NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 比喩

うつせみ… 晩夏の季語

本来は「現し身→現せ身」で生身の人間を
指しましたが反転して「空せ身」と抜け殻
の意味になったようですね… 今回の東京行
で特に印象に残ったことばのひとつで大学
以来の友人(フリーライター&エディター)
から画像とともに貰いました…なかなかに
深いメタファがあるようにも思われます。


源氏物語の第三帖「空蝉」で光源氏の
求愛を袖にして空蝉のように姿を消す
…源氏17歳時ですが紀伊守(きいのかみ)
邸に居るこの女性は実は紫式部自身を 
暗喩?… 源氏は藤原道長モデル説あり。

しかし姿を消したこの空蝉の女性は…
第十六帖「関屋」に再登場するのです。


学友が何を語りたかったのか… 彼は今
映画を月に数本は必ず見ながら掛持ち
仕事を確りと熟(こな)しているようで
… 空蝉には思われず…やはり現せ身か。


韓国料理の店にご招待を賜り
サムギョプサルコースそれに
マッコリ…そのあと新宿街の 
職安通りなどを散策堪能して
台湾フルーツティーバー長く 
締めにはウィンナー珈琲を…
次の再会を期して新宿西口駅
で…今どきのグータッチでは 
なく握手してわかれましたが
楽しかった〜四十五年来の友
大学卒業即上京し仕事に目途
が立ってこのかた神楽坂長く
… 最もリスペクトしています。


【空蝉は現せ身   新宿の夜】


raw-24





「長恨歌」の前に… ちょっと考え直し以下の考察。

下掲の漢文教科書と新書を一日読んでおりました。


漢文の教科書には元気の出そうな文章が余りない
… 楽しくないというのとは違うのだが明るくない
余程の中国史好き故事好きの生徒以外には不人気
… しかし授業での面白い説明展開次第では何とか
入試頻出事項とはまた別の興味関心を惹けるもの
… そうは思ってみるものの生徒から池井戸潤の方
がずっといいと言われてしまえばそれはまあ同感。

ただ…「いろいろな問題についてどう考えていけ
ば良いのか」と思考自体を抽象的に考察してゆく
ならば…「いろいろな風景」を漢文の文章ひとつ
ひとつが「旅」の中でみせてくれるように思える
… 「?→!」表紙帯のキャッチは漢文以外も同様
「具体→抽象」「旅→醍醐味」「勉強→受験」等
「決して楽しいばかりではないが有意義」なこと
は世の中に沢山あって…それを伝えたいのも哲学。


「古典B漢文」高校教科書の多分最高峰のひとつ…
筑摩書房の改訂版の表紙デザインはコシノヒロコ
さん… 受験生達は果たして知っているのだろうか
「長恨歌」を「コシノヒロコ」を… 知っていても
考えることはあるのだろうか… などと思いながら
「長恨歌超訳」を長年愛用のメモリースティック
に入れながら… もう少し考えて練り直しを決意…
この日の高二漢文学年末考査で超訳全文を問題文
にして出題したのですが…軽読中の新書は2013年
刊行で先日の本校高校入試国語に出題されたもの
…使い始めの戴き物 縁起物「bookmark」と共に。


この一冊の本の主題は中心素材そのものであり…
ライトモティーフ(leitmotiv)です… 最初から登場
… 標題の短歌調に認(したた)めてみました。(^^)/


【漢文より池井戸潤のほんと春】

【抽象化一年ずっと言って春】

(宏川)


IMG_20210224_123642
IMG_20210224_123710
IMG_20210224_171250 

日本に送られ博物館で珍重され生ける屍(しかばね)となるか
愛してくれる子どもが成長して自分を棄てるまで全うするか

人形のアイデンティティーとは何か?


「子ども向け」とパッケージにありますが
95分の「大人社会への警鐘アンチテーゼ」
… とも捉えられそうですね… 逆説的ですが。


人形=現代人 
博物館=エリート組織社会


では日本とは? 子どもとは?
ありがたくも「成長」とは?
いったい何なのでしょうか。


1995年の1よりも更に上質に
1999年に制作されたのが 2…
2010年の3も… 2019年の4も
みたくなりました…深い共感。


1999年の流行語大賞の一つは…
巨人軍(後メジャーで戻り巨人)
上原浩治投手の「雑草魂」です。
その後「生涯一投手」を貫いて
2019年に引退した符合に注目し
トイ・ストーリーに標題の言葉…。


貸してくださったかたの
チョイス・センスに感謝。(^^)/


【人形を貫き生くる向暑かな】


IMG_20200514_205739



対比も比喩も
10種類に分け
考察をします。

イメージ図を
あらためて😄
ご覧ください。

【春の夜対比と比喩のラビリンス】

IMG_20200302_155709
IMG_20200302_155745

広くは林業家に含まれ
高い木の上に登り伐採
剪定などをする職業の
ことで昔は空に一番近
いところでする仕事師
であったことから呼称
(ネット記事等参照)
DSC_4123

DSC_4125
大谷祖廟の事務所前の庭で
大きく高い木の上に登って
いる仕事師のかたを発見👀

妹の連れ合いGBさん
すかさず教えてくれ
ました「そらしです」

彼もまた徳島山奥の
木頭で炭焼き含めて
林業にも関わるNPO
法人に携わり続けて
きました…NPも一年
間だけスタッフ一員
だったことあります


空師

危険かつ重大なお仕事です
どうやら先日の台風で被害
を受けた部分の伐採のよう

画像ではよく見えませんが
かなり高いところまで登り
つめて仕事に集中されます

・・・・・・・・・・・・

〇師
〇〇師

いろんな匠
師匠がいる
のですねえ

空師がいるのだから
海師もいるのかしら
と思って検索すると
コミックスがあるの
です『我が名は海師』
読んでみようと決意

そこには「山師」と
いう…職業とは言え
ない比喩的な呼称も
準(なぞら)えられ
ているようですね…


山師のような教師…
であってはならない

そもそも教師という
呼び名を嫌って教員
の方を用いるNPです


あえて言えば
言師(ことし)
我が名をそう
呼ばれるよう
精進したいと
考えています


ブログ読者のみなさまは
各々何師でいらっしゃい
ますか…〇師になりたい
と思っていらっしゃるの
でしょうか…コメントを
お待ちしております(^o^)丿
(言師希望NP)


旅人と我が名呼ばれん初時雨
(芭蕉:「笈の小文」44歳時)

芭蕉は「俳諧師(はいかいし)」


言師とはいまだ呼ばれぬ暮れの秋*
(NP宏:中間考査最終日 年齢不詳)


*
暮れの秋とは秋のおわりで晩秋の季語
秋の暮れなら秋の夕暮れで三秋の季語


このページのトップヘ