NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

カテゴリ: 医師

岡山のイチロー医師と会食、🍴
懇切な診断ご指導にも感謝。

彼の勤務する総合病院🏥での、
日帰り人間ドック(NP呼称)
検診を受けて夕方ホテルイン。🏨

折しも桜🌸カーニバル初日の
ことでしたが花冷えの宵に。🐧

CT解析がメインなので特には
異常なしとのこと安堵するも、
「CT被曝量は肺レントゲンの 👀
50倍」と聞かされ必要性と共
にそれは問題外との説明あり。

便潜血検査の重要性も再認識、
大腸がんステージ1での発見
は大事との具体例も伺い尚更。

あれこれ今の話と想い出話の
最中に彼の口から飛び出した
のが標題のキーワードでした。
内田樹さん(フランス哲学)
との関連です「仙人の祈り」。


医長の一人に昇格した彼から
強いおススめがありホテルに
帰還後今朝までに調べました。


現時点ではまだまだ謎だらけ。
哲学と経済学との重複対比。❔


考えてみるともう10年近く前、
「内田樹(うちだたつる)」
をイチオシしてくれたのも彼、
今や内田氏合気道場「凱風館」
に足を運べる在住地の利あり。

ここはひとつ学びを新たにと、
始まったばかりの新年度とも
重ね合わせて意気軒昂の自分。
\(^-^)/


その総合病院エントランスに
春の花一切が活けられ衆目を
集めていました洒脱ですね。🌺


病みてしは何時のことやら春の花
大瓶いっぱい投げ込まれし春の花
(NP宏)


「仙人の祈り」考、
続けてゆきます。(゜o゜)\(-_-)

DSC_7102
DSC_7103








DSC_3293
DSC_3296DSC_3297
二人共に関西地区の国公立大学・医学部医学科の男子学生、
四年前卒業の教え子で中・高と担任もしたことがあります。
ひょんなことから夕方に梅田で会おうということになって、
なぜか阪急百貨店の9Fへ漸く午後5時15分前に三人が集結。

折しも其処では「鉄道模型フェスティバル2018」の最終日、
阪急電車を中心に鉄道大型イベント開催中で最後の時間帯。
最早入場できない終了前で画像のみ撮っている間に待機と、
その後は新梅田食堂街で見つけた二階の腰掛席で久闊叙す。

いい医者になってほしいなKくんHくんまだまだこれからだ、
Kくんは通訳翻訳のお母さまのご薫陶奮闘のもとに屈託中で、
Hくんはラガーでもあり外科よりも産科もいいと初発言あり、
また年度末の春彼岸にはS先生の納骨堂お参りで再会しよう。

Kくんが『嫌われる勇気』(岸見一郎/古賀史健)に感銘を、
受けながらも現在は『天才はあきらめた』(山里亮太)で、
人一倍努力して自分自身と戦ってきた逸話を読んでいると、
そう教えてくれたのはとてもよかったような気がしている。

Hくんはおよそ小一時間だけいい感じで話し終えたあとには、
先輩に誘われて始めたという習い事「クッキングスクール」、
そこに向かって去ってゆきました主夫にもなれるね優しい、
体だけは大切にしなよ授業に実習にバイトにクラブと大変だ。

「せんせいいったい何才なんですか?」…それは又の機会に、
ただS先生が亡くなった歳を越えたよ彼は元気だったのにね。
でもきっとキミたちが一人前の医師になるまでは頑張るから。
教え子さんが育てたお子さんの学生を見ることも嬉しいもの。







「何でも書いちゃ駄目ですよ」って何も書かないよブログね、
ただ天然真鯛と栄螺造りは美味しかったな「オススメ」だね。
DSC_3301
DSC_3302








DSC_2066
医学・看護・医療系の大学進路を目指す生徒面談・保護者懇談の、
大いなる貴重なる、
そしてリテラシーされるべき参考資料として、
活用しようと考えています。

「ダイヤモンド」は週刊誌その最新号で、
あくまでも「(大)特集記事」。
(全134頁分の特集57ページ)
















医療系職種の「コスパ」ランキング
が興味深く載っていて、
「なりやすさ」と「リターン(稼ぎ)」の「現在」では、
製薬会社のMR(医薬情報担当者)を第一位に挙げています。

1位:製薬会社MR
2位:医師
3位:看護師
4位:獣医師
5位:歯科医師
6位:薬剤師
以下、理学療法士・作業療法士・管理栄養士と続きます。

(↑ ↓ 「師」と「士」の使い分けは「ダイヤモンド社」のままです。)

AIの進化を見越した2040年後の「需要増」ランキングでは、
看護師(役割拡大による「増える予想で67%UP」)を第一位に挙げています。

1位:看護師
2位:理学療法士
3位:作業療法士
4位:言語聴覚士
5位:介護福祉士
6位:精神保健福祉士
以下、獣医師・社会福祉士・管理栄養士・救命救急士と続きます。

他にも、
「ランキング」「分析記事」「予想記事」「インタヴュウ記事」等など盛り沢山。

「ドクターX」で話題となった「フリーランス医師」も登場して、
年収や境遇や「本音」を赤裸々に語っています。

「もうかる」ってのは、
やはり大事なことですよね。

お金を稼がないと、
自分自身の生活も家族の生活も厳しくなるし、
社会貢献する精神的な余裕や動機も担保(たんぽ)出来ませんから。

でもお金を稼ぐと・・・。

もう少し、
よく読んでから「本音」を記すことにします。

医学・看護・医療系を目指す生徒さんは多くいて、
その動機(意思及び意志)・環境(学習及び家庭)・現状(学力及び努力)も実に多様です。

情報や憶測の氾濫(はんらん)する今、
より適切なアドバイスが求められる中、
彼女彼らに聊(いささ)かでも関わることの職務と責務は、
教員が思っている以上に「重大かつ緊要」と考えています。

向日葵のようにいつも太陽を向いて胸を張っていられる、
・・・とは限りませんからね。
でもそうありたいと願うことや努力を重ねることについては、
・・・意地と誇りとを持ちたいですよね。


何度生まれ変わっても医者になりたい
(岡山のイチロー医師)

DSC_2070

世界は広いので、
NPがすぐに思い浮かんだドイルとモーム以外にも沢山いるだろうと思っていましたが、
まさに意外にもなかなか見つかりません。

作家名を、
その代表一作などと共に、
刊行された順に挙げてみます。


コナン・ドイル(エディンバラ大学医学部:英国)
『シャーロック・ホームズの冒険』(最初のホームズ物 1892年)

アントン・チェーホフ(モスクワ大学医学部:ロシア)
『桜の園』(最後の戯曲 1903年)

サマセット・モーム(ロンドン聖トマス病院付属医学校:英国)
『人間の絆』(自伝的長編 1915年)

ミゲル・トルガ(コインブラ大学医学部:ポルトガル)
『方舟』(カトリック作品 1940年)

(ミゲル・トルガはNPまだ読んでおりません。)


えっ・・・、
今のところ、
こ これだけ。
そ そうです。


あっ・・・、
そうすけさんを思い出しました。


(同じく読んだことがないという直接的理由で前回の日本編10人から外れていたのが下記作家★です。)


日本の医者で作家のうち、
世界的に知られているのは(多分)、
森鷗外と安部公房の二人だと思われます。

ただし、
後者は東大医学部卒で実際には医者として仕事をしていないので、
ノーベル文学賞候補には上がったそうですが、
医者作家という認識はなされていないでしょうね。

・・・そう考えると、
森鷗外の余りにもマルチな業績は、
たとえ軍医としての軍人食判断に瑕瑾(かきん:キズ・欠点)があるとしても、
やはり偉大過ぎるように思われてなりません。


さて、
看護師を含む医療従事者で作家・・・、
それは果たして居るのでしょうか。

医師もそうですが、
それは現実的に有り得るのでしょうか。


医師・看護師等でありながら作家・・・、
そのこと自体が「超現実主義(シュールレアリスム)」のようにも思われてしまいます。


(・・・続きます。)


★夏川 草介(なつかわ そうすけ、1978年 - )・・・
日本の医師、小説家。大阪府出身。信州大学医学部卒。(地域医療)医師として勤務するかたわら、2009年に『神様のカルテ』で第10回小学館文庫小説賞を受賞しデビューした。同作は第7回本屋大賞候補作にも選ばれている(最終的には2位)。「夏川草介」はペンネームである(夏目漱石・川端康成・草枕・芥川龍之介)。






前記事「砂の男」を先にお読み下さい、
その続編です。

転載への快い承諾から始まる、
本校OB(西日本を代表する国立大学のひとつに在籍・医学部医学科3回生)からのメールです。

【浜の男】
もちろん構いません。

ただこっちの道に来るべきではないと言っているわけではなく、世間で言われているように診断して薬出すだけと言うような楽な道ではないよ、楽して生きようと思ってるならやめた方がという意味です。

僕はセンターも世界史で受けるぐらいだったので、記憶に関しては得意な方なので、まだ苦労していない方だと思いますが、
受験のために理系科目を極めた結果、またはもともと文系科目が嫌いで理系に来た結果、なんとなく医学部に来るととてつもなく苦労します。

僕自身はこっちの道に来たことを全く後悔していませんが、合格してからの展望を十分考えていたかと言われると全く不十分だったでしょう。

医学部志望だけど何故行きたいかという理由が特になかったり、漠然と人を助けたいぐらいにしか思っていないのなら、少しでも入学後のことを考えてみては?という意図です。

そのようにお伝えいただえると幸いです。


【劇場のNP】
拝復

冬至の早朝いかがお過ごしですか。

医学部医学科志望者を含めて、
広い意味での医療系志望者は、
現在の高1クラスの場合、
50名中15名程度います。
(文系も同程度です。)

多いと思われますか。

その生徒たちに、
「砂の男」あらため「浜の男」くんの言葉はとても大きな参考になります。

彼ら彼女たちは、
どう思いどう考えるでしょうか。

「医学医療系志望の意識高い系」
・・・のような・みたいな・ふうの・装った・なんちゃって・ごとき・感じの・・・、
に終わらないことを願っています。
終わらないようにエールを送り続けてゆきます。
コブクロの方の「エール」です。

もちろんキミにも。

大阪に帰省の際には食事しましょう。
友人にも声を掛けて御一緒しましょう。


今夜は「柚子風呂」に入ってあたたまりましょう、
風邪に気を付けて、
キミの帰りを待っているご家族に笑顔を見せてあげて下さい。

ちゃきちゃき大阪美人おばちゃんのお母さんはお元気ですか。

敬具




このページのトップヘ