NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

カテゴリ:

オレンジ色のキバナコスモス

かがやきという名のヒマワリ
(たぶん)


夏の暑さに強い…
どちらもキク科で
前者は仲秋の季語
で「秋桜」があり
後者は三夏の季語
俳句には出来ずに。

一学期仕舞い仕事
その旦日(たんじつ)
… 早朝にして翌朝。


【旦日におつかれサマータイムブルース】


IMG_20200808_073129

IMG_20200627_201848
リアトリスは別名 麒麟菊…
夏の花ですが季語では無い
のかも知れません… 只最近
西東三鬼の『神戸・続神戸』
にとても惹かれているので
ふと 無理矢理にリアトリス
の細長く尖(とんが)った紫
の花のイメージを重ねて…
さらに花言葉「燃える思い」
と「長過ぎた恋愛」の両面
を やはり三鬼にみるような
「新興俳句」のサル真似。🐒


いつか「京大俳句事件」即ち😲
1940年2月~8月にかけての
治安維持法「新興俳句弾圧」
のことを当ブログで記したい
と考えていました… その時に
逮捕された中心人物が三鬼
(自身は日本歯科医専 歯科医)。


この復刻版(一年前7月1日刊)
には勿論の神戸モティーフも
沢山詰まっていますが解説を
森見登美彦さん(京大農学部)
が書いていることで繋がり…
それは「幻想的」ということ。

その幻想的な異空間に連れて
行ってくれそうなリアトリス。

本日の西東三鬼
綺譚はここまで。




愛用の通勤バッグ上で…
オリジナルブックカバー
素晴らしい…神戸の東灘
甲南商店街 街の本屋さん
コーセイブックスのもの。

まさに戦時下の神戸ホテルで
自己言及世界を無頼に生きて
妖艶に活写する西東三鬼…続。


【菖蒲華(さ)く自己言及のラビリンス】
(早稲田に住む反骨無比の教え子に…)

【五月雨や神戸の海の水枕】*
(三鬼の代表句「ガバリ」を踏まえ…)


*水枕ガバリと寒い海がある
(1940年『旗』三省堂 所収)

IMG_20200627_185049
IMG_20200627_185139

😲・・・京大俳句事件(Wikiより)
新興俳句弾圧事件(しんこうはいくだんあつじけん)あるいは昭和俳句弾圧事件とは1940年から1943年の間に行なわれた、治安維持法に基づく、新興俳句の俳句誌・俳人に対する一連の言論弾圧事件の総称である。対象となった俳人が逮捕され、俳句紙の多くは廃刊に追い込まれた。契機となった「京大俳句」への弾圧事件を「京大俳句事件」とも言う。

昭和8年に創刊された「京大俳句」は「作風と批判の自由」を標榜した。しかし、戦意高揚の俳句作成や使う季語すら国から推奨される時代に、厭戦や反戦の俳句を次々と掲載したことから特高から睨まれるようになり、関係者が次々と逮捕された。

弾圧の対象となった俳句誌・俳人
「京大俳句」(第1次)1940年2月14日
井上隆證(井上白文地)、中村修次郎(中村三山)、中村春雄(新木瑞夫)、辻祐三(曽春)、平畑富次郎(平畑静塔)、宮崎彦吉(宮崎戎人)、福永和夫(波止影夫)、北尾一水(仁智栄坊)
「京大俳句」(第2次)1940年5月3日
石橋辰之助、和田平四郎(和田辺水楼)、杉村猛(聖林子)、三谷昭、渡辺威徳(渡辺白泉)、堀内薫
「京大俳句」(第3次)1940年8月31日
斎藤敬直(西東三鬼)
「広場」1941年2月5日
藤田勤吉(初巳)、中台満男(中台春嶺)、林三郎、細谷源太郎(源二)、小西金雄(兼尾)
「土上」1941年2月5日。
嶋田賢平(青峰)、秋元不二雄(東京三・戦後は秋元不死男)、古家鴻三(榧夫)
「日本俳句」1941年2月5日
平沢栄一郎(英一郎)
「俳句生活」1941年2月5日、7日、21日。
橋本淳一(夢道)、栗林農夫(栗林一石路)、横山吉太郎(横山林二)、野田静吉(神代藤平)
「山脈」1941年11月20日
山崎清勝(青鐘)、山崎義枝、西村正男、前田正、鶴永謙二、勝木茂夫、紀藤昇、福村信雄、宇山幹夫、和田研二
「きりしま」1943年6月3日
詳細は「きりしま事件」を参照
面高秀(散生)、大坪実夫(白夢)、瀬戸口武則
「宇治山田鶏頭陣」1943年6月14日。
野呂新吾(六三子)
「蠍座」1943年12月6日
大河隆一(加才信夫)、高橋凱晟(高橋紫衣風)





































































枚方樟葉の「楠葉朝日」にある
「フローリスト オクダ」の花。

SDGs事務所で二瓶に活けました
…花舗オーナーさんに教えていた
だいた(教え子の教え子になる…)
通りに花の名前をミニスケッチ
付箋に描いて添えておきました。

写生


その事務所でフリーのライター&
クリエイター・プロデューサーで
あるスズキ講師と知己を得ている
のですが…こんな鑑賞のお言葉を
戴きました…「音が生きています」。

音生


前者は俳句創作上必須の重要語
後者は初めてお聞きする批評語。

マイ句集『蒼穹』の句について
「音」に言及して下さったのは
スズキさんが初めてです…音楽
というよりも音なのです…成程。🆕👂️
とても有り難い御指摘でした…。


音生のことは今後考察します…
今日は写生を画像でお届けです
…でも「花には音がない」かと
いうと… それはまた違うような。

名前が付く(わかる)というのは
そこに言葉という音が生まれ…
そして存在となるのではと…。(^^)/


【音として言葉の生まる夏至近し】

DSC_2176
IMG_20200616_172318

IMG_20200616_165801
IMG_20200616_172239






透かし百合にも雨にも負けず

標題は俳句(川柳)で…
七七付けて短歌(狂歌)


いつもの最寄り快速停車駅
改札内花ギャリーに白小菊
と共に…これは小原流です
IMG_20200612_184948
これほどの芍薬を見ると…
牡丹と合わせなかったこと🔘
シェークスピアの『リア王』
三人娘を想起して然るべし(*_*)
👑

【リア王の三女小菊かも知れず】


芍薬は初夏の
牡丹も初夏の
百合は仲夏の
そして・・・
小菊は三秋の
季語…不思議
な語感と季感





🔘・・・【立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花】
芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば。芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向きの枝に花をつける。百合は風を受けて揺れるさまが美しい。
これらのことから、芍薬は立って見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説がある。
また、芍薬はまるで美しい女性が立っている姿のよう、牡丹は美しい女性が座っているよう、百合は美しい女性が歩く姿のようだなど、諸説ある。
単に「立てば芍薬座れば牡丹」とも、「立てば芍薬居(とと)すりゃ牡丹歩く姿は百合の花」ともいう。芍薬も牡丹も共に美しい花で、百合は清楚な花であることから、美人の姿や振る舞いを花に見立てて形容することば。 
(「故事ことわざ辞典」)

👑・・・『リア王』(King Lear)
ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇。全5幕で1604年から1606年頃の作。四大悲劇(シェイクスピア戯曲三八編のうち他に『ハムレット』『オセロー』『マクベス』で、『ロミオとジュリエット』は入らない)の一つ。長女(ゴネリル)と次女(リーガン)に国を譲ったのち2人に事実上追い出されたリア王(最後は狂死)が、末娘(コーディリア⇒フランス王妃となるも、虐待された父を救いに来て、最後は敗戦で殺される)の力を借りて2人と戦うも敗れる。王に従う道化に悲哀を背負わせ、四大悲劇中最も壮大な構成の作品との評もある。
[WikipediaをNP補足]

楠葉は樟葉とも表記し「くずは」と読んで
大阪・淀屋橋と京都・出町柳を繋いでいる
電車の特急停車駅があり駅前に樟葉モール。


京阪電車・樟葉駅から大通りを東方へ徒歩12分
36年前に初めて男子校で専任教諭として担当
した教え子さんの経営する素敵な花屋さん…🌸🌷🌹🌻
「おくだ花舗」があります…20数年ぶりに彼
に会うために…というよりも多分めっちゃいい
花を置いているに違いないという確信を持って
花を求めに行きました…予約内容は「灰白色の
広口陶器の花瓶に合う事務所におくに相応しい」
予算これぐらいのお花を…という具体的なもの。
ええ、LINEですね…家業を継いで現オーナーの
奥田くんは「…お待ちしています」との返信…。


そして当日…彼よりももっと古い教え子さんと
一緒に時を越えるような思いで行ってきました。


素晴らしい…言葉は要らない。

お店も…既に包んでくれていた
お花のセレクションも…元気で
とてもいい「霞草」リクエスト
の付け足しも凡(すべ)て「感激」。

…下方にお店の公式ホームページ
アドレスあります… 今後もNPの
ブログ共々御贔屓にお願いします。


IMG_20200521_093652
IMG_20200521_093924
お店の画像の前に…その後事務所
で活けさせていただき翌日調えた
(サービス満載で入りきらないので
二瓶に分けて活け替えしました。)              \(^o^)/  
画像を御覧ください…下方にお店。

灰白色の花瓶が出石(いずし)焼
灰茶色の花瓶が備前焼作家さん
から直接入手した備前焼です。


【胡蝶蘭半数嫁ぐために置く】

【霞草添へ想ひ出の束を活く】


どちらも花材として一年中ありますが…
胡蝶蘭は季語的には晩夏とも無季とも…
霞草は晩春のものとして扱われています。

それぞれの花言葉…
胡蝶欄「幸せが飛んでくる」「純粋」
霞草「切なる喜び」「親切」「感謝」
「感激」「ありがとう」等沢山です。


《以下はWikipediaより地名「くずは」由来援用
こんな歴史があったとは…調べてよかったです。
【「くずは」には「おくだ花舗」あり夏の花 】》

地名の由来としては、『古事記』崇神天皇条に、武埴安彦命が謀反を起こして崇神天皇の軍に敗れた際に、逃げ落ちた兵士が恐怖のあまり袴に便を漏らし、その場所を「くそばかま」と呼んだものが転じて「久須波(くすは)」になったと記されており、『日本書紀』にも同様の話が登場する。
継体天皇による樟葉宮の旧跡と伝わる場所が交野天神社の北にあり、町村制の村名は樟葉宮の表記を採用している。他に交野郡の郷名などで「葛葉」表記が登場するが、現在ではほとんど見られない。


http://www.okudahanaten.com/

DSC_2038
DSC_2032
DSC_2033
DSC_2035
DSC_2036
DSC_2037
《以下は素敵な公式ホームページからのご紹介…
【母の日は「母の月」なり継続中】》

おくだ花舗は大阪と京都の中間地点、枚方市楠葉のフラワーギフトを得意とする花屋です。開店・開業御祝用の胡蝶蘭・観葉植物等の鉢物やバラをはじめ季節の切り花も豊富にラインナップしており、様々なシーンでお使いいただけます。

初めてお花を買いに花屋さんに来られる方も安心してお越しください!
ご予算と御用途をお伝えいただければ、花屋さんおまかせでご用意できます。入れてほしい花・色目がございましたらご希望リクエスト下さい。

お誕生日(還暦祝い・古稀《古希》・傘寿・白寿を含む)・結婚記念日(銀婚式・金婚式・ダイヤモンド婚式も含む)・開店開業移転リニューアル・退職祝いなどのお店や会社関係の御祝いや、ご法事・命日・亡きご友人への御供え花も御用意させて頂いております。
商品は日本国中から入荷した厳選した花をお客様に提供させて頂いておりますので、鮮度・品質には絶対の自信を持っております。
お急ぎのご注文、北海道・沖縄などへのお届けは花キューピットの加盟店舗からお届けします。





このページのトップヘ