NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ:詩・短歌・俳句 > 芭蕉と「奥の細道」

『NP第3号』では「超訳 奥の細道」が、
前号の続きで、名取川を渡っての仙台入り
【宮城野】から再開… 陰暦での五月四日は
端午の前日で、軒先に邪気祓いの「あやめ
拭く(挿す)日」と… 芭蕉もそう記している。

その陰暦五月四日は、陽暦では今年の場合
6月9日にあたる… 同時並行で書き進めて
みたいと考えて、そろそろかなと岩波文庫
の『芭蕉 おくの細道』を手にとったところ、
ドンピシャ今日の日曜日だったので感無量。


さて、第3号では奥州路の゙何処までの旅を、
芭蕉の句、曽良の句を含む全文現代口語訳
でお届けできるだろうか… 原稿の〆切日は
8月末日で刊行は10月予定、お楽しみに。(^^)/


【陰陽の芭蕉パラレル入梅す】


2024(令和6)年の場合、旧入梅(陰暦の梅雨入り)
は「芒種を過ぎて初めての壬:みずのえの日」なので
6月7日(金)、新入梅(陽暦の梅雨入り)は「太陽
黄経80度」にあたる10日(月)と比較的近く面白い。(^^)


さあて、大学遥か彼方の後輩、桂天吾さんの光徳寺寄席
に千日前線の小路に来た… 前回も春雷の雨だったなあ。☔


1000008400






「松の内」は明日(十五日)の「小正月」まで…🎍
これが関西では一般的で、十六日は「藪入り」。


公私共に久しぶりの完全オフにした十四日(日)、
松の内の締めとなる旅は、アウトドアにするか
インナートリップか、二択ながら暫し思案です。


A: 近場で小さな旅
いつもの「住吉川SDGsクイズ日記」の旅

B: おくの細道の旅
続けているNP超訳で「白河越え後」の旅

どちらかと言うと…、
Aは体を使うリアル、Bは頭を使うバーチャル。

Aを終えてからのBは意外にも可能なのですが、
その逆は厳しい… 頭使うとほんとに疲れます。

明日からの一週間が、今年初めてのフル稼働
の仕事であることを考慮し、自重してB旅に。
(「稼働」で志賀町原発を想起…ご無事を祈る)


標題句にあるように、(午前九時〜午後三時で)
白河越えから、阿武隈川・影沼・須賀川を経て、
日和田・安積山・二本松まで歩きました…芭蕉
この間は(たぶん)馬は駆らず川渡りもしながら、
歩いているようです…須賀川の宿場で四五日の
停泊がまた面白いですね…ほんとに連句会かな。


参考文献は幾冊もあるのですが、先入見が入る
とよくない(口語訳が生硬になりやすい)ことも
ありますから、前記した通りに… 原本にあたる
『芭蕉 おくのほそ道(奥細道菅菰抄 付)』と、
『芭蕉自筆 奥の細道』(共に岩波文庫)二冊、
これで、まず(ゆっくり)突っ走っています。


さて、Aのリアル旅をしなかったことで、ふと
思い出しました…三が日に1日だけの住吉川…
クイズの回答を忘れていました…以下にQ&A。


《住吉川SDGsクイズ日記  1月2日スペシャル》


《Q&A》
①アオサギを一羽発見、本当は何色?
 ⇒灰色、英語ではグレーヘイロー。

②カルガモと鴨との大きな違いは何?
 ⇒大きさと佇まい、鴨は軽くない。

③ピッコロのような竹笛を川べりで
 吹いている女性が繰り返す曲名は?
 ⇒「花は咲く」(東日本大震災復興曲)

④この日ゴミが多かったのは河口で
 トロ箱いっぱいの各種ゴミ一体何?
 ⇒年末のパーティーの残骸かと。
  
⑤タバコの吸殻とマスクの個数比は?
 ⇒9:1、季節柄マスクは捨てない。

⑥普通紙で折った千羽鶴大量のなぜ?
 ⇒推測は…木の葉と共に飾り付け。


【陸奥(みちのく)へ芭蕉とともに松の内】


【松の内畢(おわ)り細道旅続く】


🎍
松の内・・・(nikkei.comより)
年が明けて松の内の7日を過ぎても、大阪の町の
あちこちに門松やしめ縄が飾ってあることに気が
ついた。きれいに片付いている東京とは、季節が
異なるかのようだ。理由を尋ねると、大阪では
15日までが松の内という。ゆったり正月を祝おう
とする姿からは、大阪商人の誇りと意地がのぞく。

藪入り(やぶいり)・・・(wikipediaより) かつて
商家などに住み込み奉公していた丁稚や女中など
奉公人が実家へと帰ることのできた休日。旧暦の
1月16日と旧暦7月16日がその日に当たっていた。
7月のものは「後(のち)の藪入り」とも言う。





初帳面の初頁に入れ


一月六日は青春18切符で大垣へ。

初めての御城印帳を大垣城で購入、
貼り付けではなく挿し込み便利帳、
記念すべき一頁目に無論「大垣城」。

城内展示のコンセプトは何と言っても、
「関ケ原の戦いへの石田三成の誤算」。

結果は名だたる西軍武将と東軍武将の、
戦後の「斬首と俸禄」にまざまざと…。


大垣は江戸(東京)の帰途も合わせると、
もう五回目なので昼食はいつものお店。

駅前両側アーケード街の西通り中程に、
ふたつ並んだ寿司店のうち「すし半」。

プレミアムランチ1200円が成算の逸品、
にぎり・細巻・茶碗蒸・天麩羅・珈琲…。


そして、この日も芭蕉記念館でゆっくり
飛び出す映像「おくの細道」を見ながら、
「小寒」の、意外にも穏やかな冬日和に、
細道の果て、関ケ原の果てに浸りました。


【小寒にむすび地の果て大垣に】


この一冊は、余りにも心に染みたので再読、
青春18切符、日帰りの旅で大垣に携行した。

中味に触れるのは、文庫が新しい分ご法度、
でも少しお赦しを、金沢や輪島が描かれる。

これは奇遇でも確率論でもなくて、必然的、
能登半島地震お見舞いの気持ちが、沸々と。

大垣では、大垣城と芭蕉記念舘の二か所に、
滞在時間、三時間半弱しか居られなかった。


駅前や人通りのある所で、義捐金の募金箱、 
見かけたら必ず硬貨数枚、入れることにし、
今日も一万歩遥かに越え、歩けども見えず。   


【そりゃあなた思いが足りない冬の能登】






ちょうど地方統一選挙の時期で
つわものどもが夢のあとの儚さ
… 明石は神戸方面から人口流入
もあり子育て支援など人気の町。


たこ
(蛸・鮹・鱆・章魚)

三夏(夏じゅう)の季語で
子季語に蛸壺があります。

芭蕉が「笈の小文」の旅で須磨から明石に足を
のばした時の句が柿本神社の句碑にありますが
柿本人麻呂の「あしひきの」歌碑の刻字鮮やか。


《 蛸壺やはかなき夢を夏の月(猿蓑)》


季重ねながら季語は「夏の月」の方とか
須磨明石の旅だから源氏物語を踏まえて
(壺は桐壺・梅壺・藤壺などの局つぼね)
蛸壺とか… 御当地は一ノ谷や敦盛跡近く
はかなき夢は平家物語の盛者必衰だとか
須磨の浦の謡曲「松風」のイメージ入り
とか… いずれにしても秀逸句のようです。


もう一碑

《ほととぎす消えゆくかたや島ひとつ(笈の小文)》

があるのですが…明石天文科学館の前庭にあって
この日は敷地内が定休日で見られませんでした。


気を取り直して柿本神社の茶屋で「でんがく」を
いただき更に南下して魚の棚(うおんたな)商店街
の「たこ磯」(行列30分)で「玉子焼き」を賞味…
明石焼は玉子焼きと呼ばれるつけ汁型のたこ焼。


芭蕉のゆかりを訪ねての鉄旅続編のはずでしたが
仕舞いは季節限定や明石ゆかりの食を味わう旅に。


この仲春(3月中旬〜4月上旬)はよく旅をして歩いて
映画をみて本をよんで美術館や寄席にも足を運んで
食彩を味わい… 春の夢は時の流れに身を委ねること。


すでに仕事モードに入りましたが…ひとつだけ撤回
LINEのこわ(強・怖)さと有り難さが分かり近々復旧
いたします…独り善がりでご迷惑ご心配おかけして
よろしくなかったです…やはり「つかい方次第」で
おそらくはChatGPTもそうなるのでしょう甚だ自戒。



【戦いの続くあとさき春の夢】



DSC_2407
DSC_2408
DSC_2421
DSC_2423

DSC_2426~2


このページのトップヘ