NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 村上春樹

『若い読者のための短編小説案内』(1997年)
で村上春樹さんが若い人達に推していた中の
一篇 安岡章太郎「ガラスの靴」…これは凄い。

発表されたS26年(1951年)から70年を経て
古臭い感じが全くしないこともそうですが
… 村上春樹さんの作品だよと言われても…
あ~そうだよね~そんな感じがするよね~
と言ってしまいそうな…まさに「感じ」。

「感じ」の英語訳は
feel(feeling)
impression
sense(sensing)
perception
effect
imaging
touch
などが挙げられますが
「心」の
mind/heart/spirit/soul/feeling
同様に使い分けが難しそうです。

おや…共通しているのが feeling ですね。

何はともあれ
「熊」の話から入るのは
川上弘美さんの『神様』もそうだし
ああ、川上さんの感じも春樹さんと似ている
ところがありますよね、心の赴くま まの部分。🐻


村上春樹さんの熊と言えば何と言ってもあの
『ノルウェイの森』(下)に出てくる「春の熊」
の話… 緑に僕は「春の熊くらい好きだよ」と
言いますよね…まったく意味ワカランジェロ。

フィーリングとしか言いようがありません(?)。

安岡章太郎さんは70年前のまだ太平洋戦争の
影が作品内にもある一方で…「熊に会いたい」
という悦子と僕の電話での対話から入ります。

うわあ、ぶっ飛びますね…「第三の新人」は
遠藤周作・吉行淳之介はよく聞きよく読んだ
記憶がありますが 安岡章太郎…村上春樹さん

きっと「鏡」のように思えたのではないかな
… 自分の姿を写しながら自分では無い別もの
を見せられてしまう「怖い話」…そうです…
『カンガルー日和』の中の一話…当ブログの
本日のオチは文庫本の二十数ページの標題
の「ガラスの靴」を脱ぎ落として行ったこと
が…「鏡なら、あすこに大きいのがあるぜ。」
というエンディングに繋がっていく奇遇の話。

だから…一寸怖かったのです…その件(くだり)。

「悪い仲間」は全くハルキ的ではないようで
この二作を併題にした講談社文芸文庫も凄い。


オリックス・バファローズ パ・リーグ優勝の
10月27日は「文字・活字文化の日」なので…
10月27日〜11月9日の二週間は「読書週間」
…素敵な一本と邂逅(かいこう-巡り逢い)を…。


【脱ぎ捨てたガラスの靴に柳散る】


柳が散り始めると秋も終わりますが
読書の秋は初冬へとまだまだ続いて
心に柳葉は散り積もってゆきます…
本当は若い時に読みたかった本との
逢瀬はあたかも「巡礼」を想わせて
…ガラスの靴を拾いたくなりました。


IMG_20211028_120441








まだ入賞者ガラ?コンサートがありますが…🎵
僕の中ではオワタ…「そして僕は途方に暮れる」
(作詞・作曲: 銀色夏生、大沢誉志幸 1984年)


ロス五輪は1984年でした…東側諸国ボイコット
で何か尊いオリンピック精神が失われた大会…

フィリップ・ロスという現代アメリカを代表
する作家の一人は 三年前に亡くなりました…
『さようならコロンバス』(1969年集英社)
『素晴らしいアメリカ野球』(1976年 同上)
現代世界文学全集を購読していた頃があり…


さようならショパコン
素晴らしいショパコン


今… ショパコン・ロス


もう真夜中に未明にYouTube映像に釘付けに
なることもない…儚きは人の世の倣(なら)い…


そして僕は村上春樹さん「金銀ブルータス」
に還ってゆきます… ハルキお薦め本の一作📕
「ガラスの靴」そして… お薦め盤の曲集🎹🎵
「ブラームス」作者 安岡章太郎(第三の新人)
ピアノ演奏者 グレン・グールド…流石ハルキ


CDアルバム以外は賜り物…ゆっくり読みます

CDも賜り物でした…もう20年前に元同僚から


反田さんも小林さんも「感謝」の思いを強く
述べていますね… 僕も途方に暮れる暇あれば
感謝して… ポケモンの赤緑や金銀のように…
出来れば文学・音楽両方を楽しみたい晩秋  (^^)ρ(^^)ノ


午前三時までには起床してしまいます…👀


10年前にグレン・グールドの故国カナダ
… 生没したトロントなどに中三生と語学
研修に行き… 帰着時に東日本大震災あり
… 時差ロスで三時間睡眠が長く続いて…
10年後の優勝はカナダのブルース・リウ

第三楽章は歴史に残る名演奏だったとか

グールドはコンクール・コンサート嫌い
で知られています…1982年に50歳で他界


ショパコン・ロス


IMG_20211021_222521





タブレットで当ブログ更新をすることも多く
調べ事の弾みでインターネットヘッドライン
ニュースに目が行ってしまうのは致し方なく
… 阪神タイガース痛恨の逆転負けもあって…
標記の二十四節気「寒露」の早朝のつれづれ。


静かです。


家のなかも辺りも心も… 音楽も今朝は聴かず
ただピティナ発信の小林愛実さんの最新映像
(演奏直後会見)だけは目に入って…ショパコン
一次予選演奏(椅子の高さ以外は)素晴らしい
出来だったようですね… 反田さん・牛田くん
と並んで確実に次のステージを信じています。


村上春樹さんはヤクルトスワローズファンな
ので昨夜のサヨナラ勝ちはよかったでしょう
…ブルータス掲載「手放せない51冊について」
から何冊かを昨日ゲットして読み始めました
… 福永武彦訳『今昔物語』も安西水丸さんの
漫画集『普通の人』も小島信夫『アメリカン
・スクール』もありました…ただ安岡章太郎
『ガラスの靴』が近隣に在庫無しと…人気?


「寒露」は本来は冬服の支度を始める気候
らしいのですが… まだまだクールビズ続き
… ノーベル物理学賞の真鍋淑郎氏が物理学
的に警鐘の気候温暖化メカニズム身近です。


心のなかは少しずつリアルモードになって
「静か」から徐々に「仕舞い」「始動」へ
一日を「し」のリズムで過ごしてゆきます。


【ハルキTを仕舞わず寒露始動する】


IMG_20211008_070802








四十二年間いろんなことがありました

人生はダンス・ダンス・ダンスきっと。

賞がどうとかこうとかどうでもいいね

これからも読みますよ読んでない本も。

この夏に引っ越しまだ開けていない箱

書斎で開封して並べてみた初版本たち。


ありがとう😉👍️🎶あなたのおかげで

人生はすぐに役立つものばかりでなく

いつ引き出しから出せるかわからない

そんなものばかりで出来ていると知り

でもそれがどんなに尊いのかを学んだ

ありがとうハルキムラカミそして僕が

愛するすべてに取り分け大切なヒトに。


【Tシャツはユニクロダンス・ダンス・ダンス】

DSC_4723
[追記]

朝からずっと着ていたT シャツ

願掛けのようにも
思えるのですが…
今シーズンの普通


Tシャツは季語ではない
ようですが…そんなこと
もどうでもよい真夜中に。


IMG_20211007_210647

「ブルータス」は(株)マガジンハウスが販売する
“ライフスタイル雑誌”で… マガジンハウスの旧名
は平凡出版だそうです…紙の時代の危機に敢然と
立ち向かってゆくような…「本気」を感じます。


最新刊の村上春樹特集(上)を
ハルキファンのかたから戴き
春樹さんの「手放せない51冊の本について」を
早朝から読み耽っています…稀覯本(きこうぼん)
が多く… 予想通りNPは一冊も重ならなかったの
ですが「手放してしまった本」はありました。📕

『日本古典文学全集一英草紙/西山物語/
雨月物語/春雨物語』(小学館)がその一冊。

岩波書店の「日本古典文学大系」の方を
手元に残して売ってしまったのですが…
どちらも全巻ありました(あります)。

小学館の方が読みやすかったのになあ…
岩波の方が格上で網羅され箱が上質にも
見えて… ハルキ的には前者だったようで。

「現実と非現実とが境目なく入り混じった古典的世界
    一今自分がどちら側にいるのか、ふとわからなく…」
とご本人解説… 『海辺のカフカ』に上田秋成観は深く。


他に…福永武彦訳の『今昔物語』(筑摩書房)も記憶あり
「福永武彦の現代語訳はリズムが良く、使われている
言葉も平明で読みやすい」「ものすごく面白いです」
と記されているので… 上記の大系ではなく福永の訳を
探して読んでみたいと考えます…さらに「第三の新人」
グループの安岡章太郎・小島信夫の本は読み直したい。


あれあれ日本文学作品ばかりになりました…ワールド
ワイドなラインナップなのです本当は… もちろん親友
の故安西水丸さんや佐々木マキさんの漫画本もあり…
実にバラエティーに富んでいてワクワクします…作品
知らなくてもハルキ解説(寸評)だけで「読みもの」に。


当分いろいろ愉しい時間を与えてくれそうな「読本」。

ありがとうございます。


【鈴鳴らずとも秋に村上春樹】
(『蒼穹』秋の部)

ノー・ベル

鳴っても鳴らなくても
ハルキファンは不滅。✨


IMG_20211006_054458





 




このページのトップヘ