NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 鉄道

兼務校の桜観た後の旅


佇立(ちょりつ)
佇(たたず)む

佇(た)つ


朝からの荒れ模様でさむざむとしていましたが、
鉄人気の加古川線のナイスショットをホームで、
今春帰還の旧友とのツーショット(非公開)を
駅前の居酒屋でゲットできた18切符の小さな旅。

春の青春18も4月10日が使用期限… 二回分を
残してあり、この日がセミファイナルでした。

加古川は昨夏以来ですが、あの時と同じ店で、
あの時に出来なかった話をするのは愉しかった。


【荒れるのは心の一隅だけサクラ】


【凡そ春らしくない日のチューリップ】


1000007850
1000007851
1000007849
1000007848
1000007847












『オッペンハイマー』のラストシーンには
実に実に感銘を受け、大袈裟ですが広島に
少しでも近づきたくて、残りすくない青春
(18切符)を行使して、姫路そして岡山へ。🚃

ミント神戸を出てすぐに三ノ宮駅東改札口
から新快速で姫路へ、いつもの手弁当持参
これを今日は姫路城を正面に見ながら更に
地ビールのしらさぎエールで、ひとり乾杯。

天気は花曇りで、世界遺産は今満開の桜に
包まれていました… 姫路駅に戻り、まねき 
の駅そばの後、普通列車を乗り継いで岡山
… 改札を出ず構内新幹線入口近くで又乾杯。

ままかりの押し寿司、かけ蕎麦、缶ビール
… この三点セット990円は何だか嬉し過ぎ、
帰りは久しぶりに新幹線「さくら」岡山の
次は新神戸、あっと言う間の帰路につく。🚄

脳内、バッハのカンタータが鳴り響く幸せ。


【青春の18切符桜満開】


1000007757
1000007759
1000007781
1000007782
1000007769
1000007773
1000007779



  

【ふるさとをあとに49年目春】


敦賀駅構内の特設プラレールコーナー

敦賀駅のエスカレーター新幹線壁面画

もうJRではない在来線の北陸本線を陸橋の上から

えちぜん鉄道たけふ新駅の「光る君へ」車両など



1000007579
1000007577
1000007657
1000007661
1000007663
1000007665
 

新快速・近江塩津行き&敦賀行き
北陸新幹線・はくたか(東京行き)


青春18切符(第三セクターハピラインには乗れず)
サンダーバードは全指定席で敦賀止まり(乗らず)
特急しらさぎ敦賀行きは米原駅撮影のみ(乗らず)
新幹線敦賀駅から越前たけふ駅までは12分1470円


越前たけふ駅から、実家リターンを経て、市街の゙
菩提寺や「ちひろの生まれた家」まで歩き、帰り
は在来線(もうJRでは無い、三セク・ハピライン)
の゙武生駅まで、16000歩強で約10.7km僕は歩いた。


在来線の武生駅は、駅前レンタカーが新幹線駅に
移転し、構内のセブンイレブンは無くなった上に、
待合室の立ち食い今庄そばも早々に売切で店終い、
1時間に1本しかない上下線のスカスカな時刻表。

はっきり言って「見捨てられた?ミステリー駅」、
それでも♪夢は今もめぐりて忘れがたきふるさと。


【ふるさとの旧い駅には春の夢】


1000007567
1000007565
1000007559
1000007585
1000007684
1000007573
1000007591

1000007691
1000007603














































































10000076891000007617

完全なゼロバリアフリー、足腰立つうちに是非共。

天守の地階から六階まで一方通行の急な上り階段、
さらに鎮守の小社を拝んで又一方通行で下り階段。

歴代城主の六家の家紋入り御城印が六種類販売中、
一種300円でコンプリートセットが1800円の潔さ。

国宝にして世界遺産、さすが圧巻の仕掛けと演出。

姫路市内の大空襲を奇跡的に免れた広大な城郭は、
西の丸だけで30分かかるから、合計で二時間半超。

さらに桜橋から外に出て隣接する庭園の好古園も、
40分ほどゆうるり散策して、御庭印を初めて入手。

インバウンド多く、連休明けの平日公休日に安堵、
覚え書きの代わりに画像多く残すもキリなく割愛。

コンセプトは「世界的フルコース型の難攻不落城」
と見ましたが、秀吉や千姫ゆかりの悠久の時流れ。


天守閣を正面にみるロケーションの屋敷風食堂の
ランチテラスで冬日を浴びながら、おでん等賞味。

純米酒「姫路城」の小瓶、ここからふわふわ街へ、
繁華街のみゆき通りより、西二階町のアーケード。

一品の粒餡のみ「鯛焼本舗」発見、一尾150円を、
店頭木のベンチにて、アツアツさくさくを頭から。

駅前ピオレに戻り、姫路通のかたオススメの眺望、
四階スタバから大名通り北に貫いて真正面に天守。

もちっとほうじ茶フラペチーノ生クリームバニラ
に「求肥」の食感が、スバラシーノとひとりごと。


冬の青春18切符は最後の5回目、活用じゅうぶん
条件を自画自賛し、ホームで「まねきの駅そば」。



【青春は心の若さ残り福】(^^)


【募金箱能登半島へ真っ直ぐに
   届け心の若さ捧げん】🗃


【二万歩を仕事始めの前日に】🚶‍♂


(^^)・・・
青春とは心の若さである(松下幸之助)
宵宮・本戎・残り福(十日ゑびす)

🗃・・・
この日は姫路城、レジ横など数か所あり。

🚶‍♂・・・
わたくしの場合は約14km、歳末は翌日
全身疲労でしたが、果たして年明けは。





このページのトップヘ