NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: ライトモティーフ手法

新暦/陽暦の12月15日(火)は…
旧暦/陰暦の霜月朔日(朔:新月)
(しもつき さくじつ/ついたち)
つまり十一月一日になります。

ちょうど一か月半の綺麗なズレ
…これが標準的な新旧暦の感覚。

仲冬に入ったことになります…
折しも今冬一番の寒気に襲われ
とても冷え込みますね…極めて
標準的なのですが温暖化の影響
なのか体には堪(こた)える寒さ。

ところで…更に極寒のロシアに
思いを馳せながら標題の曲の話。

ロマノフ王朝のみならず…
アナスタシアという名前は
これも標準的によくある(?)
らしくて…「目覚めた女」
「復活した女」という意味。
(ちなみにディミトリは…
「守る男」「防御する人」)

先月の芸術鑑賞会で堪能した
宝塚歌劇・宙組ツートップの
配役(星風まどか・真風涼帆)
なのですが…娘役の星風さん
引退を表明しましたね…成程
「名は体を表す」のですね。


そのロマノフ家(ロシア帝国)
も国旗として掲げていたのが
「双頭の鷲」エンブレムです。
(東&神聖ローマ帝国やオーストリア&
ハンガリー・ドイツ帝国や現在でも
セルビア・アルバニア・ドイツ更に
ロシアなどの国章に使用されている)


今朝は行進曲としてよく知られている
「双頭の鷲の旗の下に」(1902年作)を
小澤征爾指揮からピアノ曲そして更に
ブルーグラス(ギターストリングス)等
いろいろ聴いてみました…リヒャルト
・ワーグナーではないJFのつく方で
ヨゼフ・フランツ・ワーグナーの作曲。


仲冬の朝にブルーグラスやカントリーを聴く…
しかも行進曲ですからね…これをミスマッチと
言うのかどうか…一種のフュージョンでしたね。


そして1902年は…セルゲイ・ラフマニノフが
前年11月に後の人気曲となる超有名な出世曲
「ピアノ協奏曲・第2番ハ短調」を完成初演
した直後…29歳で従姉妹と結婚して「春」と
いう重苦しい曲を作った年のようです…これ
もまた何だかフュージョン的音楽史ですが…
昨日はそのピアノコンチェルト第2番をヘビ
ロテで(第1番と比べては)聴いておりました。


1902年(明治35年)は…されど、しかしながら
「日英同盟」が締結され…どうやらロシアの
南下政策に対抗するかたちで…やがていたる
「日露戦争」やむなしの機運の高まってゆく
そんな年でもあったのです…まだまだロシア
革命によってロマノフ家が崩壊して…やがて
ラフマニノフの亡命へと繋がる1917年迄には
少しだけ間があったということなんですね…。


『ロマノフ家 12の物語』中の絵画や写真に
触発されて…ライトモティーフ(小主題)連鎖
の「音楽と文学と歴史の旅」に漂っています。


で…仲冬に聴くブルーグラスは…悪くはない ♪♪♪


俳句で言うところの「二物衝撃」ですね。


【 双頭の鷲の話を相当の
  和紙に包んでくどくど觧(ほど)く 】
(宏川)




昨年娘が令和婚(5月1日の誕生日に入籍)して
初めて息子が出来たNP。

今日はその息子の誕生日です。

おめでとう~👏🎊🎉🎆
…ということで誕プレに気合いを入れました
まずは何と言ってもクオカードですね
…あとはないしょ。

・・・・・・・・・

その娘が幼い頃…


NP(当時は大阪の男子校のただの教員)の
妹(当時は後の連れ合いと共に兵庫の女子校の教員)が
娘の誕プレに贈ってくれた手作りの絵本が
今も
娘の居なくなった部屋にあります。


『だれのかな?』

ふと手にした帽子の持ち主を訪ねて
ウサギのぴょんちゃんが小さな旅をするお話。

全32ページの厚紙画用紙に色鉛筆多色ハードカバー版。
IMG_20200204_215533
IMG_20200204_215723
IMG_20200204_215616
IMG_20200204_220054













































その妹夫婦は今徳島県の山奥
ゆずの名産地である木頭で
平和と環境の社団法人の活動をしています。

昨日は立春の鮮やかな蒼穹に
オスプレイが
オレンジルート(米軍機訓練コース)を
行きつ戻りつする映像を
メッセンジャーのストーリーズ配信で
教えてくれました。

すぐに二句送らせてもらいました。


【立春やオスプレイ二機行き戻り】
【春愁今日も頭上をオスプレイ】

・・・・・・・・・・・・・・・

木頭にはたった二年間ですが
NPも娘も住まいしていました。

いつか息子夫婦と
その木頭に行ってみたいと思っています。

DSC_5992左賀状の下方には、
「当方のミスで一度戻ってしまいまして再度…」と、
丁重に綴っていただきました。

ほんとうにありがたいことです。
ありがとうございます。


絵柄素敵です。
戴いたその日は7日(人日)の仕事始めで、
このイメージのネクタイ&タイピンで出勤していました。

それも「シンクロニシティ」でしょうか?
よもや2018年レコード大賞受賞曲のタイトルが、
「シンクロニシティ」だったとは、
つい最近気づいたこと。

レコード(?)と言えば、
GReeeeNの「一緒にいこう」という新年CM曲が、
本日1月9日付けでYou Tubeに上がるそうです。

心寄せる人とうまくいかない…
なんてことを抱えている人のみならず、
元気になりたい人に向けたメッセージ。

NPは歌詞がとても気に入りましたカッコイイです。
もちろん聴きにいきます。
今年1枚出す予定とのアルバムを待って、
たぶん収録されるでしょうからゲットしたいと考えています。

9日は関西では「宵えびす」、
NP仕事帰りに西宮神社に寄って帰る予定です、
また当ブログにルポ記事寄せます。

「えべっさん」の「本宮」(10日)の日に、
「第三回NP組ネット句会」の入賞入選発表をします。


最後に、
2019年NP賀状を右に添えました。
下方には印刷で小さく、
I wish you a year filled with peace, 
good health and happiness.
と記してあります。


遅まきながら、
もう一度新年最初の日の原点に立ち戻って、
心あらたに一日を始めたいと願っています。


今日も当ブログにお越しいただき、
「ありがとうございます」。
ジェット雲のような「志」を抱いて、
学習に仕事に家事に、
頑張れますように。


久し振りに「ライトモティーフ手法」(小主題連鎖)でお送りしました。

では、
「行ってらっしゃいませ」。
(^^♪   (^o^)丿




DSC_3902
DSC_3903
DSC_3904
DSC_3905
DSC_3906
DSC_3907
DSC_3908
清流住吉川の今朝の顔
数日来天候は安定せず
それゆえか濁って沈み
かえって轟音が弾けて
包まれているようです


今朝は序破急のリズム
ウォーキングから入り
スロージョギング経て
ウォーキングに戻って
計1時間のコース実践


ちょうど折り返し点の
真ん中で橋上に出ると
「謎のクエッション」
これは別稿で別謎との
対決シリーズにします



サウンドセラピー
マイナスイオンの
あふれるあたりで
ここ数日間続いた
落ち着かぬ気持ち
自然に静めました


「自然」は『こころ』
の重要キーワードです
「天然」自覚するNP
「自然」再認識します


住吉の名は
「住み良し」
「澄み佳し」
古来清流に
ふさわしい
言の葉です


その近くに住んでいる
こころも又澄んでいる
かくありたいと願って
降り始めた小雨の中を
ウォーク・ドント・ラン*


帰宅後に古い本を探し
読み始めて衝撃爆弾💣


なんと不覚にも涙…🌊
この本を貸してあげた
大昔の教え子さんの✒
書き込みが入っている


何てこった‼‼
パンナコッタ


イタリア洋菓子
パンナコッタを
高カロリーなど
気にせずチョコ
で食べたくなる
それぐらいの💥


かえって心が心が
落ち着かなくなり
何という謎の謎の
すとおりいなんだ


とまあ読者のかた
これがあの有名な
ライトモティーフ
手法なんですよね
・・・・・・・・
失礼いたしました



*ウォーク・ドント・ラン・・・(Wikipediaより)
① (英語: Walk, Don't Run) は、「歩け、走るな」という意味の英語の語句。
日本語のことわざ「急がば回れ」に相当する表現。
②『ウォーク・ドント・ラン (書籍)』 - 1981年に刊行された村上龍と村上春樹の対話集
③原題が「Walk, Don't Run」
『急がば廻れ』 - 1955年に作曲され、1960年にザ・ベンチャーズがヒットさせた曲
『歩け走るな!』 - 1966年のアメリカ合衆国の映画

DSC_3909

DSC_1712本日四月五日付の各紙。
DSC_1711
関西というよりは阪神地区ですね。

右上・スポニチ(毎日新聞系)
右下・ニッカン(朝日新聞系)
左上・サンスポ(産経新聞系)
左下・デイリー(神戸新聞系)


NEO‐ONO‐OHTANIで「連鎖」。


【第一面】
四紙全て阪神の小野

【最終面】
三紙大阪桐蔭&根尾
一紙エンゼルス大谷






皆さんの住んでいらっしゃる地域は今朝いかがでしたか?

・・・・・・・・・・・・

陽暦4月5日(木)からは二十四節気の「清明せいめいにあたり、
“天地万物の気が満ち、清く明らかになる頃”です。

本年の場合は、
陰暦で「如月きさらぎしもの頃」(二月下旬)十一日間と、
「弥生やよひかみの頃」(三月上旬)四日間との、
合わせて十五日間が「清明」で、
陽暦4月5日から4月19日にあたります。

次の二十四節気は、陽暦4月20日からの5月4日までの、
十五日間を指す「穀雨」で、
陰暦だと弥生中の頃(三月中旬)から下の頃(三月下旬)にかけてになります。


陰暦三月下旬(三月二十七日)その日に、
松尾芭蕉は奥の細道の旅に出ます。
陽暦では、
さらに次の二十四節気「立夏」の候です。
穏やかな「今の五月晴れ」(昔の五月晴れは「梅雨の晴れ間」)が続く、
絶好の行楽シーズンだったことになります。

しかも東北へと北上してゆく、
安定した「若葉前線」と共に、
作物の実り予想を追いかける、
強かな計算もまた見られます。

詳しくは (^^)/ 、
当ブログのカテゴリーのひとつ、
“ 芭蕉と「奥の細道」” をご覧いただければ嬉しいです。

【Word chain しりとり】
またまた「ライトモティーフ」してしまいました。
「重要素材・小主題」の「連鎖」のことで、
当ブログタイトルになっています。







このページのトップヘ