NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 季(とき)

【鬨(かちどき)は四月一日(いっぴ)に決めてゐる】
(『蒼穹』春の部)


標題左句は蒼穹句を口語にしたもので
右句は前日の年度末句と対になります。

しがつついたち… 辞令交付・赴任着任
・在籍異動・入学進級の正式な日付日。

年度始め日にあたり… 本年度もどうぞ
当ブログを宜しくお願いいたします…。\(^o^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・

本と書斎の片付けと整理の続きを敢行

神戸新聞「ひょうご駅散歩」切り貼り

第11回NP組ネット句会 入賞入選発表

ブログカテゴリー「俳句・川柳」再考

春の読書は数学・心理学・サザエさん

合間にセンバツ決勝戦&連敗脱出阪神



【沈黙の春化学物質は怒り】⚓

【なぜ春に人は人をさばくのだろう】

【エイプリルフール・オン・ザ・ヒルを歌う】👯



⚓「沈黙の春」・・・(Wikipediaここをよむ)
『沈黙の春』(Silent Spring)は、1962年に出版されたレイチェル・カーソンの著書。DDTを始めとする農薬などの化学物質の危険性を、鳥達が鳴かなくなった春という出来事を通し訴えた作品。
…本書がDDTの世界的な禁止運動のきっかけとなった点についても、レイチェル・カーソンなどが実際に主張したことは、農薬利用などマラリア予防以外の目的でのDDTの利用を禁止することにより、マラリア蚊がDDT耐性を持つのを遅らせるべきだという内容であって、カーソンはマラリア予防目的であればDDTの利用禁止を主張していなかった。この様に誤解に基づいて「沈黙の春」や作者のカーソンを批判する人間がいる事に対して、ニューヨーク大学のMichael Ward, Bart Kahr両教授らは、カーソンの主張を支持した上で、カーソンへの批判派がDDTの安全性の根拠として今も頻繁に引用する「DDTを添加した餌を与えられたキジでは、そうでないキジよりも卵の孵化率が高まった」という1956年の報告を再検討し、批判派が元データに対して恣意的な操作を行っていることを指摘し、『「沈黙の春」が環境政策に影響を与えることができた時代には、科学と科学者が一般国民から信頼を得ていたのに対して、そのような信頼が低下した現代ではカーソンに対する科学的根拠を欠いた中傷がはびこるようになった』と指摘している。
また、安価な殺虫剤であるDDTの田畑での農薬としての使用は途上国では最近までほとんど減少せず、猛禽類や水棲生物の減少による生態系破壊はそのままで、DDTに耐性を持つ蚊を増やす結果となった。現在では途上国においては蚊帳への使用という限定的な条件でDDTの使用が認められている。
一方、人類史的な視点からは、それまで生態系などへの環境に対する影響自体が軽視されており、後のアースディや国連人間環境会議のきっかけとなった本作は、環境と人間とのかかわりから環境問題の告発という大きな役割を果たし、人間が生きる為の環境をも見据えた環境運動へのさきがけとなったのである。


👯「フール・オン・ザ・ヒル」・・・(同上)
(英語: The Fool on the Hill)は、ビートルズの楽曲。1967年に放送されたテレビ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』の挿入歌で、同名のEP盤とキャピトル編集盤にも収録された。レノン=マッカートニー名義となっているが、ポール・マッカートニーによって書かれた楽曲。
「フール・オン・ザ・ヒル」は、大衆には理解されていないが、実際には賢い孤独な人物について歌われた楽曲。マッカートニーは、1997年に出版された伝記『ポール・マッカートニー: メニー・イヤーズ・フロム・ナウ(英語版)』で、タイトルがオランダのデザイナー集団「ザ・フール」と、同名のタロットカードに由来していることを明かしている。また、本作の人物像については、「マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのような人物のことを歌った曲だと思う。彼を中傷する人たちは彼のことを愚か者呼ばわりしてた。なぜなら彼の笑い方に真剣さが感じられなかったからさ」と語っている。演奏面では、フルートやリコーダーによって効果的な演出がなされている。




本と書斎の片付けを本格的に断捨離的に

SDGs協会への問い合わせにメール対応

北陸の母と遠隔の妹や弟達とzoom面会

サザエさん2021春&数学のしくみ よむ

マイブログ俳句&川柳カテゴリー整理

合間にセンバツ甲子園/阪神タイガース


北陸に「もりもり寿司」という新鮮人気店があり
三宮のOPA2にも入っているとの情報を聞き…🍣
目の回る年度末でしたが…もりもりなんかやって
そんなネーミングの回るお店にも羽をやすめたい

…のですが兵庫大阪厳しく… みなさんよい一日を🌞


【カウンター回るいろいろ回る春】


IMG_20210331_084125


俳句雑誌『奎 17号』(2021年3月)に
「梅さばく」という十連句を載せて
いただきました… 「掲載同人」です
が 厚かましくもこんな句趣をお赦し
いただいています… 恐らく意味不明
(「奎」は季刊… 3*6*9*12月に刊行…
「購読同人」のかたも沢山います…
3月の春号が新年度のスタートかと)。

まずは
一句め

【一月は六十六キロ半背負い】


これだけだと… NPの体重がそうなの
かと思われますよね… もっと軽い…。


ただし
十句め

【春の祈りテンポイントの活字見る】


往年のファンには伝わるでしょうか?


「奎 17号」は手持ち余分あります…
第11回NP組ネット句会にご応募投句
してくださった方がたに全員参加賞
として差しあげます… 後日郵送です。
(結果発表は4月1日予定…お楽しみに)


俳句雑誌「奎」ではコロナ禍での
メール句会やオンライン句会も…
小池康生代表・仮屋賢一編集長を
中心にされていて… 前者にこんな
句を投句のNP…第10回メール句会。


【きりんにのるきりんの夢に初桜】🦒

【自己紹介とても上手いね八重桜】🌸


兼題「初桜」(仲春の季語)で一句
当季雑詠四句の計5句を各同人が
期限までに投句して…届いた一覧
から各自が「特撰一句 並撰四句」
をコメントと共に期限迄に投票…
後日(迅速)結果一覧表が届きます。

すべてインターネットメール活用
… NP組句会も同様のかたちです。


きりんと八重桜の句も又「要説明」
… そうです… どちらも特撰お一人
ずつとっていただきました… 並撰
もいただき… 誰しも褒められると
嬉しく有り難く… ただ句趣句意は
余り褒められたものではなくて…
一月・春の祈りの句と合わせての
当ブログ後日解題お待ちください


でももしピンと閃かれれば是非共
… 下方のコメント欄にご投稿を…
エイプリルフールにはウソのよう
な解題とともに追記事を載せます。


🦒🌸・・・
他の三句は…
【志高くホルンの春を吹く】並撰あり
【辛酸をもう一杯と梅見茶屋】
【鏑矢かぶらやのように新入生となる】


**********************************


高校生俳句甲子園の予告faxチラシ
… 4月6日には「地方予選 兼題」の
三つが発表されます… ネット投句
のかたちで投句審査への〆切りが
5月12日… なんとしても全国大会
松山でライヴでと祈っています…
なんとかかんとかで地方予選への
必要メンバー五人は揃いました…
全国大会に顧問と一所懸命中学生
たち(補助員) とを連れていって。🛐


【松山へこころから松山の夏】🌳


掛詞入っています…川柳かも…。


🌳・・・
あれこれガクシュウしていると
「唐松観音 護国寺」が山形県に
あることがわかりました… 発見
松にしては体力がなく冬には葉
を落とすので落葉松(からまつ)…
秋田県には安産祈願の唐松神社。


【山形へ行きたいから松寺の冬】

【秋田はいく授かるからまつ神社の秋】


追記・・・【ダブル画像思わず力入る春】

IMG_20210329_144014











IMG_20210329_144014
 

「大吉」の御籤は大概そうなっています


大学キャンパスの桜
本館警備員室横の桜
線路沿い通勤路の桜


何かを探し続けていた人へ
誰かを待ち続けていた人へ


信じることさ~🎵🎶
必ず最後に花は咲く~💠🌸


「最後に愛は勝つ」(KAN 1990年7月) は…
『野球少年が夢だった』というアルバムに
入っていた曲です… 30年前ですね絶句です


“「愛は勝つ」と歌う青年
         愛と愛が戦うときはどうなるのだろう”


俵万智さんは第三歌集『チョコレート革命』
(1997年5月)で痛烈に問い掛けましたが花と
花は戦わないので… 必ず最後に花は咲く…の
でしょうか… 信じることですね… 夢はみる
だけではなく果たすもの… サクラ咲く季を🌸


DSC_4127
IMG_20210329_144050
DSC_4128
IMG_20210329_181218


文芸部で俳句甲子園全国大会を目指し
地方予選彦根大会で叶わず泣いていた
二人の女子卒業生が合格進学の報告に
来てくれて… 三人で日替わりうどんを
食べる… アクリル版越し学食対話付き
ちなみにこの日は肉うどんで🎯の日…。


意志の強い二人は医学と日本語学の道
それぞれ歩み始め… 君に幸せあれ~🎵


【このかおりこのハーモニー春の夢】


【君はいま未来を語る春の昼】


春の夢・春の昼共に三春の季語で
通年ある夢・昼が季語化するのは
春だけ… 閉ざされた冬が終わって
到来した長閑(のどか… これも三春)
さが反映… 夢に未来に幸多かれ。✨


そしてセンバツ甲子園の夢もまた
潰(つい)え… また次の夢・未来に…。⚾️


俳句の句作で言うところの
「二物衝撃」… 唐突ながら
「かっぱえびせん二種」…
二人が「にんにくわさび」
なのでは全くなくて… 単に
先日のカルテットの続編…。


日付変更線間際の予約投稿に…🕛️。

IMG_20210323_232604



このページのトップヘ