎて

時は今五月の雨にさみだれて

笋(たけのこ)の生えてうめいて厭(や)な予感


2021/05/16~5/20は
二十四節気「立夏」の末候にあたる期間
七十二候「竹笋生(ちくかん しょうず)」
… たけのこの生える頃… 陰暦卯月前節で
2021年入梅(雑節)の6/11までは約25日も
あるのに近畿・東海は5/16梅雨入り宣言。


不穏はいやな予感で呻吟はうめくこと
明るい句をつくれずに過ごしています。




















本廟には故 新倉和文先生(享年59歳)が眠っています…
九年半前の9月21日に逝去されました… 多くの教え子
や関係者に惜しまれ…早すぎました…清水の五条坂に
西大谷で龍谷山本願寺の大谷本廟…無量寿堂内福成寺。


祖廟には亡父(享年88歳)が眠っています… 五年三か月
前の12月26日に他界しました…長生きするから米寿の
祝いはしなくていい… 気丈でした…八坂神社 円山公園
奥に東大谷で本山本廟の飛び地の大谷祖廟… 同朋御廟。


春彼岸のお参り…一年前は自粛しましたが…雨で人も
少なく相応しくしめやかにお参り合掌(お詣りは神社
で柏手)して参りました… 本廟へは先生の宇和島時代
の幼馴染みYYさん(ご活躍中フリーデザイナーのかた)
とご一緒しました…二年ぶりにお会いできた月命日…
先月刊行の先生の共著本と昨年秋刊行のゆかりのかた
推薦文童話本と… 先生の菩提寺の出石福成寺の並び堂
の観音扉を開けて 合わせてお供え(お花も持ち帰り)…
広い無量寿堂一階にはほんとうに人影まばらでした…
昼食は祇園まで歩いて…不人気店(ふひとけみせ…密を
避ける)で定食を美味しい話… 先生と二人の少年時代
からYYさんの近況まで…と共にいただきました…旨い。


祖廟には先立ってひとりでお参りしました…ここには
友人のゆかりのかたも眠っています…蝋燭とお線香と
他の参拝のかたも順序よくソーシャルディスタンス…
待ち並びお焼香と合掌と… 父には夢に出てきた話を…
この夢見のことは改めて別稿の社会心理学者フロムの
「夢の精神分析」として当ブログでお伝えします…。


【祖廟から本廟彼岸の雨の中】


【偲ぶには愛語の似合う春参り】


「愛語」は本廟

「同朋」は祖廟


先生ゆかりの方がたお元気ですか?

(午前十時の予約投稿です… 合掌)

DSC_4074
DSC_4071



[転 : 「われわれ」への収斂しゅうれん

能の暗さと美しさへの恍惚
(懐古趣味)
↔️
歌舞伎の虚偽と過剰なる照明
(近代に女らしい女形現れず)

文楽の人形は悉く闇に隠れ
鉄漿(おはぐろ)の暗黒
↔️
明朗な近代女性の肉体美
茶室の床の間へ百燭光の電燈

暗がりの中に美を求める
空想には常に漆黒の闇の堆積
↔️
幽霊をさえガラスのように明るく
太陽光線の重なり合った色

銀器銅器に錆の生ずるのを愛する
↔️
それを不潔非衛生的とピカピカに

光線が乏しいならその闇に沈潜
(自らなる美)
↔️
進取的な常により良き状態
(絶えず明るさ)

日本人は白い肌の中に微かな翳り
(皮膚の底に澱んでいる暗色)
↔️
底が明るく透きとおっていて
(薄暗い蔭がささない)


われわれ黄色人種の陰翳との深い関係
(暗い雰囲気の中に自分たちを沈める)

われわれの先祖は…
陰翳の世界・暗色・闇の理法
鉄漿・衝立(ついたて)
「灯に照らされた闇」の色
↔️
現代の人は久しく…
電燈の明りに馴れて
こう云う闇のあったことを忘れ

《抽象》
「眼に見える闇」の幻覚の凄み
 (魑魅ちみ妖怪変化の跳躍する闇)



次回の[結]は世界(巴里・亜米利加等)
のエピソードから入って主題が見えて
きます…旨い羊羹を付け合わせたいもの。


【われわれの闇の羊羹美(うま)し春】
(宏川)




[承の前半 : 建築]

(われわれの国)
庇の下にただよう濃い闇・傘
↔️
(西洋)
内部を明りに曝(さら)す・帽子


(われわれ・われら)
間接の鈍い光線〈座敷〉
「床うつり」軸物と壁との調和〈床の間〉
奥床しい「面」と「さび」〈掛け軸〉

西洋人の云う「東洋の神秘」
暗がりが持つ無気味な静かさ
〈茶の間や書院の床の間の奥〉
しろじろとしたほの明るさ〈書院の障子〉
明暗の区別のつかぬ昏迷(こんめい)の世界

「悠久」に対する一種の怖れ〈座敷の部屋〉


「承」は文章構造的に具体例が並び易いもの
対比は「われわれ」= 日本 を語ることが多く
あまり西欧については触れられなくなります

↑↓これが「対比+キーワード」の漸減… (^^)/

キーワードにも「    」付きが少なくなります
承の後半に「先行抽象」と思われる説明的な
部分があるのか「続 具体例」となってゆくの
かを予見しながら読み進めることも妙味です 😋


谷崎潤一郎は宮沢賢治の対極… そう断じた
芸術家 南熊山人氏は当ブログのコメント氏
でもあります… 又 緊急事態が些かでも収束
した暁には心ゆくまで語らってみたいもの (^^)ρ(^^)ノ


本日も午後三時おやつ代わりの予約投稿


【卒業や今はまだ羊羹の無く】

【コーヒーとチーズケーキと卒業と】

【ウェッジウッド祝卒業の一杯を】

(宏川)


IMG_20210205_093833
IMG_20210205_093958









(初出のみ)

[従前: 序]
「風流は寒きものなり」(斎藤緑雨)
「風雅」
「花鳥風月」


[今回: 起]
「紙」
「雪の降る日は寒くこそあれ」(西行)
「文藝春秋」
「間(ま)」
「手沢(しゅたく):つや」
「なれ」
「さむきもの」
「雅致(がち):おもむき」
「わらんじや」(京都の料理屋)
「明るさ」
「闇」
「草枕」(漱石先生)
「たまり」(醤油)


紙の持つ柔らかみと温かみ
↔️ガラス・便器・ストーヴ

毛筆
↔️万年筆

われわれの音楽
↔️レコード・拡声器

話術の「間」が大切
↔️機械にかけたら死ぬ

垢を大切に保存して美化
↔️根こそぎ発(あば)き取り除く

物理学も化学も映画も写真術も
… 借り物のために損をしている

漆器のような陰翳と深み
↔️陶器は重く冷たく不便

瞑想的な羊羹の色(漱石が讚美)
↔️クリームの浅はかさ単純さ

…われわれの料理が常に陰翳を基調とし
「闇」と云うものと切っても切れない関係…


こうして、更に言えば
「間」と「闇」を大切
にする「美学」の根底
が繰り返し語られます。

満を持して、次の展開
は「建築」素材に入り
今回同様に「対比」が
非常に巧みに用いられ
てゆくことになります。


午後3時のおやつに予約投稿
おやつは…勿論羊羹がいいね
…漱石は甘党の美食家でした。


水羊羹は三夏の季語
栗羊羹は晩秋の季語
立春に相応しい羊羹を求めて
「知行合一」は大切ですから。


テクストには… (抹茶椀の器)右横
「二切れの小豆色羊羹」の写真…
明るくない、左からの絶妙の光が
昨日の小磯良平の油彩を思わせて
まあ本当に美事としか言えません
… はい美しくて美味しそうです…。


追句の対句・・・

【立春は四次元曖昧な羊羹】

【立春の断面小豆色の羊羹】

このページのトップヘ