NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 文学

東灘図書館でハウツー本を三冊借りています
落語・宝塚・書道… 気分次第で読み分け自在
文学は御影のメトロ書房で見つけた俳句新書。

新刊文庫本『民宿ひなた屋』山本甲士さん作
舞台の佐賀は西九州新幹線かもめにも乗れる
… 一度も行ったことなく何かをサガシたい街。

全巻揃いのコミックス本『きのう何食べた?』
よしながふみさん作20巻めの戴きもの再々読
… こんなに長く読んでいられるなんてと感慨。

出たばかりのビッグ・イシューはJR住吉駅で
いつものひとから… 三浦透子さん表紙でまた
『ドライブ・マイ・カー』がみたくなります。

そしてこの日の夕刊… これはもう物語の途中
尼崎市出身の堂安律選手をさらに熱烈応援中
トキメキが時を長く生きるコツとチコちゃん。


一年に二回あるかないかの「よめる季」到来。


【きのう何読んだ?答える十二月】



DSC_1477~2
DSC_1478~2

長閑(のどか)は春の季語です… この日 立秋

ロープウェイ山頂駅の千光寺公園には風が

心地よく吹いていて… 陽ざしは強いものの

文学のこみち 上方起点の正岡子規の句碑に

あるように「のどかさ」を感じたことです。


林芙美子が『放浪記』で「海が見える」と

情感を記した海際の街 尾道に暫し途中下車

青春18切符で何度もホームに出入りして…

撮り鉄もやってみました…昼は和食 海鮮丼。


【楠に寒蝉繁し  艮神社】


艮は…うしとらと読みます🐮🐯… 艮神社は

福山にもあるそうで不可思議なネーミング

海鮮丼も艮神社も画像を撮り忘れるほどに

「いいね」でした… 長居せず早々に帰路に。🚊


青春18をとことん味わい尽くすには
まだまだ諸状況に理あらず利あらず
… 広島でも尾道でも痛感しました。


🐮🐯艮(うしとら)・・・
①もとる。さからう。 類 很(コン) ②とまる。とどまる。
③易の八卦(ハッケ)の一つ。山・止まるなどの意を表す。
④うしとら。北東の方角(陰陽道の鬼門)。 
[kanjipediaより編集]


DSC_0791
DSC_0794
DSC_0787
DSC_0786
DSC_0807

筆者の根本的なスタイルである
衒学的な文体は変わりません♠
から読み慣れるまでに少しだけ
我慢を要しますが… 面白いです。

時代が思想・言論統制を課する
蒼ざめた時代なら… 発禁処分に
なるようなそんな気もしますね
… 付随して当ブログも閉鎖命令。


まだ大丈夫… 今のうちに表現と
思想信条の自由の意味を確りと
担保しつつ… 権利それには責任
と義務も付随するのだという由。


愚民にはパンとサーカスを与えておけばよい
… まさかとは思いますが為政者や権力者には
こんな驕りがあるのでしょうか…クライシス。


長い(557頁…ハードカバーの美麗表紙と帯付)
高い(税別2500円… このボリューム→コスパ)
濃い(いろんな意味でコアな中身詰まった感)


著者は帯裏で
『罪と罰』『戦争と平和』と並べ挙げます
「小説でおこす革命!」という大キャッチ。

世相は明確に国家主義的な論調に舵を切り
治安維持や安全保障の危うきを声高に叫び
専守防衛など綺麗事に過ぎないと… いつか
来た道いずれ行く道に差し掛かっている?

それをまず「メタバース(架空世界)」的に
体験体感させてくれるレアな一冊ですね…
2022年3月22日初版で埋もれていたかも🤔。


この数週間の明らかに異常な風潮に対する
アンチテーゼの提唱警鐘となりますように
…まだ中程までしか読んでおりませんが😅。


読みの途中だからではなくて
本の推薦に勇気を要する時代
… 戦争反対という当たり前の
ことを言いにくくなるそして
言えなくなる… 油断禁物です。


【あの夏が来るのですかと問う勇気】


画像横の
ちょっと相当洒落たメタリックなブックマーク
… シンガポール帰りのトリリンガル(独語と英語)
教え子さんの手土産で五ツ星ホテル ラッフルズ
オリジナルグッズ…自慢する勇気に価します(^^)。


♠衒学的(げんがくてき/ペダンティック)…
自らの学識や教養をひけらかし物知りぶる
ので、相手からは嫌がられたり けむたがら
れたりするような態度。


DSC_0677~2


送料は無料です。

出版社への直接ご注文も
宜しくお願いいたします。


KSTプロダクションの社長さんは
時岡伸行氏でパーカッション奏者。


【温風の音 時の岡より至る】


昨日7日から11日までの五日間は…
七十二候「温風至(おんぷういたる)」
で 暑気に入り温かな風が吹く頃です。


今回も鑑賞文をお願いした桑原聡
氏は近代日本文学の研究者です…
イラストレイターあしひこさんの
挿画は意外性と将来性に溢れます。 


是非共 皆様には出版社へもご声援を。


Screenshot_20220707-042211~4

はねず

ご声援を賜りますように…
心よりお願い申しあげます。

Screenshot_20220707-042211~2

Screenshot_20220707-042211~4


このページのトップヘ