NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

カテゴリ: 音楽

1959年11月横浜市生まれで横浜市在住の
作者の第五句集で2017年5月の初刊です。

栞(しおり)を杉山久子さんが「新しい音楽」
という題名で書いていらっしゃって…句集
のタイトルに因んだものでしょうが音楽の
素材句を挙げられているのではありません…。


とても興味深く思えたので「音楽素材句」
数えてみました… おこがましくも比較です。

『音符』全350句中に33句
『蒼穹』全121句中に12句

比喩的に用いたものや脇役・端役も含めて。

確率的にはほぼ同じ頻度でした… 33句から
特に心に響いた新しい音楽の句を撰ぶと…
ある特徴に気付きました… さて何でしょう。


ハーモニカにあまたの窓や若葉風
漆黒の楽器ケースやさくら散る
ピアノ弾くごと指動く昼寝の子
シンバルの連打のやうな残暑かな
トランペットより薫風の生まれけり
ティンパニを叩けば風の光り出す
カスタネットまでたんぽぽの穂絮飛ぶ
天使像のラッパ上向き夏に入る
チェリストの深き一礼星月夜
葱提げてピアノ奏者の帰りけり

(金子敦 2012年~2016年)


そうです
音楽素材の中にほぼ3割の確率で
「楽器素材」が実景的に登場です。


印象的👀
大変バラエティー豊かと言えます
これだけの楽器を鏤(ちりば)めて
視聴覚と心に響かせてくれるのは。


NP句集は
ピアノ・クラリネット・チェロ…
まだまだですね…3割超バッターと
2割台半ば… そういう問題ではなく😅
もちろん内実に雲泥の差があります。


ところで
金子さんにフェルメールの句があります。

フェルメールの光を曳いてゆく螢
(2012年)


これはNP的には「絵画素材」の他に
「光素材」と「虫素材」を活かした
とても複合的な着想かと思われます。

【春来たりなば遠からじフェルメール】
(『蒼穹』春の部の二句目)


やはり実景・実体・実写を大切にして
楽器にも昆虫にも触れてゆきたいです。


【四季を越え電子ピアノの冬籠(ごも)り】

【山笑ふ迄にピアノの弾き語り】


これでも「知行合一」目指しています…😞💦
金子敦さんと楽器の話題が出来るくらい
になれたらいいな(あくまでも話題レベル)。

IMG_20201014_084408










「クラシック音楽館」でN響9月23日公演
下野竜也さん指揮のシューマンを聴いて
います… ホルンが主役の心落ち着く曲で
「四本のホルンのための小協奏曲」から
入りました… 下野さんはニシキタの芸文
ホールで小柄ながらがっしりキビキビと
した指揮を拝視聴したことがあります。(^^)/

ホルン主席奏者がいて四本四人のホルン
がオーケストラの中央に立つと壮麗です
… 動き調べも一律ではなく細かな連携が
楽しめます… ホルンと言えば松岡たけを
先生の「月白やホルンを復習ふ人のあり」
(2016年作 月白:つきしろは三秋の季語で
NHK俳句年間佳作に入選、復習さら ふ)
を想起します… 標題句の長き夜・夜長も
三秋になります… シューマン・クララの
話題等挟んで交響曲第四番に移りました。📯


東京サントリーホールでのマスクの観客
席空け着席が徹底されていて… 早く満席
クラシックコンサートが心おきなく開催
されますようにと… 今演奏が終わり楽器
ごとにまとめて奏者たちが盛んな拍手を
受け続けています… 来月には大阪いずみ
ホール小山実稚恵さんピアノコンサート
(ベートーヴェン)の延期振替があります
… コロナとは無関係に二回チケットとり
ながら行けなかったかたです… 今度こそ。


【ショパコンの無き五年目の秋深し】


番組は武満徹(生誕90年)の紹介録画へ…
指揮演奏で「弦楽のためのレクイエム」
長き夜をゆったり過ごすには余りあり…
「誰もがやりたいけれどやれないこと」
をやったそうです…きっとシューマンも。


【夜長には武満徹レクイエム】


静かな静かなタケミツの亡霊の話題も…
大の阪神ファンだったと… 多面的魅力で
井上陽水氏や映画『乱』との関わりまで。


話題転々とまとまりの無くて
輾転反側(てんてんはんそく)
眠らなくてよい夜ならいいの
ですが…シューマンで始まり
タケミツトオルで終わる夜長。


金子敦さんの第五句集『音符』を入手
音楽モティーフ随所に… 後日御紹介を。


IMG_20200915_082224

米津玄師の8月発売2枚組
新譜から「カムパネルラ」
という…disc1の第一曲目
を聴きながら当記事入力
を始めました… 宮沢賢治
「銀河鉄道の夜」が影響
を与えたもの… (wikipedia)
の最新末尾に米津玄師の
この曲が挙げられていて
偶々『 STRAY SHEEP』を
お借りしていたので「❗️」。

「カムパネルラ」は「銀河鉄道の夜」の
主人公ジョバンニの友人で銀河鉄道の旅
を一緒にします… イタリア語「小さな瞳」
の意味でフランツ・リストの楽曲として
「ラ・カンパネラ」がとても有名です。🎶
こちらは辻井伸行さんの演奏が素敵です。🎹
wikipediaの「カムパネルラ」の項目には
今 リストの次に米津玄師が挙がります。👁️

IMG_20200915_082324
前日記事のさだまさしさんは4月発売の新譜
『存在理由』の第二曲目に「銀河鉄道の夜」
という曲を置き コンサートでも宮沢賢治に
強く言及していますが… こちらはまだ上記
wikiには挙がっていません…おそるべしです
余熱剣士… NPの陰暦的スマホでは一番初め
に入力した時 このように出ました 瞠目。👀
(よねづけんし …フリガナは大切😅)


閑話休題(それはともかく)。

IMG_20200915_082116
「それぞれの宮沢賢治展」に臨むにあたり
二冊の文庫本と二冊の評論本を読んでいて
… 先ず文庫本の装丁比べを… 2019年版角川
は文豪ストレイドッグス+天気の子です…📕
2020年版集英社はナツイチ限定よまにゃ。📖

共通収録の短編がひとつだけあるのです。(^^)/

それは「やまなし」です… 興味津々に比較。

ああ… 角川は読み仮名を沢山フリますね…
初出だけではなくその語が出る度に何度も
…でも慣れれば楽かも知れませんね…かなり
簡単な漢字(例:子供、兄さん、安心)にまで
… そうです小さい子供も兄さんに聞かずに
安心して読めますね… 童話に老若男女なし。
集英社は活字は少しだけ小さいのですが…
濃いめの印刷で落ちついて読めます…安心。


全曲聴いて「カムパネルラ」の三回目に入ります。

「あの人の言う通り  いつになれど癒えない傷があるでしょう」

この歌詞に「宮沢賢治の今」をNPは感じます。
「優しい人」だったのでしょう… このタイトル
の佳曲が『STRAY SHEEP』にあり…『存在理由』
では「奇跡の人」… きっとそう あの人はそう…。


あの人は宮沢賢治でもあり
さだまさしさんでもあり
米津玄師さんでもあり
あなたでも私でも…
帰らぬ人でも… 。


~ジョバンニはそのカムパネルラはもうあの銀河のはずれにしかいないというような気がしてしかたなかったのです。~「銀河鉄道の夜 終章」


カムパネルラは川に入り
ザネリを助けたあと姿が
見えなくなるのです… 今
カムパネルラは宮沢賢治。


【賢治忌の近くカムパネルラ遠く】



詞・辞
とも書いて
すべて「ことば」です。

『さだの辞書』という
今年の4月10日に初版
第5刷を重ねている本
を「案山子(かかし)」
モティーフのハンディ
タオルとともに戴いて
読み始め通勤車中にて。

さださんは自粛延期振替など
コロナ下での音楽活動継続中
「存在理由~レゾン・ディートル」という
ツアーコンサート用の新譜CD曲から数曲…
生で視聴する機会に恵まれての果報です。

岩崎宏美さんに頼まれた曲「残したい花について」
照屋林賢さんとのコラボ曲「漂流」とてもよくて
さらには故 中村哲医師に捧げる「ひと粒の麦」等
心をうつ楽曲作りの流れにも沿う一冊のようです。

「目が点になる」に秘められたエピソードや
元ロックギタリストの故 福田幾太郎の言葉…
「君が世界中を敵に回しても、僕は君の味方」
アフガンに命を賭けて撃たれる中村哲さんの
「100の診療所より一本の水路」等 言葉溢れ…😢
さだまさしさんの言葉は誰かの詞や辞を介し
て聞き手に届きます… それは希望と祈りです…。😄


クラシック・童謡・フォークソング
いずれのジャンルの要素にも長けて
スケールの大きな曲からニッチな曲
まで600曲で延べコンサート4429回
を数えるそうです… 本も楽しみです。


【存在の理由何かね秋茜】🎶



🎶秋茜(あきあかね)・・・
赤蜻蛉(アカトンボ)で三秋の季語。

IMG_20200914_063141







そりたきょうへい

25歳で独立事務所

ショパン大学に留学中で
国内コンサートも多数を
こなしてショパコン2020
(実施延期)にエントリー
の日本最高峰ピアニスト
のひとりに間違いなく…。

今 最もチケットの取り
にくいソリストですね。🎹
IMG_20200816_214136
4月4日の兵庫県立芸術文化大ホール
でのコンサートはコロナ禍で中止も
延期振替を人数制限の昼夜二部制に
して8月16日に万全の対策下で実施
…振替の振替で昼間を選択しました。

先日の「情熱大陸」で彼のピアノに
とどまらない熱いミュージシャンと
しての想いやチャレンジ精神や仲間
・ファンへの思いの丈を目の当たり
にしたばかりなので…「熱烈応援」。

四階(実質的には5階)の上方席でも
気のおけない楽友(音楽仲間)とで…

スカルラッティ
(バッハ・ヘンデルのバロック時代の作曲家)
メンデルスゾーン
(ロマン派のワーグナーやベルリオーズ時代)
ショパン
(ほぼピアノ曲のみで32歳逝去のピアノ詩人)
リスト
(村上春樹作中「巡礼の年」ピアノの魔術師)

などなどを
アンコールを除いてはほとんどトークなく
バラエティ豊かに…特にポロネーズ「英雄」
は情感溢れ圧巻で…月並みな言葉「感動」。


標題も月次(つきなみ)句…
帰省できなかった今年の盆休みに
夏期休暇も最後の日の自らの土産
翌日の「振り返りの句」。


短歌はホールの即興で…。🎵

【聴衆に選ばせし後ともに弾く
        反田恭平ショパン&グリーグ】


黄昏時の西北(阪急西宮北口駅周辺)
散策と合わせて猛暑日のひと涼み…
とてもこころおきなく過ごしました。

IMG_20200817_172321



このページのトップヘ