NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: アラカルト

漱石研究家の中井康行氏が
虎屋文庫刊行冊子「和菓子」
(年一回の機関誌で第29号)
をおくってくださいました。

虎屋の和菓子情報満載で…
氏は「漱石の菓子たち」と
いう20頁近くの論考を寄せ
漱石の「菓子たちへの愛着
/拘泥(こだわり)」を述べて
いるように思われますが…
よみきるまでは判りません。

高3漢文授業でちょうど今
「漱石枕流」という故事に
入るところなので… 「漱ぐ
(くちすすぐ)」のニュアンス
等を多面的に考えています。


序(つい)でに…書斎用の万年筆
そして愛用のスケジュール帳
を並べてみました…拘りはNP
にも色々ありますが中井氏は 
折にふれて… 堅固(けんご)で
アカデミックなそれを教えて
くださいます…有り難く感謝。
  

【迷亭の口を漱ぐや 水羊羹】


『猫』で迷亭(漱石分身がモデル)は…
羊羹をひとくちで口に抛(ほう)り込み

「凡ての菓子のうちで尤も羊羹が好きだ」

と断言している…と氏の指摘解説あります。

NPには羊羹は水羊羹に他なりません
… 水羊羹は福井では冬の風物詩です
… 歳時記では三夏(夏じゅう)の季語
… 羊羹だけでは季語にはなりません。

… 水羊羹を不意に食べたくなります
… 俳句手帖代わりにもしているので
少し書き留めて…これはという一句
できれば万年筆で認(したた)めます
… 万年筆には至らない句を下記に。


【水羊羹のような人生 箆で掬う】

【きりわけるヘラですくって 水羊羹】


DSC_0276~2


ゴールデンウィークは晩春の季語です
が… こどもの日は立夏だったので初夏
に跨(またが)っていました… 6連休を
含む(令和初めの大連休は別格として)
「はじめての…」を標題句(?)の如く
駆け抜けた日々の画像… 素材列挙のみ
順不同… エンデミック(エリア感染)や
撮影許諾には勿論最大限配慮をして…。


【はじめての時空を超えて夏がきた】


よくみました…
鉄道フェス・自然公園・地車(だんじり)
・待ち合わせキタノザウルス・祝い花

よくききました…
落語・ジャズフェス・元ピアノ先生のクラシック
コンサート・元教え子さんのビアノ発表会

よくあるきました…
一日一万歩以上、住吉川河口の渚まで&東灘区界隈

よくたべました…(既報以外に)
王将の餃子・金目鯛煮付け・御影市場の野菜コロッケ
&博多めんべい・水野の泉州水なす&季節の彩り蕎麦
・門真パジェロのクラフトビール&クリームコロッケ

よくよみました…(同上)
ビッグイシュー(女優表紙ニ冊)・流浪の月(凪良ゆう、
2020年本屋大賞の文庫本新刊)


【GW明けて 正規のスタートライン】


仕事の授業時間割が本日から変更
… 前任校も同様でしたが… 違いは
もう変わらないということ…不変
も時として普遍に繋がり大事です。


よいGW明けでありますように祈ります。

戦争も、この機に乗じての憲法改正も、
エンデミック慢性化も、気がかりですが
自分に出来ることを模索してゆきます…。


【戦争のできる感染国それに
   反対できる国でありたい】


DSC_0220
DSC_0257
DSC_0259
DSC_0253~3
DSC_0240~3
DSC_0254~2
DSC_0265
DSC_0249
DSC_0248
DSC_0211~2
DSC_0222~3
DSC_0272~2
DSC_0268
DSC_0264
DSC_0231

あおあらし

青葉の頃に吹くやや強い風で…
季語としては三夏でGWは晩春
 
季重なり四体言切れ… 標題句は句
とは言い難いキレキレ切れ味句?😁


雨混じりでやや肌寒い関西の☔🍃
ゴールデンウィーク昭和の日

林家菊丸師匠 独演会朝席で天満天神繁昌亭

芦屋ジャズフェスティバルで芦屋仏教会館

笑いころげ拍手
ノリノリで拍手

揺れ動く体はスウィング👏
ハッピースウィングデー♫


【昭和の日 落語のちジャズ 夢☆チャンス】


「夢☆チャンス」はパーカッションアーティスト 
デューク時岡さんの属するインストゥルメンタル
バンドでお目当てでした… あ👀この句も三段切れ
… 三段切れはよくないという俳句の不文律があり
… アフターも合わせて「あれもこれも」のこの日 
詰め込み過ぎになって散漫になりがちという戒め
あります… それはそれとしてたいへん堪能満喫(^^)


【鼎立(ていりつ)の夢☆チャンス 夏への扉】
  


DSC_0223~2







くらげ(海月・水母)は三夏の季語ですが隠喩
[ここでは見たこともないすばらしさ]

扇子(扇。団扇は別)も三夏の季語ですが掛詞
[ここではセンスのよさに掛けている]


高3古典授業で教科書『枕草子』を展開して
「中納言参り給ひて」(くらげの骨・扇の骨)
の章段をゆるゆるとたのしんでいます…新鮮(^^)/

余りに嬉しすぎて…地の文の「聞き手尊敬」
の「敬意の方向」を思わず間違えてしまい 
… 真面目な女子生徒さん数名の指摘で発覚(^_^;)

よっしゃ(^o^)

ほんものの国語
ほんとうの古典

NP鑑賞オリジナルプリントの発行を密かに…


あ、当記事で、ほんとうにお伝えしたかった
… 前任校を去るにあたり戴いたお餞別の一つ
「名前入り、扇子袋付きの扇子」の使い初め
(… 享保三年1718年創業の白竹堂の逸品です)


ほんものの扇子を有り難くも頂戴して… 今夏
折ふさわしく教室でお披露目できる事… 幸せ

お裾分けの初夏の微風(そよかぜ)が
皆さまにも届きますように\(^o^)/


【微風に空 押し上げて花水木】


一青窈(ひととよう)さんの「ハナミズキ」
イントロをあるクラスで歌いかけました♫

前庭にピンクと白の合木が今まだ綺麗に…

花水木は晩春の季語… 新しい春
クール・ビズは5月1日からです。


DSC_0213~2
DSC_0214~2





24日(日)の京セラドーム大阪
オリックスvsロッテ戦を観戦
一塁側内野のよい席を確保し 
一番気のおけないかたと応援。

吉田正尚選手は福井県出身で
同郷の誇りキミを見に行って  
3安打を目の当たりにそれで
もう充分他の選手は序(ついで)。

阪急ブレーブスという古いチームに 
長池徳士(あつし)外野手がいたが…
身長体型の似たミスターブレーブス
今ならミスターバファローズなのだ。


若い選手たちは躍動して我が物顔に 
キレイな人工芝のフィールドを疾駆
するがまさたかだって28歳負けない
春が終わる… キミよ春に打てエール。

完全記録を試合開始一球目で止めた
福田周平選手… 正尚と同じ敦賀気比
出身の山﨑颯一郎投手… 不振に悩む
正尚と同窓青学先輩杉本裕太郎選手。

本当は序じゃなくて生で見られ感激
ロッテの先発佐々木朗希投手と同じ
20歳の紅林弘太郎選手や数々の有望 
選手綺羅星(キラホシ)の如きチーム。

まさたかと同じくらい凄い山本由伸
投手を情熱大陸の録画で再再視聴し
必ずまた登板日にきっとまた応援歌 
SKYを合唱できる日が来ますように。


【SKY 晴れて謳う秋 祈る優勝】


全力応援はいいですね元気になれます  
… かつて阪急ブレーブスのサブマリン
(下手投げ)大エースの山田久志投手を
阪急西宮球場で引退試合見て以来の生。\(^o^)/


DSC_0207






このページのトップヘ