NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ:食(しょく) >

はぜつりしかがんにざす


10cm弱のハゼを次々と上げながら呟く
河口の同じ方を向いて暫し拝聴お尋ね

十五夜の翌朝七時はちょうど満潮時で
大潮の満潮を調べて来ているそう成程

潮が今は逆流していてハゼも上るとか
野暮な話だけれど鯊(釣り)は三秋季語

あと一時間でもう川底が見えるように
なっていなくなる… 唐揚げ旨いんやで

鯔(ボラ)の幼魚がエサだけ上手く食う
このヒキはそうやな… やられた…餌?

ゴカイは高いしあっと言う間やからね
30分… わしはオキアミや持ちがええよ

外来魚とか大丈夫なんすかこの辺り?
おらんわ… 皆さんハゼ?… いや色々や

いろいろって?と聞きそびれたままで
おじゃましました…ハゼも釣師も色々


神戸市東灘区の清流住吉川両岸には高い
防水堤に守られた遊歩道が続いています
が 画像はそのコースが尽きた先の「渚」
普段ならもっとずっと海にせり出します


【渚にて ジョーサンプルの秋思する】
(『朱華』「秋への扉」より)


ウォーキングは背筋伸ばして両腕を前後
にしっかり振って踵(かかと)から着地し
顔と目線を前向きに上げ小一時間 距離と
歩数は気にせず… 季節の風物に游びます


【鯊釣りの老師と汽水域游ぶ】



DSC_0950
DSC_0952

山下清画伯の文体に惹かれ 、。「」なしで
なぜなら読まない 発音しないからなんだな


褄と書き端の方を指し 添え物のこと
具という字をあてることもあります

褄は着物の生地の端 はし の部分で
端の字自体を つま とも読むのです
ついでに妻も夫も つまと読み両端

また具は ともと読みますから擬音と
言いますが つまとともは似ています

飲食のお店によってほぼ定番があり
また並ぶ魚によっても取り合わせが
あります 季節や彩りなども加味され
刺身の捌 さばきと共に板さんの力量


【夏魚いいのが入りましたから】
(『蒼穹』夏の部)


画像はこの夏の想い出の刺身集
刺身は勿論すべて旨いのですが

栄螺  鮪  鰆  螺貝  鰹 読めますか

鰹は国字つまり日本製の漢字で
万葉集には堅魚かたを の表記が
ありますが松魚とも書きますね
夏の季語で画像は刺身とタタキ

解答は最下方で文章の  つま に

肝心のつまのなかでは 茗荷 が
いい薬味になってくれています
合わせて読んで味わってみては



【茗荷の子  キミありて刺身の一家】



DSC_0865
DSC_0901~3






















































さざえ 三春の季語
まぐろ 三冬の季語 
さわら 晩春の季語

しかしこれらは夏も旨いのです

つぶがい 海螺貝とも書き巻貝
つぶ螺はさざえにも共通します

かつお 漸く三夏の季語が登場

みょうが 茗荷の子は夏の季語
みょうがの花は秋の季語ですね

季語とは素敵な風物詩ですよね
でも区分が曖昧で不自由な時も


とうとう松山には行けませんでした
鉄道も宿泊も三日前にキャンセルし
市内の感染状況を憂慮してのことで

俳句甲子園は夏の甲子園とは異なり
無観客で終わりました英断に拍手を
前者はそれでも第25回で後者104回

ついでにオマケの つま  なのですが 
第18回NP組ネット句会は 処暑前日
締め切らせて戴きました 公開互選
会は無しで 結果発表をお楽しみに(^^)


【積年の想い道後に秋の雨】
(『蒼穹』秋の部)


【処暑の風ふきわたり慥(たし)かに畢(おわ)り】


南天荘画廊のメンバーシップのおひとり…
南熊山人(なんゆうさんじん)画伯が『朱華』
刊行のお祝いをと阪神御影駅の東南すぐの
『朱』(あか)を予約(前日迄は10%引有難し)
してくださいました…小ぶりながら人気店。

画廊の閉じた18時から御影クラッセの
ジュンク堂で暫し(面白い ミステリー
新進作家発見…また別話にてご紹介を)
…徐ろに朱のカウンター予約席いいね。

本日の刺身盛り合わせと がしらの煮付け
…盛り付け味付けに器…酒肴ラインナップ
感じのいいお若い店主ご夫妻は8年目と。

山人画伯はさっそくお得意の似顔絵画と
翌日最終日の開廊記念展の案内葉書とを
手渡し…NPも第二句集の刊行葉書を便乗。

コロナ対策も万全に厳しい二年半を乗り
越え生き残ってきた「和酒菜」の名店…
それにつけても前衛的芸術家の鑑識眼は
…中原中也の「一つのメルヘン」のよう
に(季節は違うけど) さらさらと…皿皿と
見出されてゆくのでありました…感謝。


【夏魚いいのが入りましたから】
(第一句集『蒼穹』)


【朱の魚  朱夏に旨くなる乾杯】



DSC_0498
DSC_0499~2


こうぎょ

年魚(ねんぎょ/生まれた年に死ぬ魚)とも

そら豆に続き焼き物です…。

鮎は香魚と言われて三夏の
季語です… 背腹を挟む様に
やわらかに箸を立てて鮎の
全体を縦に解(ほぐ)します
… 香り立つ「清流の女王」。

皮や腸(はらわた)を含めて
…余すところなく食します
骨はちょっと手強過ぎて…。   


鮎の塩焼き100g換算で143kcalカロリー
80kcalあたりのグラム目安量は55.94g。  
たんぱく質が多く26.74g、脂質が11.86g、
炭水化物が1.36gでそのうち糖質が1.34g
となっており、ビタミン・ミネラルでは
ビタミンDとビタミンB12の成分が多い。
(https://calorie.slism.jp/より)



【鮎香る 余すところのなき浮世】



吉田拓郎さんの引退報道があり
新譜『ah-面白かった』発売の
六月末に…ひとりで戴きました。


『今はまだ人生を語らず』というアルバムの
タイトル曲を思い出します…拓郎さんはもう 
語れるのかも知れませんが…NPはまだまだ。


【今はまだ春夏秋冬を語らず】

(『朱華(HANEZU)』より)



DSC_0453~2


カワハギ(皮剥・ハギ・はげ)
ウマヅラハギかなと思います。


職場から坂道をアップダウン 
昼食休憩で定食屋の日替定食。

先日の神戸新聞第一面 正平調
「魚の綺麗な食べ方・嗜み」。

触発されて実践の機会を伺い
この日晴れて煮魚定食の試練。


カワハギは三夏の季語です…
無粋ですが700円これは安い。

肝も含めて歯応えふくよかさ
煮魚ハギは舌と臓腑に沁みて。


【皮剥はあとひとつで終いと主人】


DSC_0400
DSC_0401


このページのトップヘ