NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 四字熟語

時利あらず
時勢には勝てない

「垓下の歌」(がいかのうた BC202年)
楚漢の最後の戦いである垓下において
天運を悟った西楚の項羽は虞姫の前で

時不利兮騅不逝

時利あらずして騅逝かず… と即吟を

時勢には勝てず
騅(すい:項羽の名馬)は前に進めない

いわゆる「四面楚歌」の場面です…


前記事の徳川慶喜の大政奉還という
「無血開城」とは随分違うものです

項羽(項籍)は三十歳で… このあとに
虞美人を自ら殺し遁走しながら自刎
(じふん:首を刎ねて自害)するのです
…四年間 「王」を名乗っていました


慶喜は七十七歳の大正二年まで長命
深謀遠慮にして遠望深慮の人ですね
… 二年間「将軍」に就いていました


司馬遼太郎は実は中国物はたった一作
… それがロング・ベストセラーになる
『項羽と劉邦』(新潮文庫 上中下巻)で
不思議な気もするのですが… 戦国物や
幕末物や忍者物が好きだったようです


同じように時勢に勝てなかった二人を
ふと並べて記してみたくなりました…


【句読点時利あらず雲散霧消】


LINEやTwitterなど句読点不要の時代
… 漢詩や唐詩にも句読点はないから
ある意味 歴史は繰り返すのかもね


しかし句点(。)はあったほうがいい?
読点(、)はもう「とうてん」と読めず
. (なんかピリオドみたいな薄い点)に.
とって代わられているように思えます
… 生徒たちの提出物のことです、はい。


【九月の空近く高橋三千綱逝く】


俳句というよりツイート(書き込み)…
『九月の空』は芥川賞作家の受賞作
(1978年)でした…9月に読んでみます。

そうですね、句読点の使い方に注視します。




6月23日は1945年に沖縄戦終結の日で
沖縄のみならずこの国にとって大切…

… のはずが五輪会場で酒類禁止の方が
大きく報道されています… 都知事過労
入院と合わせて… 沖縄は緊急事態宣言
継続中… 76年前はひとつの大きな玉砕
があり… 次のさらに大きな玉砕に向け
… もう常軌を逸した日々が続きます…。


玉砕瓦全
ぎょくさいがぜん

忠誠心で名誉ある美しい死を選ぶか
自己保身で無為に生き長らえるか…
こんな二択で此の国は大衆の人権を
蹂躙(じゅうりん)したのですね酷い。


加川良は
「戦争しましょう」で逆説的に戦争
の大愚を訴えます… 勝ちましょうと
「教訓 Ⅰ」で
美しい死を選ぼうとする人たちにも
教えてくれます…  かくれなさいと。

後者はもう一年前… 女優の杏さんが
ギター弾き語りで動画発信し話題に。


教訓 Ⅰ   詞曲:加川良   

命はひとつ 人生は1回
だから 命をすてないようにネ
あわてると つい フラフラと
御国のためなのと 言われるとネ
青くなって しりごみなさい
にげなさい かくれなさい

御国は俺達 死んだとて
ずっと後まで 残りますヨネ
失礼しましたで 終るだけ
命の スペアは ありませんヨ
青くなって しりごみなさい
にげなさい かくれなさい

(以下割愛)


【あの夏のような教訓もう要らない】


【わたしたち無為に生きてはいない夏】




ちこうごういつ・ちぎょうごういつ
… 言行一致よりも知の勝りたる言葉

哲人ソクラテスは知徳合一で知られ
王陽明(陽明学)&吉田松陰(松下村塾)

冬土用には「ひのつく赤い食べもの」
挽肉を想起するもその日には無くて

ひらめ(薄造りポン酢に紅葉おろし)
ひうち(牛モモ内側赤身肉ステーキ)

発令続くなか自粛に健気に従うべし
柔らかく対処しつつエールを口実に

ひのつく言葉… 顰蹙(ひんしゅく) と
赤い色の言葉… 赤っ恥にならぬよう


知を徳とするは難し
知るを行ふは尚難し


【どようひつじひらめひうちのやはらかく】
【鮃後知行合一薬喰】  (宏川)


IMG_20210125_190323IMG_20210125_190241

































「長恨歌」の末尾に
あたる第五場面8句
七言律詩として捉え
二学期高二漢文最後
の授業をしました。

標題の四字熟語二つ
それは対句の部分を
組み合わせて繋いだ
連結熟語になります。

随分と久しぶりの…
四字熟語カテゴリー。

[四字熟語としての意味]
男女がかたく契りを交わすこと
天地の恒久性即ち物事の永遠性


この双方はプラスのテーマで…
しかし添い遂げられない恨みと
時の刹那的有限的であることと
それらがマイナスのテーマです。


そうした抽象的な説明よりも
格調高い七言律詩(7字×8行)の
書き下し文朗読をするほうが
伝わり心に沁みるものですね。

唐の第九代目皇帝の玄宗帝は
二代目太宗帝の貞観の治にも
劣らぬ善政に開元の治で取り
組みながら(在位は約44年間)
晩年は楊貴妃に…とは言えど
安史の乱を潜り抜け77歳まで
生き延びます(685年~762年)。

ただし絶世の美女を謳われた
楊貴妃の方も実は薄命よりは
生きて反乱の渦中に絶命する
のです(719年~756年)…そう
彼女が亡くなった時の二人は
71歳-37歳だったのです…それ
を項羽と虞美人のようだとは
全く思えないんだけどなあ…。👀


う~ん… これを「世紀の恋」
「ひよくれんり」と 呼ぶか。

[直截(ちょくせつ)的な意味]
比翼鳥… 雌雄各一つずつの翼
しかなく並ばないと飛べない
連理枝… 二本の木が合体して
木目が一つにつながっている


NP2020年今学期最後の授業…
「漢文法のツボ」という名の
便利プリント(予備校時代の
教え子さんに貰った逸品で裏
に「古文法のツボ」)を全員
にプレゼントして「仕舞い」。


おつかれ(お元気)さまでしたね…
三学期も一緒に頑張りましょう。

今日からNP変わったのですが…。


【髪型に気づかれず歳末授業】








「嚆矢濫觴」は漢検1級の四字熟語
「嚆矢」「濫觴」でそれぞれの意味
合わせても同様の意味になります。(^^)/

NP何とか読めて意味もたまたま知っていますが
これを書き取りでいきなり書けと迫られると…
orz & OTL(どちらも「降参」の英語絵文字)。

解答は次回記事に…久々の「四字熟語」カテゴリー。

IMG_20200613_053138
故・陳舜臣(ちんちゅんしん)氏の『神戸ものがたり』を
久々に読んでいる…旧暦「閏卯月廿日余り二日」
早朝です…「うるううづきはつかあまりふつか」
当年二回目の初夏の四月二十二日です…陽暦では
6月13日で今宵「下弦の月」…雨模様で無理そう…🌗☔









『神戸ものがたり』の序盤に「濫觴」は出てきます…
神戸に「濫觴」とても多いのです…さてその意味は?

「早朝」もある意味では勿論「濫觴」なのです。(^-^;

そしてモーツァルトもNPにとってはクラシック
音楽の「濫觴」なのです…愛好の同士にお借り
している『100モーツァルト』10枚組CDから…
今朝は「おはようモーツァルト」…相応しい曲。(^^♪

フルート四重奏・オーボエ四重奏・ホルン五重奏
最高峰とされるセレナーデ13番(アイネクライネ…)
フルートとハープのための協奏曲など…心地よく。

珈琲もNPの「濫觴」とも言える「小川珈琲有機」
の「封切ドリップ」一口目を美味しく堪能の朝。


雨の確りした音のする神戸市内の街へ出ます
梅雨だからこそのよき一日でありますように。☂


さて嚆矢濫觴とは?

濫觴とは?




このページのトップヘ