NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 文学

『流浪の月』は2020年本屋大賞受賞の
凪良(なぎら)ゆう さん原作小説であり
5月13日の金曜日仏滅にロードショー
封切の映画タイトル…二時間半の長編。


こんな斜め読みをしました…
序盤の数十頁を事前に読んで
止めて映画鑑賞後には終盤の
数十頁を読んでから… 中盤を
駆け抜ける映画イメージ読み。


小説にも映画にも内容的には
敢えて触れませんが… 標題の 
句のような想いを強く感じた 
ことです… そう言えばこれは   
佐藤正午さんの直木賞受賞作
『月の満ち欠け』(2017年作)  
と「縦読み」が出来るのかも
知れません… 罪の意識と愛惜。


ロードショー初日の初回で一番めの
入場者として先日の『余命10年』と
ほぼ同じような位置(前から二列めで
やや左寄り)…しかし場内にはほんの
数名パラパラぐらいで…流石13日の
金曜日…NPは鑑賞後すぐに講師勤務
の高校の学園祭に赴いたのですが…
心にはずっしりと重いものが残り…。


広瀬すずさん松坂桃李さんに
横浜流星さん多部未華子さん
役者魂… これだけは非小説的。


これは確かに「普遍」かも知れませ
んが…「熱涙」の感動とは凡そ異種
…それでも惹かれるのは何故なのか。


【走り梅雨 想い出が溶け込んでいる】🌊


🌊走り梅雨…
初夏の季語で五月中旬〜六月
上旬にかけての 梅雨の予告編


DSC_0292
DSC_0295

文学にある普遍なるもの


縦に読む…
同じ素材の別の本と併読

横に読む…
同じ筆者の別の本と併読

斜めに読む
同じ原作を別の形で鑑賞

文学への対比的アプローチ法
三種の方法論をトリプルで…


まず
ロシア対ドイツの戦争

次に
自律神経に関する考察

この二つはスリリングに実践中

三つ目は本日封切の映画で試行
(後日詳報)



【文学は普遍 蚯蚓の出る頃に】§


§蚯蚓(みみず)・・・
七十二候で初夏の次候になる
「蚯蚓出」(きゅういんいづる)
今年は5月10日〜14日で 今… 
ミミズが地上に現れ始める頃


自律神経の本も文学?
映画の台本も又文学?

普遍があるなら芸術?

DSC_0290~2
DSC_0291~2

当ブログ2021年4月19日記事に
宮本輝さんの自伝的な大河小説
『流転の海』シリーズの文庫本
第一巻『流転の海』読み初めの
記載があり標題句迄… ほぼ一年
越しに熟読を卒(お)えて感無量。
 
単行本は昭和59年(1984年!)に
初刊が出て平成30年(2018年)に
最終第九巻『野の春』完結刊行
されましたから34年に及ぶ大作。


今から38年前のNPは「オロカ」
でした… ほんとうに(T_T)まさか
このキーワードに最終巻で巡り
合うとは… ベタですが涙腺崩壊。😭

今 KissFM Kobe(89.9)で 未明の
ミッシェル・ポルナレフ等特集
を聴いて…ヒット曲(日本だけ?)
「シェリーに口づけ」(1972年)
…この五年後1977年に宮本さん
『泥の河』(太宰治賞)デビュー。


時を超える旅は 文学も音楽も…
芸術って「普遍」なんですねえ
… このシリーズをNPに「推し」
薦めて下さったかたに 只感謝。


【母の日の一冊 主人公は母】


[追記]
😭「熱涙」という言葉で
『野の春』文庫本巻末の
解説文を書かれた俳人の 
堀本裕樹さんは表現して
います… 37ページに及ぶ
心の丈を熱く語る こんな
壮大な解説を読んだこと
はありません… あたかも
宮本輝さんの37年の長き
に亘り書き継がれた大作
への最高最大の敬意の様
に思われてならないです。


DSC_0267~2


1日と15日に出ます…一冊450円のうち
230円が路上販売者の収入になります。
NPの場合はJR神戸線の住吉駅改札前
で買い求めます…手売りと通販限定本。

年度始めで穀雨翌日の雨の午後… やっと
いつものポーズ(^^)/ を見つけ 4月1.15日
号を入手… 助かりますと言われました… 
こちらこそ… アカデミー賞の助演女優賞
(2020年『ミナリ』) ユン・ヨジョンさん
と「カムカムエヴリバディ」主題歌記憶 
に新しい「アルデバラン」のAI さんです。

まずはウクライナにどう斬り込んでいる
のかが読みたくて… でも表紙記事になり
…戦争の前で映画や楽曲は有効なのか?
…サルトルの「飢えた子どもたちを前に
文学は有効か」を想起していましたが…。

正確には以下のような実存主義からの言葉です。

《『ル・モンド』紙は、女流記者ジャクリーヌ
・ピァチエによるサルトルとのインターヴィュ
の記事を発表したが、このときサルトルは、

「飢えて死ぬ子供を前にしては『嘔吐』は無力
である」、「作家たるものは、今日飢えている
二十億の人間の側に立たねばならず、そのため
には、文学を一時放棄することも止むを得ない」

と発言して話題を呼んだ。》(ネット記事より)

『嘔吐』は1938年発表のサルトルの小説です…
因みにこの発言のあった1964年に サルトルは
ノーベル文学賞受賞…そして拒否しています。

いろんな思いと思い込みと
憤りと諦めと希望と意欲と
… 錯綜するビッグイシュー。  

『嘔吐』は文学のメトニミー(換喩)。

「ビッグイシュー」は自由平和の
メトニミーになれるでしょうか?


【春雨に ビッグイシューは有効か】



DSC_0194~2

発売日に店頭で購入したのは5年前の2月
『騎士団長殺し』以来のように思えます。

四部作で総括…かどうかは読了しないと 
わかりません…『マスカレード・ナイト』
でコルテシア転勤の山岸コンシェルジュ
が再登場するのか… 新田刑事は昇格して 
いるのか… 更に再再映画化の目はあるか。


スノッブな読み方ですが東野圭吾さんの 
文章文体には純文学の香気があり期待は
高まります… デビュー作『放課後』初版
本を書棚から取り出して… モティーフの
ひとつアーチェリー部のある高等学校に
着任間のない(ここでもNP)今併読します。

『放課後』は1985年9月初刊の第31回
江戸川乱歩賞受賞作… 東野さんは作家
活動37年目ということになり…大阪市
生まれで… 今春に大阪公立大になった
府立大工学部(アーチェリー部)の出身
…日本電装で研究職からの転身でした。

ガリレオシリーズの理系トリックから 
ベストセラー作家そしてロングセラー
連発… 一推しはやはり『秘密』ですね
… 北村薫さん『スキップ』と通底です。


デビューから追っかけの
作家さんはいますか?📚

今追っかけの推しは?👀
推しがいると元気出ます。


画面ではない本はナマモノなのです
読書もまた本のようにナマモノです
仮面やマスクを外して読めますから。


【人知れず マスカレードマスク外す】


二十四節気「穀雨」翌日は傘の手放せない
一日に… こころに潤いのありますように。



DSC_0193~2

このページのトップヘ