NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 詩・短歌・俳句

柿と並べて食べずにみてる



それぞれ本場の長野奈良
ようやく秋の季語ふたつ

ラ・フランス(洋梨)三秋
富有柿は晩秋もうすぐ冬

斜(はす)に構えて見れば
フルーツは糖質豊かにも

ビタミンカラーは優しい
阪神タイガースの岩田稔

1型糖尿病と闘い続けて
甲子園で引退セレモニー

サウスポーのスライダー
きっと勝ち星よりも記憶

さようなら… 背番号 21
ありがとう勇気と希望


【ラフランス誰かの癒しと慰め】🍐


【優しさと正岡子規の柿が好き】


🍐・・・
梨の花言葉は癒しと慰め
柿の花言葉は優しさ恩恵

IMG_20211026_231705

兼題の部》
『ハロウィ(ー)ン・万聖節』(晩秋・行事)
『シシャモ・フグ・柳葉魚・河豚』(初冬・食動物)
『ポインセチア・猩々木』(仲冬・植物)
『セーター・カーディガン・外套』(三冬・暮らし)
『オリオン・シリウス・寒星』(三冬・天文)

*カタカナ・漢字・ひらがな
(いずれでも自由)

《自由題・川柳の部》
今回はカタカナ表記の語句を入れて
冬のモティーフ・定型で
(あまり自由ではない)


[投句応募期間]
10月20日「(秋)土用入り」から
11月21日「小雪の前日」まで

[最終結果発表]
12月7日「大雪の日」
(予定:公開互選会を経て)


✳️応募の句数と回数とに制限はあり
ませんが二重投稿はご遠慮ください
又応募資格は当ブログ読者がすべて。


NP組ネット句会は春夏秋冬の各土用の
期間(立夏・立秋・立冬・立春の前日迄)
約18日間+立夏~立春の各候 約15日間
… の四部立てと新年の部で年に計五回。

投句期間は発足当初よりも延長され
変更済です… 投句の応募は当ブログ
当記事以降の下方「コメント欄」に
「俳号」(川柳は柳号)でご投稿を…
「句のみ非開示」で対応いたします
…参加無料で表彰の際にご住所確認。

会員募集 鋭意継続中です。

ご投稿で会員になれます…入会
退会随時ご随意です… NP組は
ネット上の「初心俳句集団」で
敷居の低さには誇り溢れるもの
を目指しております… 投句以外
掛け持ち自由… 各自でのご精励
を念じて… ご投稿お待ちします。


【ショパコンの結果待ち兼題発表】


最終日はたまたま29日でした。

たまたまと言うのは毎月この29日には
詩人里みちこさんの詩語りの会があり
会場の南天荘画廊は参加者の貸し切り
になるからです… 折しも開催中最終日
「それぞれの宮沢賢治展」も重なって
里さんは賢治の話題も随所に入れては
ご自身の詩や外のかたの言葉について
朗読やお話を沢山聞かせてくださって 
… 茶菓子の休憩も挟みあっという間の
魅惑的な二時間でした… NPは初参加。

途中ご指名でイタコ賢治役を演じたり
講話から短歌を作らせていただいたり
… 参加者15名のかたと愉しい集い共有。


里みちこさま  2021.9.29 NP

【湧いてくる水気が勇気
                    里みちこ滔々と詩語り始め】

【雷は田圃に窒素を叩きつけ
                                雨旨き米作ると賢治】

【カ行音文字禍と黙語語りたる
                            哀しき言葉詩人愛しき】 

【モンブランひとつだけをと思い決め
                        ふたつを食べて幸いも倍】

【忍耐は認耐楽に在らませば
                             病の末も命有らまし】

【座にかわる場には言葉の立ちあがり
        書くのではない命で刻(か)くのだ】 



さてさて盛況閉展「それぞれの宮沢賢治展」
…開展前に画廊マネージャーayaさんに撮って
いただいたNPコーナーの画像…賢治に因んで
東日本大震災原発事故関連のチャリティーの
一環でした… お訪ねくださり又作品・冊子を
お買い上げ賜り誠にありがとうございました。


image0 (1)
次の企画展は11月5日〜10日開催予定の
「gogoZINEdays2021.EX」です。🙄(^o^)
お越しいただけるように早めにご案内を
させていただきたいと考えております。


【賢治の忌いつか世の為人の為】
(2020.9)
この「いつかは人のため」は
故新倉和文先生の晩年の言葉…
説明なしで京大農学部で「菌」
研究に勤しむ才媛教え子さん
が落掌してくださいました。


【翡翠(かわせみ)と山梨
    賢治季(とき)を越え】
(2021.9)
有り難いことに画廊主(オーナー)
さまが同じく落掌を…感謝です。


【詩人という仕事愛しき白い秋】


光栄です。


市森くんの前
昼下がりの南天荘画廊に
お見えになりお話をさせて戴きました。


故松岡たけを先生は…
玉手のり子さんのことを
ホトトギスのすごいかた…と
幾度となく仰っていました。


たけを先生はホトトギス(芦屋)の
「無名会」に推薦入会された際に
”プロ野球で言えば関西オールスター”と。

その「無名会」に…たけを先生の退かれたあと
すれ違いで入会されたようです…先月当ブログ
で「廣麗会 合同句集」を頂戴したことを述べ
ましたが…そのお世話役代表のかたで…本来は
「雲の上の人」でNPは俳句雑誌「奎」を介し
ご縁を戴いたに過ぎず…この日有り難いこと…。


頂戴した句集から
NPの好きな句を御紹介いたします…。


「宇宙の言葉」(玉手のり子)

《 海光と言ふ風花の旅の果 》

《 蛍に生まれて広き水の星 》

《 金魚跳ぶ背後の静寂動かして 》

《 胸に降る宇宙の言葉流れ星 》

《 変はりゆく時の序章や初嵐 》

《 満月を宿して青き海の綺麗 》

《 ポケットに何か奏でてゐる木の実 》

《 島よりも硬き一塊冬の雲 》



まことにありがとうございました。

とうろうの じゅすいきょうがくはりがねむし 🧵

元 文芸部長の男子学生教え子さん
「それぞれの宮沢賢治展」開催中
の南天荘画廊を訪ねてくださって…(゚∀゚)

目を瞠る話を聴かせて戴きました。👀

神戸大学の理学部を卒業の年度ですが
京大の滋賀県草津の研究所に進学予定
只管(ひたすら)なハリガネムシ研究譚…
「生物も物理も数学も文学も全部要る」
ぐらいの勢いで語る彼からの約束メッセ
… 研究はオープンでリンク許諾済みです。


【弓張月ハリガネムシに目を瞠り】


9月29日は陰暦の葉月二十三日🌗
下弦の月で… 上弦合わせ弓張月
今宵綺麗な左半月が観られそう。


しかしこうした研究にはゴールや
確たるメルクマール(里程標)など
無いような…実用・応用・実践化
のみえない…あたかも文学の如く
だからこそ 普遍を感じるのです。


それにしても
獅子身中の虫(元仏教語 組織内で害を為す人間)とか
太宰治(元私淑の作家 39歳で玉川上水入水自殺)とか
ハリガネロック(元吉本で7年前解散漫才コンビ)とか
いろいろ連想してしまいました。


ありがとうm(_ _)m… 下記アンダーライン凄いね
俳句と川柳も同じような気がします。٩(๑´3`๑)۶


「僕これが好きです」…と

彼にチャリティー購入して戴いた色紙は

【注文の多い生き方玄鳥去る】でした。


ツバメ去る・燕帰る…仲秋の季語
賢治と新倉先生への追悼句です…。


【生物が好きなんだねえ秋の夜】



NP先生

 

こんばんは、市森です。

本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。
最近は慌ただしく、日々を過ごしていたので、あのような静かな場所でゆっくりとお話しできたのは、非常に有意義な時間で、リラックスできました。

お話の中で出させていただいた、カマキリとハリガネムシについて、先輩が研究結果をまとめた記事のURLを以下に貼らせていただきます。もし何かご不明な点などありましたら、気軽にお尋ねください。
これを機に、カマキリやハリガネムシの面白さを広めることができればなど考えつつ、失礼させていただきます。

 

ハリガネムシは寄生したカマキリを操作し水平偏光に引き寄せて水に飛び込ませる | Research at Kobe (kobe-u.ac.jp)

 

市森
(NP註:いっしん…一心不乱に依拠 ネット句会「NP組」初期よりの同人)



🧵カマキリ・・・三秋の季語
[kigosaiサイトより]

蟷螂(たうらう)、鎌切、斧虫、いぼむしり、いぼじり、祈り虫。
カマキリ目の昆虫。頭は三角形、前肢は鎌状の捕獲肢となり、他の虫を捕えて食す。

このページのトップヘ