NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 絵画

南天荘画廊には南天の小さな枝木が二株
国道2号線に面した画廊の南西角に植え
られています… 先達てお伝えしましたが
南天は「難を転じる」で縁起物として…

鬼門(北東)にあるのがよいのだと思って
いました… 調べてみると赤南天は裏鬼門
(南西)がよい(鬼門は入口で裏鬼門は出口)
との記事あり得心して画廊で捜しました。

ありました… 開催中の武蔵野美術大学の
校友会「小品展」の一幅の油彩にも発見
実南天はもう季節的には終わりですが…
意識して見れば見つかる… 小さな物語。

画廊オーナーの老淑女のお心配りとの
ことを「薔薇」の画の作者のかたから
お伺いして… さもありなむと思えて…
【えもいはぬ南天の実の奥ゆかし】


DSC_3907
IMG_20210221_182428
IMG_20210221_182251





ある本を読む時に自分の注目ポイントを絞り
例えば新書で「自然環境素材」を探して繋ぐ

美術展に行く時に自分の注目オブジェを決め
例えば画廊で「海のモティーフ」を比べ巡る

こうすると全体は俯瞰的になりますが散漫に
ならずに済みます… 所謂(いわゆる) 広く深く

しかも… ちゃっかり「あるかもしれない」と
いう「お宝ネタ」を別に設定しておくのです

今回の場合は… 新書なら「食べもの」として
画廊は「薔薇」としてプレイメージしました

驚くべきことに… それは予感しておくとそう
なるんですよねえ… これも構造主義なのかも


「余寒」の季節ですしね… 「浅春」寒いネタ
新書は帰宅後一気に読みました… 異種に学ぶ

今年初めてのサラブレッドGⅠレースが行われ
反省し「異種に学ぶ」作戦の実用化を模索中


【春浅く画廊に広く深い海】


IMG_20210221_101152
IMG_20210221_182004
IMG_20210221_182107
IMG_20210221_182338
IMG_20210221_182201
IMG_20210221_101220










至高の小磯良平画伯 🖼️
大野コレクション…
(広島石油店オーナー)
90余作品の特別展は
常設展併せ最大級も
平日だからか自粛の
対象になってしまう
のか人気(にんき・ ひとけ)
がないのか(それはないか)

閑古鳥さえ鳴かない
ぐらいに静まり返る
館内でゆっくりほぼ
ひとりで… マネなど
の影響を受けつつも
独自の世界を築いた
神戸人の収蔵外作品
常設にはない油彩や
エスキース(習作)等
貴重な有名画合わせ
じっくり堪能でした。

唯一撮影ポイントの
ロールスクリーンは
出口近くにあるもの
… この日感じた「動」
の注入・描写の巧み
を表した代表作から。


それにつけても
藤田嗣治と同様
戦争の爪痕とは
こうした画人に
も深く及ぶもの
今回あらためて
作品の説明文や
下記Wikipedia
記事に接して…。


【コロナも亦戦争人の疎らなる
        小磯良平美術館に春】🏘️


🏘️小磯良平記念美術館は六甲アイランドの
六甲ライナー アイランド北口駅すぐ…今は
入り口前両側の寒椿植込みが見頃です。 💠

[Wikipediaより]
🖼️小磯良平(こいそりょうへい)・・・
1903年7月25日 - 1988年12月16日 は日本の昭和期に活躍した洋画家。
肖像画、特に群像を多く手がけたことで知られる。

かねて生前に良平が戦意高揚のために戦争画を書いてしまったことが
心が痛むと述べていたことは知られていたが、史料としては残ってい
なかった。しかし2007年(平成19年)8月15日にそのことを示す文書
が発見されたと神戸市立小磯記念美術館が発表した。いずれも洋画家
内田巌に宛てた手紙で封書が35通、はがきが3通発見され、そのうち
の1つに戦争画に対する言及がされていた。(以下省略)

IMG_20210202_193934 


























神戸新聞の日曜朝刊 阪神版に
芦屋の伊勢町(浜公園)にある
谷崎潤一郎記念館の特設展の
記事がカラーで出ていたので
自粛を心がけながら細心最善
をと行ってみました… JR芦屋
駅から南下し阪神線を越えて
往復約10000歩程歩きました。🚶‍♂️

『陰翳礼讃』をずっと読んで
いるので… 『春琴抄』などの
主に箱入りハードカバー版や
限定品の初版本など特設展示
と常設展示(計約1000点)との
触れ込みに「文芸の海死せず」
などと思い込みの泳ぎ込みを。🏊‍♀️

どう考えても終日(ひねもす)
自宅休養するのは性に合わず
勿論ひとりで人と接すること
極力少なきように… 隣の芦屋
市立美術館の「迷路絵本」の
香川元太郎展と合わせて敢行。🌀

大谷崎と言われ海外へも進出
ノーベル賞も有り得た小説家
本の装幀にも意匠を凝らした
耽美派の巨人… 明治大正昭和
戦後と生きた時代背景を学ぶ
だけで悠久のタイムトラベル。🐅🔔

ランチは割引の利く隣カフェ
ご褒美は昼夕開業の高架下店
先日のテレビで1日に手指の
消毒を何度?という特集あり
臨床ではない某お医者さんが
50回ぐらいとカウントされて
いましたが… さもありなんと。👍️

以下は何も足さない引かない
編集なしの画像特集… 芦屋浜
では毎年春には恒例の「芦屋
ファンラン(チャリティ)」が 🏃
行われていましたが昨年中止
今年は募集さえされていない
… 確かに厳しいご時世ですが
アガサ・クリスティの有名作
『そして誰もいなくなった』
を殊に文学館や美術館 博物館
で感じたくはないと思い乍ら。🏂️


【寒椿落花大谷崎庭園】

【人類の迷路の絵本暮れの冬】

【昼間からやってます高架下おでん】🍢


なお おでん🍢は三冬(冬じゅう)の季語
画像最下方は「山茱萸」(さんしゅゆ)
実は初秋で 花は初春の季語になります
JR芦屋駅の花ギャラリーですが…偶然
か今は通勤最寄の快速停車駅にも同じ
… 花言葉は「持続」「耐久」相応しく。💛


【山茱萸に「持続可能」を問うてみる】



DSC_3685
DSC_3686
DSC_3687
DSC_3689
DSC_3692
DSC_3693
DSC_3694
DSC_3697
DSC_3699
DSC_3701







本年1月5日付け初刊の本
『名詩・短歌・俳句物語』
全頁オールカラーの漫画。

朗読大好きのNP授業です。

詩人10人
歌人7人
俳人9人の人生と作品とが
鏤(ちりば)められています。

本校は5日が始業式で授業。

年始
卒業式(1月23日)までの短期間
高三現代文の授業の参考教材
… にするつもりでした本気で。

はい
「漫画朗読」が果たして可能
か否か… ひとクラスだけ試し
にやってみました… 困難多重。

物語
そうです… 聞いたことのない
モノをカタルのがモノガタリ
もののけもそこから生まれ…。

芭蕉
45歳で奥の細道の旅に出立し
50歳で大阪の御堂筋で弟子達
に見守られての逝去迄の描画。
(芥川龍之介「枯野抄」ご参考)

漫画
アニメや映画やドラマなどが
音声・朗読のみでどれほどに
伝え得るものか… チャレンジ。

写真
画像や絵画を言葉だけで再現
するのは至難のゆえに面白い
です… 鑑賞や解釈ではなくて。


本来
まだやっていないジャンルで
「短歌」を実作合わせ『舞姫』
森鷗外を歌人としても学習…。

歌人
与謝野晶子と斎藤茂吉だけは
何としても伝えたい…俵万智
も… ラジオDJって凄いですね
年越し作家 村上春樹氏並みに。


獲らぬ狸
…の目論見(もくろみ)でしたが
「あにはからんや」
「いかなることに」
「やればできるか」
「むりむりむりむ」
分厚い教材本は教科書並みに
とても難攻不落のテクスト…。



先生~そんなんより
ジブリ見たい~🎵
もののけ姫とか~


【新春にもののけ姫をカタルシス】


IMG_20210106_073709



このページのトップヘ