NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 文学

『若い読者のための短編小説案内』(1997年)
で村上春樹さんが若い人達に推していた中の
一篇 安岡章太郎「ガラスの靴」…これは凄い。

発表されたS26年(1951年)から70年を経て
古臭い感じが全くしないこともそうですが
… 村上春樹さんの作品だよと言われても…
あ~そうだよね~そんな感じがするよね~
と言ってしまいそうな…まさに「感じ」。

「感じ」の英語訳は
feel(feeling)
impression
sense(sensing)
perception
effect
imaging
touch
などが挙げられますが
「心」の
mind/heart/spirit/soul/feeling
同様に使い分けが難しそうです。

おや…共通しているのが feeling ですね。

何はともあれ
「熊」の話から入るのは
川上弘美さんの『神様』もそうだし
ああ、川上さんの感じも春樹さんと似ている
ところがありますよね、心の赴くま まの部分。🐻


村上春樹さんの熊と言えば何と言ってもあの
『ノルウェイの森』(下)に出てくる「春の熊」
の話… 緑に僕は「春の熊くらい好きだよ」と
言いますよね…まったく意味ワカランジェロ。

フィーリングとしか言いようがありません(?)。

安岡章太郎さんは70年前のまだ太平洋戦争の
影が作品内にもある一方で…「熊に会いたい」
という悦子と僕の電話での対話から入ります。

うわあ、ぶっ飛びますね…「第三の新人」は
遠藤周作・吉行淳之介はよく聞きよく読んだ
記憶がありますが 安岡章太郎…村上春樹さん

きっと「鏡」のように思えたのではないかな
… 自分の姿を写しながら自分では無い別もの
を見せられてしまう「怖い話」…そうです…
『カンガルー日和』の中の一話…当ブログの
本日のオチは文庫本の二十数ページの標題
の「ガラスの靴」を脱ぎ落として行ったこと
が…「鏡なら、あすこに大きいのがあるぜ。」
というエンディングに繋がっていく奇遇の話。

だから…一寸怖かったのです…その件(くだり)。

「悪い仲間」は全くハルキ的ではないようで
この二作を併題にした講談社文芸文庫も凄い。


オリックス・バファローズ パ・リーグ優勝の
10月27日は「文字・活字文化の日」なので…
10月27日〜11月9日の二週間は「読書週間」
…素敵な一本と邂逅(かいこう-巡り逢い)を…。


【脱ぎ捨てたガラスの靴に柳散る】


柳が散り始めると秋も終わりますが
読書の秋は初冬へとまだまだ続いて
心に柳葉は散り積もってゆきます…
本当は若い時に読みたかった本との
逢瀬はあたかも「巡礼」を想わせて
…ガラスの靴を拾いたくなりました。


IMG_20211028_120441








読みさしていた「流転の海」シリーズ
第六部『慈雨の音』に…季語でもある
慈雨の晩夏に… 還ったのはよいのです
が… なかなか流れるようなマイペース
には戻れません… 登場人物が多くて…
それだけで別冊読本が出ているくらい
… ネット上にも「登場人物が多すぎて
メモしておかないと人間関係がわから
なくなる」という記事があり… 克明な
一覧表をこのシリーズをレンタル読み
させて貰っているかたに戴きました…。


流転の海にも…というのはハルキ関連
にも還りましたからね…ショパコンの
「名残り読み」も続いていますが…。📚️

併読の妙味は齋藤孝先生(明治大学の
文学部教授60歳)の諸々の本で学んで
かなりノウハウ&キャリアのあるNP。


ブランク読み
レンタル読み
名残り読み
併読
そして
苦戦読み

…も亦(また: 実に)愉し。📚️📚️


【ジェイアールグレイに慈雨の音遠く】


読みさした直前のシチュエーションに
還ってゆくのもマイペースに戻るコツ
のひとつ… 物語は特に… あと少しです。

DSC_4786

読み直すこと小確幸と


映画二作を梯子しました…ミント神戸にて。

午前『マスカレード・ナイト』(129分)
午後『燃えよ剣』(148分)


監督は
鈴木雅之さんと原田眞人さん

主演は
木村拓哉&長澤まさみさんと岡田准一さん


原作は
東野圭吾さんと故 司馬遼太郎氏


読んでいた夏の栞を挟み直しました。


小確幸という村上春樹さんの言葉を
教えてくれたひとと一緒だったので
まさに小確幸でした… 映画と原作の
違いとかどちらがいいとか話題には
事欠かないのですが… どちらも幸せ。


明け方の激しい雨はすっかり上がり
青空には雨雲ではない白い綺麗な雲
天使の梯子らしき雲間の光も射して
… 人は空をゆっくりみることも忘れ。

急に寒くなりましたが心あたたか…。


【秋の日の天使の梯子まず映画】


IMG_20211018_051007




小川洋子さんの短編集『海』に
「鳴鱗琴」めいりんきんという
海風の音が描かれています… 渚
まで住吉川を下りゆき夕刻悠遠
… サウンドセラピーに浸っては
汽水の川の匂いと潮の香りとを
嗅いで暫し文庫本を味わって…。


【幻よ醒めないで秋は夕暮れ】

【スピッツの渚音打ち寄せる秋】


[追記]
数日来ずっとピアノの音ばかりが
(ショパコン一次予選中だった為…)
頭に谺(こだま)していたのですが
… やはり音は心で味わうものだと
教え子「ピアノ命」さんにあらた
めて教えてもらいました… この渚
で心に響いたのはスピッツであり
ジョー・サンプルのジャズピアノ。🎹


【渚にてジョー・サンプルの響く秋】


DSC_4742
DSC_4743

正確には黙読しながら黙食監視

教室の昼食風景は徹底的に静寂

あたかも「注文の多い料理店」

職員室に戻り無糖紅茶でひと息


賢治は生前に唯一の詩集刊行物

『春と修羅』と唯一の童話集の

『注文の多い料理店』あるのみ

詩集とは言わずに「心象風景」

風景にはスケッチと読みを振り

1000部刊行が売れずに不遇で

しかし志の高さと多彩な才能

作曲もチェロも俳句も嗜んで

昭和8年(1933年)9月21日他界

法華経をこよなく信じながら

急性肺炎37歳で妹に続く逆縁


今週は「文庫本詩集」を読み

世界の幸せが自分の幸せとし

ほんとうとまことを童話化し

雨ニモマケズを手帳に記した

賢治の遺業を偲ぶ週にそして

神戸市東灘区 南天荘画廊での

「それぞれの宮沢賢治展」の

出品作を仕上げ搬入展示へと

俳画小色紙と俳句雑誌「奎」

を用意(十連句と賢治と俳句)


【翡翠と山梨賢治季を越え】


かわせみとやまなしけんじときをこえ


今宵満月見られそうになく

十六夜に望みを繋ぐことに


【月夜にはでんしんばしらよくみえる】
(「奎 2021年9月号」 賢治十連句より)


IMG_20210921_181037















このページのトップヘ