NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 音楽

七月二十四日は河童忌で
芥川龍之介の忌日でした。

昭和2年(1927年)のこの日未明に
東大の先輩の精神科医 斎藤茂吉
(歌人)処方の睡眠薬を過剰摂取…
享年35歳は「筋のない小説」の
文学論争相手谷崎潤一郎の41歳
誕生日でもありました…「河童」
「歯車」は没年に記した代表作。


標題は『朱華』所収句なのです
が… プレリュード(前奏曲)多く
終曲なきイメージの芥川… 等と
恣意的な素材寸評を付けました


終曲とは交響曲・協奏曲・組曲など
多楽章形式の楽曲の最終楽章で 又は
オペラの各幕の最後の曲 フィナーレ。

モーツァルトも35歳で1791年の冬に
病没していますが三大交響曲は1788
年夏に一気に完成しています… 特に
41番(ジュピター)まである交響曲で
二曲しかないマイナー(短調)は25番
と40番(7月25日完成)…マリナー指揮
サントラの大ヒットした実写版映画
『アマデウス』でも知られる名曲…。


芥川は師である夏目漱石のような
(連載)長編を書きませんでしたが
… 近代日本文学を代表する名文家
たぶん最高峰かと思われます。🗻


芥川には夏モティーフの作品が少なく
夏が嫌いだったとも言われています…
昭和2年の夏はとりわけ暑い夏でした
… 内田百閒(ひゃっけん)曰く自死理由。


【歯車の浮かんで夏の幻視鏡】


今、河童忌の翌朝早く、95歳の指揮者
ブロムシュテットによる交響曲をBSP
で視聴しています… ベートーヴェンの
第2番で更に第3番「英雄」続きます
2020年夏ザルツブルク音楽祭の録画
ですが…93歳にして矍鑠(かくしゃく)。


なにからなにまで芥川とは対照的な
世界が此処にはあるように思えます。


【触れないで そんな生き方して晩夏】
(『朱華』追悼 より)


【翌朝は英雄シンフォニー   河童忌】



百八十年前の超絶🎹


wikipediaでフランツ・リスト(ドイツ語) もしくは
リスト・フェレンツ(ハンガリー語)を繙(ひもと)く
と…そのピアノ演奏技術のまさに超絶エピソードに
圧倒されます…フレデリック・ショパンも呆れる程。

「旅人のアルバム」として1842年の楽譜出版以降
20才代〜60才代に断続的に作曲された「巡礼の年」
そのモティーフで宝塚の花組が大劇場公演中です。


本公演を鑑賞して…花組トップの柚香光(ゆずかれい)
さんがリスト役で冒頭から何曲(?)か弾き語りという
その超絶演技を目のあたりにして…いよいよ新人公演
が楽しみになりました…本公演の合間に一回のみ同じ
演目を新人(入団1年目〜7年目迄)だけで大劇場平日の 
宵にそのまま公演するのですが… そのリスト役がNP
イチ推しの「侑輝大弥(ゆきだいや) 」さんなのです。


このジェンヌさんを教えてくださった
同じダイヤファンのかたにいつも感謝
しながら… ヅカファンのひとりとして
期待と歓喜と恍惚その他にも沢山沢山
「わくわく感」を味わいつつ「待ち」  
… 入待ち出待ちが自粛されるなか只管
(ひたすら)「新公待ち」本当に楽しみ。



【梅雨寒に只管待つは新人公演】


この巡礼の年スイスの第8曲「郷愁」が
村上春樹さんの『色彩のない多崎つくる
と、彼の巡礼の年』の重要モティーフに
なるのですが…それはまた別のお話で。📕




DSC_0387~2




ピッコロ:小さいイタリア語

この名を冠した舞台劇場で
大中小三つのホールがあり  
NPの元ピアノ先生の主催…

落第生でしたが音楽談義は
とても愉しく想い出します
小ホールでのクラシック♫

尼崎市JR塚口駅から徒歩で
数分その前に… 早く着いた
ので近場の上坂部西公園へ

ヤマザクラもハナミズキも
青葉繁れる頃… 風に揺れて
近松門左衛門の墓も近場に


祝日昼間のコンサートは
今回無料で寄付歓迎型♫
奏者は四人の達者お仲間

ヴィオラorヴァイオリン
フルート(14金と18金👀)
オーボエandピアノ伴奏

フランツ・シューベルト
「軍隊行進曲」で始まり
時節柄ドキンとしました

… しかし穏やかで優しい
曲調のラインナップ安堵
平和とは安寧とはと自問

ディズニーメドレーあり
ミッキーマウス・マーチ
まさかのミズノくん連鎖


アンコール二曲目これも
シューベルト… 祈りをと
「アヴェ・マリア」終演


憲法記念日の五月三日で
朝日新聞阪神支局襲撃の
事件のことは忘れません

三十五年前の出来事です
コロナ禍ウクライナ侵攻
今年も献花に行かず終い
  

【森林浴 音楽浴 五月三日 阪神支局襲撃事件】


DSC_0234

DSC_0235
DSC_0236
DSC_0238
DSC_0237
DSC_0244~2















 


アンサンブル・フロット追いかけて

 
過ぎし平日の兵庫県立芸術文化センター
小ホール… 阪急西宮北口駅下車改札直結

高曲伸和さんはアンサンブル・フロット
主宰の音楽監督で指揮者でバリトン歌手

11月11日には個人リサイタル開催決定の貴公子

… このコンサートでも司会で
楽曲説明ユーモアとウィット
チェンバロ&ピアノ藤渓優子 
プロデューサーとの掛け合い。

二台のグランドピアノ対峙演奏も
ソプラノやクラリネットも勿論の
すばらしさ愉しさでしたが… 高曲
さんのヘンデル・オペラやアリア
の「意味」寸評が面白く… バッハ 
の貧乏子沢山(20人)に比して商才
など… 作曲家や演奏家の裏事情が
たくさん学べて遊べてクラシック
は…このかたに今はなきクラシック
バー「ピアジュリアン」でお会い
してから… はっきり変わりました。


これからも目立たぬように追っかけ
… プリンスタカマガリアンサンブル
フロットの後援会会員3年目です…
あたかも「中納言殿参らせ給ひて」
「いみじき曲をこそ得て侍れ」と…
西暦1001年完成説のある『枕草子』
の「扇の骨」の如き錬金術師です。


【春は宵 一千年後の中納言】


DSC_0218~2

プリマヴェーラ

イタリア語で「春」の意味で
スペイン語・ポルトガル語も

ルネサンス期の名高い画家…
サンドロ・ボッティチェリの
1482年頃の絵画作品の題名

コンサート名はフライヤー上では

プリマヴェーラ「春」に寄せて…

バリトン歌手高曲伸和さん主宰の
管弦楽アンサンブル・フロットの
神戸聖愛教会の春宵コンサートを
今年度二つ目のクラシック鑑賞に。

管弦楽と声楽合唱の2団体を擁し
特にコンサートミストレスである
第一ヴァイオリン喜多ちひろさん
象牙部特注フルート榎田雅祥さん
に注目しました… 指揮は高曲さん
トークと立ち居振る舞いも極上…。


ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲
『四季』から「春」はやはりこの晩春
聴くに相応しく… 標題にあるバッハの
カンタータ(声楽曲)「私は満ち足りて
いる」はたっぷりと聴きごたえがあり
…バッハルベルのカノンとジーグ(輪唱
型声楽曲とバロック舞曲)も軽やかで
楽しく…締めはバッハの序曲(フルート
協奏曲とも)…中原中也の「春宵感懐」
のような時間が流れてゆきました。


たまにうつらうつらとしてしまい… 
バロックのポルトガル語原義である
「歪んだ真珠」という秩序と運動の 
二律背反的な意味に抗(あらが)って
おりました…(単に心地よい睡魔が(^_^;)。


阪神タイガースはこの夜完勝
まさに私は満ち足りている…
が オリックスバファローズは
逆に完敗…私はいい方をみます。


【聖と俗ふたつの春のカノンかな】


また切れ字をおいて満ち足りてしまいました
この切れ字の特性は「満足感」という魔性…


かな!?

DSC_0208~2

このページのトップヘ