NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

カテゴリ: 詩・短歌・俳句

9日に行われた全国高校生たちの
「即吟選手権」の形式をお借りし
決勝トーナメント進出句発表です。
11日~15日を公示期間として
16日結果発表にいたしましょう。

15日までに…ご投句のかたも
それ以外の一般読者のかたも
ご遠慮なく当記事コメント欄
にご意見ご投票お願いします。
(ご投票以外のコメントは
差し支えなき部分のみ掲載。)

入賞・入選は全部で三~四句
と考えております。(^o^)丿

1・2は「流れ星対決」
3・4は「花火対決」
5・6は「手足対決」
7・8は「せみ対決」
9・10は「花茶対決」
11・12は「音楽文学対決」

よろしくご鑑賞ご高評のほど
お願いいたします。\(^o^)/


1 僕は見た深夜三時の流れ星
2 流れ星フライングせし願ひ事

3 友と見る最後の花火消えていく
4 君と見た花火が霞む「先行くな」

5 枝豆や酒と呑み手にへだてなし
6 目を向けば逃げ足はやし夏の鴨

7 老木や生気を宿す蝉の声
 ひぐらしや故人を偲ぶ僕ひとり

9 秋の暮れ咲きつつ散りぬ波の花
10 雨冷えに結界重き茶室かな

11 もみぢ葉や家路のメロディ思ひ出づ
12 河童忌に悪谷崎をねらい撃ち


【観客の無きスタンドに秋の蟬】


この句は…実は当ネット句会を暗喩?
しているのかも知れませんね。(^-^;
盛りあげていただければ嬉しいです。



《追記・・・第八回句会の兼題発表に
「一週前の予告編」がありましたので
そこにご投句いただいた分を今回記事
に再録して予告編自体は手違いにつき
削除させていただきました。m(__)m》



ヒマワリの花言葉は「憧れ」
「あなただけを見つめる」。 

標題の句は松岡たけを先生の
ご縁でホトトギス(伝統俳句)
「九年母」の「五葉句会」と
いう神戸市総合福祉センター
の集会室で行われていた句会
で夏に得た「互選並選の句」。

特選には取っていただけなく
ても… 並選も嬉しいもので…
「曇天に中也の春の黒い旗」
(春の同句会)を取っていただ
いた年配男性に再び評価され
ありがたいことでした… 。☺️


【向日葵を好きなあなたを好きになり】

【向日葵を大好きな人好きになる】



IMG_20200730_154112





宏川 (川柳創作時の「柳号:りゅうごう」)

IMG_20200728_081549

原作ジョージ・オーウェル 漫画
『一九八四年』を読んでいると
こんな川柳を作れば…BB(ビッグ
ブラザー) の逆鱗に触れて拘束
粛清されそうな恐怖が生まれ…。



真理には権力が伴う
権力とは戦術で戦略
ニーチェに倣い
真理とは戦争の
用語で理解する
(ミシェル・フーコー)

IMG_20200726_064233

森泉岳土さんの画くBBは本当に
某宰相にもドイツのタブーにも
酷似していて一種の「恐懼」。😱

1948年に発表されて36年後を
予告予言した作品が…その更に
36年後の2020年にも的中する。


使わないマスクは権力の象徴
備蓄するマスクは大衆の暗喩


祈りを持ちたいけれど
怒りに終始してしまう
一字違いの哀しい時代


【涼しくも祈りと怒り似かよひて】


「涼し」は夏の季語。
秋の涼しさは「新涼」
「秋涼し」「涼新た」
などという。
(歳時記カレンダー)

IMG_20200728_081549

何回見ても
小さいので
悲哀を感じ
またいつか
8000万枚の
一つが届く
「BA」の
二〇二〇年
にゾッとし
涼しいです。






連日
すっきりしない梅雨空が
まだ続いていますが旧暦
水無月二日 新暦7月22日

大暑
兎も片耳垂るる大暑かな
(芥川龍之介) という句を
何度か当ブログで紹介済

芥川
忌日は明後日の7月24日
河童忌昭和二年東京猛暑
最晩年の彼と神戸の接点

谷崎
「小説の筋の芸術性」で
論争相手の谷崎潤一郎は
現在の神戸市本山に在住

自殺
谷崎の誕生日だったので
それは当て付けみたいで
でも谷崎は葬儀へと上京

当時
『痴人の愛』を著しての
谷崎の脚光は精神を病む
芥川には目映かったのか


蒼穹
「神戸の街」の画の海上
南天荘画廊オーナーさん
から裏便箋は須飼秀彰画


【海上に蒼穹の在り夏神戸】


IMG_20200722_165400

出版社の社長さんに
知人旧友大切な知己
はたまたピアニスト
そしてバリトン歌手

昨日だけでこんなに
沢山のかたにお越し
戴けるとは感激です
またまた望外の僥倖

そして『蒼穹』重版
自己解題プリント付
色紙短冊&俳画ペア
お求めくださるとは

独り善がりで生きて
参りましたので皆様
の殊更なる御厚情が
身に染みて感謝です

お花やお菓子やお心
嬉しさ越えて篝火か
二日目終了迄に売約
とお持ち帰り 句&画

【夏魚いいのが入りましたから】

【万緑の緑の万異なりぬ】

【小赤茄子わたしは此処を彩るわ】

【夏帽子旅程はピアノコンチェルト】

【飛燕草イルカの跳ぬるやうな恋】

【新緑や火の鳥の飛ぶビルの谷】

【かにかくに生きて候ふ雲の峰】

【夏の月魔女の箒の飛んでをり】

【時は今真夏の夜の夢つくる】

ありがとうございました😉👍️🎶


次は26日(日:最終日で17時迄)
終日画廊ステイしております
是非ぜひお越しくださいませ


【篝火(かがりび)を人の心に大暑かな】





このページのトップヘ