NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 食(しょく)

当ブログは晩冬寒の候
食の大特集夜八時まで
自粛中のお店でひとり

漢字&季語ガクシュウを
兼ねて… お赦(ゆる)しを
【宏川】: 川柳(のつもり)

いわがき
ぶり大根
赤なまこ

旬だから…このお店だから…
意外と…自粛中だから…美味
アクリルカーテンが増設で
消毒・検温・衛生など万全

すべて三冬(冬じゅう)
の季語… 解答は最下方


【自酌粛食ヤ行三段活用寒】

【自習自照ヤ行二段活用笑】


IMG_20210123_193447
IMG_20210123_193522
IMG_20210123_193604

























































【解答に解凍は無し寒の旬】

岩牡蠣(漢検準1級)
鰤(同1級…少し意外)
海鼠(同準1級)






自給自足のエコライフを
徳島の木頭で営んでいる
NP妹から土用食の話題…

猟師のおっちゃんからいただいた肉塊
(画像割愛…なかなか「なまなましい」)

スモーキーなハムを作るそうです…
まさに奥山では「自究自食」ですが
標高差500mの下界では「自窮自粛」

もしNPなら「紅葉鍋」にしますね🍁
(まるでアリとキリギリスみたい…😞)

【紅葉鍋うまみはごたへしかとしる】
(宏川)

さて「もみじなべ」とは何でしょう?

並べるとわかりやすいかも知れません

《桜鍋・牡丹鍋・紅葉鍋》
《さくら・ぼたん・もみぢ》なべ
いずれも三冬(冬じゅう)の季語🍲

馬肉・猪(いのしし)肉 そして…?

これらに兎(うさぎ)肉を加えて
山里では冬の間の養生食として
「薬喰」(くすりぐひ)と呼び 🥩
賞味していたそうで… ですから
今届いた食の話題は「土用食」


そう言えば「赤くて火のよう」🔥
(冬土用は 赤い「ひ」の付く食…
特に未:ひつじの日に…今日23日!
夏土用には 黒い「う」の付く鰻
を丑: うしの日に…こちらは有名)


上記NP句…
「うま」に 馬と旨
「しか」に 然(り)と鹿
「しる」に 知ると汁
が掛けられています

歯応えは馬よりかたいけど…
うまよりも旨い(猪とは微妙)
… 「個人的な感想(想い出)」


木頭に二年間NPも住んでいました
冬の極寒は自窮自粛があると辛い

でも自給自足は素敵なことでした
(なかなか 言うは易く行うは至難)
今でも自究自食を楽しむ妹夫婦と
姪っこや姪っこ夫婦にリスペクト


自窮自粛の緊急事態が続きます
自究自食の心掛けを大切にして
乗りきってゆきたい…春は来る!


【自粛より自食自足の薬喰】


🥩・・・
俳句界の重鎮でいらっしゃる
茨木和生先生に「あらたまの
画状」をさしあげたところ…
御自身の句集を二冊おくって
くださいました… 何と果報な
有り難き賜り物… その一冊が
『薬喰』です😄  近日ご紹介
(薬喰も三冬の季語なのです)





















三冬(冬じゅう)の季語…スズキ目(もく)。

旬については春・初夏・夏全て美味…
産卵前は…西日本の瀬戸内の漁獲は…
などとネット記事は多彩(多載)ですが
一年中出回り冬場の身の引き締まった
ものは最高… 季節により刺身・炙り・
塩焼・照り焼き・煮付け等あれこれ…。

真魚鰹・真名鰹とも… 鰹は
堅魚とも松魚とも書きます。

さて読みがなは?

画像は緊急事態宣言が出る前のもの。
(断り書きを付けないといけません…)


【こんな時期だから塩焼き鯧】
(宏川)


大寒の夜がひたひたと忍び寄ってきます
当分の間当ブログ発信も自粛かなと思い
(コメントやご投句は自在にくださいませ)
…このマナガツオはその前にお伝えしたく
…自粛を余儀無くされるお店の真名心です
全長は50cmにも及ぶそうで… 程よい寸法。


真名は漢字そして本物を意味します
仮名は普通はひらがなでカタカナも
マナに似せたものが かな なのです…
古今集には真名序と仮名序あります
勅撰和歌集編纂 紀貫之の心意気です。

マナとまさ(昌)は通じていますね
マナはマネ(真似)でもあるらしく
昌(正・真)➡️真似➡️真名➡️仮名。


【真実はひとつコナンの受難かな】
(宏川)


IMG_20210116_134921



冬の「土用」期間… 2021年は
1月17日~2月2日の17日間です
立春が2月3日という年回りで
その前日の節分迄となります。

「土用」は節分と同じ「雑節」で…
カレンダー上は初日にのみ「土用」
と記されていることが多いのです
…「土用の入り」を指しています
こう考えると実は「土用の明け」
が「節分」で「季節の分かれ目」。

土用も節分も年に四回ずつあるのに
一般的に立春前日が節分だと思われ
土用も夏の風物詩で土用丑のように。

夏の土用は「う」のつく黒いものを
丑の日に食べるという食養生の慣習
で有名ですが… 年に四回土用がある
以上はそれぞれに相応しい食があり
季節の変わり目に体によい食をと…。

先日もNPネット句会公募開始記事
で少しお伝えしましたが当ブログで
何度目かの「土用の食」あらためて。


中国の陰陽道の「五行思想」という
「五」説に基づいて…「春夏秋冬」
即ち「青赤(朱)白黒(玄)」の四季色を
五原素の「木火土金水」(もっかどこんすい)
に当て嵌めて考えるのがポイントで
「春:青:木」
「夏:朱:火」

「秋:白:金」
「冬:玄:水」
とした時に残るのが「土」なのです
ちなみに五原色の残りひとつは黄色。

そこで「土」を「用」いて季節毎の
繋ぎの期間を「土用」と呼ぶのです。

陰暦で考えますから四季それぞれ90日
(月の満ち欠け15×2×3:初-・仲-・晩-)
のうち末の約18日間が春夏秋冬の土用
例えば 冬土用期間が明けると「立春」
… 約18日とは18日が多いのですが 16-
17日もあり調整です… 日々に十二支を
順に当て嵌めて6廻り分数えると…72日
で差し引き18日余ります…18×4も72日
これが360日を均等に5で割る季節感…。


こうして繋ぎ期間は約18日×4 今丁度
冬土用が始まって3日目なのです…
冬土用期間の未(ひつじ)の日に「ひ」
のつく「赤い」ものを食べる食養生
…1月23日が未の日です「土用丑」
の対照にあたる「土用未」なのです。

夏・朱・火 ⇒ 夏の対照の(冬の)黒いもの⇒鰻
冬・玄・水 ⇒ 冬の対照の(夏の)赤いもの⇒?
を食して季節色欠如を「補完」する思考です。

整理すると
春土用には戌(いぬ)の日に「い」のつく白いもの
夏土用には丑の日に「う」のつく黒いもの
秋土用には辰(たつ)の日に「た」のつく青いもの
冬土用には未の日に「ひ」のつく赤いもの
となります。

代表格を旬の魚介で考えることにします…
春・・・イカ(白い)
夏・・・ウナギ(黒い)
秋・・・サンマ(タンマ…青魚…苦しい(^-^;)

さてここからが問題です…
では冬土用の魚介食とは?
下の画像が解答となります
もちろん解凍ではなくて…
この魚は季語的にも三冬(冬じゅう)の美味。

ちょっと説明がくどかったでしょうか(^^♪
土用にいただきましょう…赤く薄淡い色が
入って見えないことも…又「赤舌〇〇〇」
なんてのもムニエルが旨い…(苦しい(^-^;)。


【食文化自粛をせずに〇〇〇顔】
(宏川)


😷マスクじゃないよ… 魚(漢字でも三字 二字 一字あり)🐟️
ずっと底(下)の方に答えが游(およ)いでいます… 夜行性で
冬は深い底の方にいるようです… カレイ目(もく)ですね。

IMG_20210119_091926


































《解答》
ヒラメ(比目魚・平目・鮃)







やっぱり解凍もあるのかな…

前々記事の画像で上から順に


ヒラメ(平目)三冬の季語、マグロ・ブリと並ぶ冬魚象徴
メヒカリ(目光)旬は二度で7*8月と12*1月(季語ならず?)
バフンウニ(馬糞雲丹)晩春の季語、旬は二度で仲冬も
ホタテ(帆立貝)三夏の季語、通年出回る(だから今安い)
クモワタ(雲腸=鱈の白子)三冬の季語、画像は醤油焼き


こうして調べると… この中では
実は「ホタテ」が一番冬らしく
ないことになります…旨いけど

ウニ食べて贅沢や~なんて思われたかた
確かに… ホタテは300円でウニは1000円
この中では圧倒的にチャンピオンですが
… お店のかたが 聞き間違いで握られて…
引き取り手がなくNPがいただいたのです

次回は何かめでたいことがあった時に…


【初春のハレの日に鮨摘まみたし】


このページのトップヘ