NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 村上春樹


IMG_20211004_180039ほんとうに久しぶりに
職場の最寄り駅改札口
花ギャラリーに入った
グラジオラスは晩夏の
花… ピンクの花言葉は

「たゆまぬ努力」
「ひたむきな愛」
「満足」
 
です…色別で沢山あり…
標題の句は確か今夏に
物語と同時進行で1984
年を舞台にした…あの!

村上春樹さんの『1Q84』
を読んでいての花素材に
によるものです… そして
「奎18号 2021夏号」の

“想い出は夏の花”

十連句… 今となっては
創作動機や状況が不明

“想い出せない夏の花”


たぶん登場人物マダム
の… いかにもなセリフ
青豆が月二つ見始めた
頃のグラジオラスの花



ノーベル文学賞2021年
発表は日本時間で10月
7日木曜日の午後八時…


村上春樹さんの特集(上)を
組んだ雑誌「ブルータス」

賞の如何に拘わらず楽しみ
です「「読む。」編」とか


それだけで「満足」です💠



【風の歌を聴け四十二年めの秋】


春樹さんの単行本デビューは
1979年7月23日… 30歳でした






「鏡」の起承転結の謎


暑くも寒くもない公休日の昼下がり
村上春樹さん曰く カンガルー日和…
こんなひよりなのかもと「考えるー」
… 阪神電車御影駅北側の商業施設の
御影クラッセ・エントランスにある
スターバックスコーヒーのテラス席


文科省検定高一教科書の「国語総合」
5000字程度の短編「鏡」が掲載され
(続け)ています…『カンガルー日和』
を漸く引越段ボールから探しあてて
読んでみたところ… 起承転結区切り
が違っていました… 原作「序破急」
つまりは「三段切れ」なのですが…
教科書では四段に分けてあるのです。


なぜ?


元々ミステリアスな内容でややホラー
村上春樹さん十八番(おはこ)のひとつ
「幽霊」系ですが… この「切れ」も謎
… 高1生徒の中間考査範囲(実施済み)。


昨日のハリガネムシの話と似ています
… こんなことに拘った時間を過ごせる
… 研究観察ではありませんが考察です。

ハリガネムシ市森くんのNP組句会入選句に

《 蜩も聞けぬ実験後の帰り 》があります…

そうか実験とはハリガネムシに関する何か
であったのかもと… これも考察なのですが
「ヒグラシ日和」なんてのも新設して日暮
らし過ごすのもカンガルー日和に負けない。


もう流石にヒグラシも聞こえなくなり秋は
深まってゆきます… 鏡に「うつった自分」
(相手)が自分を「心の底から憎んでいる」
という話と… 「僕は動物図鑑でカンガルー
についての何もかもをきちんと調べてくる
べきだったのだ」という短編「カンガルー
日和」の話… 合わせて日短かになってゆく
午後二時前のひととき… 「幸い」かもね。


そして決定的な原作との異同…


佐々木マキさんの「挿し絵」が教科書には無い。


「カンガルー日和」の初出は丁度40年前の春
短編集の絵入り単行本は1983年9月初刊です。


40年前の春は今でも木洩れ日の中に
38年前の秋はきっと深い森の中に…
深いことは意外とニッチ(隙間)です。


【深淵はニッチな世界秋日和】


IMG_20210929_134727












… 

村上春樹『1Q84』(2009~2010年)より

小説に拳銃が登場したならば…それは
作中で必ず撃たれるものである との
主旨のことば… 春樹さん自身はどの
ように自作内に用いているかは是非
読者ご自身で確認なさってください。


標題のニュアンスをなぞれば…
「核兵器は使用されねばならない」。

(平和利用・抑止力との便宜的な虚言は
あるが 造られたものは使われてしまう)


「カタルーニャ・スピーチ(2011年6月10日)」
反原発・反核の立場を明確にしたと言われる
村上春樹さん… 広島原爆忌・長崎原爆忌を前
に あらためて「非現実的な夢想家」という
極めて強いメッセージを想い起こしています。

… ちょうど10年前で ガザ侵攻のイスラエル
独裁批判を現地で突き付けた2009年2月15日
「エルサレム・スピーチ」から二年4ヶ月後
東日本大震災の原発事故を踏まえていました。


【壁に卵立春に卵は立った】


【カタルーニャから風語る原爆忌】


【非現実的夢想家でいい原爆忌】



《カタルーニャ国際賞受賞スピーチ: 村上春樹》

(前略)

私たちは夢を見ることを怖れてはなりません。
理想を抱くことを怖れてもなりません。そして、
私たちの足取りを「便宜」や「効率」といった
名前を持つ最悪の犬たちに追いつかせてはなり
ません。私たちは力強い足取りで前に進んでい
く「非現実的な夢想家」になるのです。

(中略)

原子力発電を推進する人々の主張した「現実を
見なさい」という現実とは、実は現実でもなん
でもなく、ただの表面的な「便宜」に過ぎなか
った。それを彼らは「現実」という言葉に置き
換え、論理をすり替えていたのです。それは日
本が長年にわたって誇ってきた「技術力」神話
の崩壊であると同時に、そのような「すり替え」
を許してきた、我々日本人の倫理と規範の敗北
でもありました。我々は電力会社を非難し、政
府を非難します。それは当然のことであり、必
要なことです。しかし同時に、我々は自らをも
告発しなくてはなりません。我々は被害者であ
ると同時に、加害者でもあるのです。そのこと
を厳しく見つめなおさなくてはなりません。そ
うしないことには、またどこかで同じ失敗が繰
り返されるでしょう。

「安らかに眠って下さい。
        過ちは繰り返しませんから」

我々はもう一度その言葉を心に刻まなくては
なりません。

(後略)



今朝はBSP クラシック倶楽部で
ラヴェル作曲「ボレロ」連弾を
聴いています…1877年フランス
製造ピアノとのこと… 滅びない
モノがありますが滅びるヒトの
営為と合わせて1928年作曲の
ボレロは淡々と語ってくれます。


【連弾のボレロ晩夏の雨の朝】


村上春樹さんが少年時代から立ち寄っていた…
村上家に本を届けていた(店員さん談)本屋さん
「芦屋宝盛館」(阪神芦屋駅 踏み切りの北側)。

久しぶりに行って(必ず春樹本を購入… )一冊の
「初版」文庫本をゲットしました… よく7年間
売れずに この時を待っていてくれましたね 👀
… という感じで栞🔖代わりにレシートを挟み
画像の文庫本月報とも言える折込ミニチラシ…
これが実は付録の果報「お宝もの」なのです。

なかなか探しても手に入りません… そもそも
村上春樹さんの文庫本は例外なく増刷増版を
重ねますから7年前のそれも7月 月報が残って
いるとは僥倖(ぎょうこう)驚愕(少し大袈裟😅)
その頃の夏の香りが残っているような気が…。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』…
(新潮文庫 平成27年7月1日初刊)は マエストロ
らしくベートーヴェンのピアノ協奏曲第三番
をめぐって… 70頁を越える対談から入ります。

… こうしてPCインターネット音源をあれこれ
サーフィン…これも読書with音楽の醍醐味です。


📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕📕
🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹🎹


第18回ショパン国際ピアノコンクール2021…
先週 予備予選通過(10月 本大会への出場)者が
発表され 151名の参加者の中から… 中国22名、
ポーランド16名、日本14名(免除1名を含む)、
韓国7名、イタリア6名を含む全87名でした。

日本からは、角野隼斗(かてぃん)、反田恭平、
古海行子、(前回ファイナリストの)小林愛実、
牛田智大(2018年浜松国際コンクール第2位で
予備審査免除)、沢田蒼梧さんたちで…まさに
綺羅 星(きら ほし)の如し… ワルシャワの秋の
本大会はワルシャワ・フィルハーモニーにて
2021年10月3日から20日にかけて行われます。

優勝者には金メダル🏅と優勝賞金4万ユーロ💶
(1ユーロは2021年7月31日 時点で約130円💴)
… 「ショパコン」はショパン好きには欠かせ
ない話題で出場資格には年齢制限(16~30歳)
あり… アジアからの応募が大半なのも現実…。

ピアノ協奏曲も課題曲になるのですが上方の
指揮者マエストロ小澤征爾氏と村上春樹さん
の対談に上って… こないんですよねえ…なぜ?

ショパンを聴く際 読み合わせに相応しい本…
本に限らず取り合わせを撰ぶのも面白味です
たとえばDOLCE&GABBANAやドラクロワや…。



【残り香の夏には夏の初版本】

【香水を撰ぶショパコン予備予選】



IMG_20210731_070349

(ネタバレには留意しつつ記します…📚️)

冬(12月)にBook3は閉じられましたが
… 4月春の首都高速が入り口で核心的
物語進行部は考えれば考える程7月夏
…明かされてほしい謎少なくとも五つ
…再読部分を含め夏(7月)読了の妙味。


①青豆と天吾のその後
②ふかえりの存在証明
③空気さなぎの意味性
④リトルピープル隠喩
⑤ねじまき鳥との連環


Book4という1月~3月編が有るとすれば
それは「1985」か「1Q85」ではないか
『1Q84』ならば時系列が遡るのでは?


あるいは初期三部作

『風の歌を聴け』(1979年)
『1973年のピンボール』(1982年)
『羊をめぐる冒険』(1985年) 

作品世界の連環が完結したようにみえて
実は
『ダンス・ダンス・ダンス』(1988年)に
鮮やかに明らかに繋がっていたように…


たとえば飛び石三部作

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(1985年)
『ねじまき鳥クロニクル』(1994-1995年)
『1Q84』(2009-2010年) 

作品世界のパラレル(並行)やクオリア(質感)に
敷衍(ふえん)され外延へと今なお拡張を続け…
強(したた)かに

『      ⁉️      』(202?年)

137億光年の宇宙の彼方に再降臨(リボーン)の
時を待っているのかも知れません…  NPも待人。


これだけの大作を立て続けに二作読むと…
「あやしうこそものぐるほしけれ」
(『徒然草』冒頭)
の極みなのです。

「夏は夜 月のころはさらなり 闇もなほ…」
(『枕草子』冒頭)
の小粋もいいね。


だからこそ
それもあって
小品は必要ですよね… 大切に読みたいもの
村上春樹さんは小品や随筆にも逸品多く…。


芥川龍之介 vs 谷崎潤一郎 みたいな
これもパラレルにしてクオリアの…
谷崎潤一郎記念館が呼んでいます。


【夏は夜春樹の宇宙(そら)の拡がって】

【嫌いだった夏芥川の小宇宙】


IMG_20210726_090519
IMG_20210730_071112
IMG_20210729_164924




このページのトップヘ