NPブログ - Leitmotiv ~言葉・論理・主題連鎖への旅~

カテゴリ: 鉄道

阪神芦屋から
JR芦屋を経て
阪急芦屋川へ。


村上春樹&谷崎潤一郎&
椹野道流(ふしのみちる)
「最後の晩ごはん」等に
点在するゆかりの場所と
並走する三つの鉄道駅と
敗戦の日でもあるので…
神社参拝行もと欲張りに
目論んでいましたが現役
閣僚の靖国参拝を聞いて
何より熱中症の危険度を
感じて「冷製脳内さんぽ」
に切り替えて楽しみます。

エアタッチがあるのなら
エアウォークどうですか。


書店
警察署
ケーキ店
料理店
神社
記念館
公園
図書館分室
文学碑
洋館医院
和菓子店


それから別系統の興味で
モダニズム芦屋仏教会館
この設計は奈良ホテルや
大阪中之島公会堂などの
名建築を手がけた片岡安
…阪神淡路大震災を無傷
で耐えたことに敬意を…。


脳内散歩は…到底行ける
はずもない広域にまで心
遊ばせることが出来ます。


秋深まる頃にリアル編を
是非共お届けしたいです。


【月遅れ盆をゆらゆらエアウォーク】

IMG_20200815_100934





DSC_2676
DSC_2677
京都の鉄道博物館…
お出迎えの顔の一つ
それがゼロ系新幹線。🚅
(第8回鉄道友の会ブルーリボン賞)

旅客機のようなヘッドで
…対照的なものとして…
500系はジェット戦闘機。🚄
(第41回同上賞)

画像は0系の三連席と
グリーン席も合わせて
…前者はいまだ使用中
(JR北海道)と鉄ヲタ君。


「0系」

「高度経済成長期」
から
「バブル景気 直前期」
まで
製造/改良を重ねたのです。


象徴的です…ゼロ系と
いう響きがいいですね
ゼロからの出発であり
「ものづくり」を大切
にして「つくる責任」
「つかう責任」を全う
しているのです極めて
SDGs的な新幹線…
それは兎も角として夏
の想い出が強いですね
…夏休みにしか乗れず
大学院一年目の東京行
もまた奮発しての夏旅。




【我もまた0系なりし夏の旅】






🚅新幹線0系電車(wikipediaにNP編集)・・・
日本国有鉄道(国鉄)が1964年(昭和39年)の東海道新幹線開業(東京五輪)用に開発した、初代の営業用新幹線電車である。同時に「世界初の高速鉄道車両」でもある。
1964年(昭和39年)から1986年(昭和61年)まで38次にわたり、改良を重ねつつ総計3,216両が製造された。世界で初めて200 km/h を超える営業運転を達成し、航空機に範をとった丸みを帯びた先頭形状と、青と白に塗り分けられた流線形の外観で、初期の新幹線のイメージを確立した。
1965年(昭和40年)、第8回鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞。
1964年の開業から、東海道・山陽新幹線用として足かけ44年にわたって運用されたが、2008年(平成20年)11月30日に定期営業運転を終了、翌月2008年12月14日のさよなら運転をもって営業運転を終えた。

神戸新聞販売所に行った翌日に
… まったく別件で神戸新聞社の
記者さんに「追加取材」を受け
こうしたことには流れがあると
… あらためて実感した次第です。

純正のスクラップノート二種類
…「正平調」は朝日「天声人語」
にあたるもの… 複数名のかたで
書いていて私も誰か判りません
と担当の記者さんに伺いました。

どちらも味わい深い企画物で…
リアル新聞ならではの醍醐味…
NP自身も別記事のモティーフ
になりたいと考えているのです
… ささやかな掲載が楽しみです。


【秋風にスクラップ旅も人生も】


【駅舎なる休憩所から秋の雲】


IMG_20200813_075049



半端ではない鉄道蘊蓄埋蔵量を誇る
なまじの鉄研レベルには留まらない
…実名でもいいですよ(自信)… 今春の
卒業生にして当ブログに欠かせない
コメンテイターの「ヲタ」使用流儀
… 鉄道ヲタくさん語れる漢(をとこ)。

1594891084259
京阪プレミアムカー6号車担当員は
航空大手の委託する客室乗務員で
研修を受けた誇り高き仕事師…との
ことも含め沢山語ってくれました。

樟葉(くずは)モール南館1Fには京阪
3500系の往年のテレビカーが鎮座
していることを予習の彼は花屋の花
(バイト先学習塾へのアレンジメント)
抱えつつ… 鉄近きに在りて寄らずは
義なきなり…と言わんばかりの撮影。
1594891060960

!?意外にも京都鉄道博物館にまだ
足を運んでいないとのこと… 次回は
杉くんならではの梅小路ネタを約束。


シベリア鉄道の話が面白かったな
誰でもすぐに乗れますよ夏がいい。


文化情報を学究的に学ぶ…
数Ⅲを解する文系の鉄ヲタ
キミは本当は何鉄なのだ?


【乗れるらし夏のシベリア鉄道に】



光栄です。

先日の当ブログ
「在宅で鉄旅続く暮春かな」記事は
「ひょうご駅散歩」という神戸新聞
第三面の「切り抜き帳連載」企画に
ついてNPスクラップ頁UPでした。(^^♪

そのコメント欄にマニアック杉くん
が蘊蓄譚をお寄せくださったことは
想定内でした(有り難うございます)
・・・が
紀行作家の田中正恭氏…つまりは…
連載著者ご本人からコメントを戴き
とても嬉しく又恐縮至極のNPです。

こういう「学び遊び」って続けると
「御利益ごりやく」あるんですよね~。\(^o^)/

コメント欄には田中正恭氏ご自身の
ブログリンクありますから是非とも
鉄っちゃん・鉄男・鉄やん…さらに
鉄子・鉄嬢・鉄おばさんのみならず
旅は続くよ~皆さまも🚃ご乗車を。(^o^)丿


そしてNPブログ「ライトモティーフ」
実は当記事アップで「88」鉄寿を
回数重ねることになります…合わせ
てご愛顧のほど宜しくお願いします。


【レールのやうに人繋がりて牡丹華く】


明日29日(水)昭和の日から七十二候
「牡丹華」(ぼたんさく)…ボタンの
花が咲き始める頃に入ります。🌸←なんか違うけど花


【春深し負けない必ず咲くから】


IMG_20200428_043957
IMG_20200428_050602

このページのトップヘ