NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 心理学

『プロカウンセラーの夢分析』は「実際」的です。

「夢中夢」の原理は至ってシンプルでテクストに
よれば…「私は何か悪いことをしてしまって…」
どこかで「夢であったらなあと思っている」現実
を抱えていることにより…夢の中で夢としてみる
「二重のクッションにより夢見者を守っている」
のが「自分でわかる」ということを意味すると…。

ややこしいですが…つまりこういうことですね…
「悪いことは隠しておきたい忘れたいことで…」
「悪いことの内容を直接夢にみるのではなく…」
「夢中夢」として「邪悪な願望をコントロール」
出来るようになる迄「夢をみる夢」にしておく…。

夢の中でこれは夢だとわかっている夢をみること
…それは珍しいことではありません…夢を覚えて
いられないことが多いのは「自分を守る」ことだ
とは意外と「わからない」ものです…「わかる」
ことは時として…おおいに「こわいこと」ですね。

**********************

『知識ゼロでも楽しく読める!数学のしくみ』は
「わかる」というキーワードで繋がれたもう一冊。

「ポアンカレ予想」も又「夢の中の夢」のようだ
と感じながら…「宇宙の形がわかる」という難題
のエピソードを読んでいます…こちらもシンプル
「単連結な3次元閉多様体は3次元球面に同相」
…一見ややこしいですね…いやほんとに難解です。

しかし具体的妄想的には…つまりこういうこと…
「どこにロープを置いても、縮めて一点に回収の
できる図形はほぼ球形である」…ポアンカレ予想
による「宇宙の解明図」の絵が載っていて…説明
…1⃣無限に伸びるロープを地球に結んだ宇宙船が、
宇宙のすみずみまで飛び回ったとする…2⃣宇宙船
が地球に戻ったあと、ロープを回収できれば宇宙
はほぼ球形だと考えられる…ということなのです
…そしてこの100年間解けなかった難題を2003
年に解いたのが…ロシアの数学者ペレルマンです。

数学の「実際」に疎い自分としては「夢中夢」と
そうは変わらない「こわいこと」(わかること)だ
とも思われます…こんなことを予想(夢想)して
自身も証明できず…100年間挑んだ天才数学者
たちにも果たせず…遂に証明された「正夢」の話。

**********************

4月8日は「花祭」= 灌仏 会(かんぶつ え)です…
生誕の時代に諸説(紀元前4C~前11C迄)のある
「釈迦」(おしゃかさま:のちの仏陀ブッダ)の
誕生日です… 降誕会・仏生会・浴仏会・龍華会・
花会式など別名が沢山あります…全て晩春の季語…
時を遥か遥かに越え夢の夢の如く生き続ける釈迦。


【花まつり夢の中また夢をみた】


IMG_20210408_090409





まず
この「夢中夢」は前日のテクストに明確に
項目立てがありますからあらためて述べて
みたいと考えています… ご推察の範疇かも
しれませんが… それは不思議と現実的です。

さて
ずっと以前によく言われたことがあります
が…NPブログわかりにくい・具体的にどう
なの・理念的で何を言いたいのか(高飛車)
などなど… おっしゃる通りなのです猛省…。

でも
習い性は如何ともし難く反省はしても改善
出来ないのが… 哀しい「性(さが)・業(ごう)」
なのですね… 生き方や考え方がそう簡単に
変えられないのと同様で… 夢と現実の狭間。

そう
今現在の生が夢と現実のどちらなのか不明
になる恐怖を描いたミステリーとして強烈
に印象に残っているのが『クラインの壺』
です… 当ブログに何度かご紹介記事あり…。

ただ
併読を始めてしまったのが下掲の本なので
順次適宜また問わず語りをさせていただき
この「夢中夢」「夢と現実の狭間」の話題
合わせて… なんとか「わかりやすく」と…。


【春の夢どちらの生が現実か】


追伸
大分前からそうなのですが当ブログ全て
「予約投稿」にしています… アップ時間
にはその画面に向き合ってはおりません
… それもまたこうした仮想現実的な妙…。


IMG_20210403_043955


東山紘久ひろひささん(10日前ご逝去の臨床心理学者)
『プロカウンセラーの夢分析』(創元社2002年第1版)

小此木圭吾おこのぎけいごさん(2003年没の精神医学者)
『精神分析のおはなし』(創元こころ文庫2016年刊)

IMG_20210402_093854
この二冊にテクストを変え
「夢をみた」シリーズ継続
…前者は
「夢分析の基礎」
「夢分析の実際」
の二部に分かれ…
「~実際」が
「A誰でも見る夢」
「B人生節目の夢」
「Cピンチとチャンスの夢」に
分かれ…
Cの一つに
“戦いの夢”という章があります。



前記事の「空爆にゆく」を「戦いにゆく」夢と捉え
「夢見者」の「戦いの夢の実際」にシンクロさせて
ゆくと…次のように読み換えることが出来そうです。


夢見者は、パイロット(戦闘飛行士)のように、現実
の敵国(組織)相手に戦っているのではありません。
…だからこの戦いは、夢見者の心の中の戦いです。
敵国とは…「夢では自分の人格の影の部分のこと」
…影とは自分が受け入れられない自分の性格です。


その場に味方の上司も敵もいるというのは、影の
性格と日向の性格それぞれが人格の半々を占めて
いるからです。そのうえ、その場で半分いる敵と
戦っていることを知っている人(意識)は、夢見者
を攻撃してくるのです・・・(中略)・・・意識は
影の証拠を隠したがります。夢見者は慎重にこと
を運ぼうとしています…これが「獅子身中の虫」
である影との戦い方なのです。



「影」は河合隼雄さんも『影の現象学』で詳細に
論じていますから…こちらも本棚ラックから引っ
張り出してきて…ついでにフロイトの『夢判断』
文庫版…おまけに偶々横に並んでいた宮本輝さん
『春の夢』…全部読みたくなってしまいました。

(もうそろそろ「読める期」が終焉近いのですが
「獅子身中の虫」が最後の悪足搔わるあがきです…。)


【麗うららかに自分の影と影踏みを】

空爆する側のパイロットのひとりが自分で
空爆される側の人間もどうやら近くにいる。

わからないように上司とアイコンタクトを
とりながらさりげなく身をふるまっている。

時刻が迫り空爆への飛行機に乗り込むため
まず他にさきがけこっそりその場を離れる。

そこで夢は途切れたか目覚めたか微妙です。
健全な夢ではない…そもそも夢に健全は…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

E・フロムはナチスに追われてアメリカに
帰化し早くから「権威主義の研究」に参加
しています…夢の解釈に関しても「父」の
「母」の…「神々」「国家」「独裁者」の
から「原理原則」「主義主張」「医学者」
まで多岐に渡るものの「権威」の影を象徴
言語として捉えているようです…フロイト
を継承して例えば銃(ピストル)を持った男
については…同様に性愛(リビドー)的に捉
えようとします…さて、上記の夢は実際に
四月一日未明にNPが見たのですが…では
どのように解釈されるべきでしょうか…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レム睡眠(浅い眠り)の時に人は一晩に4・5
回は夢をみているという説もあり…それを
憶えているもしくは印象的に再現できると
いうことは…余程強いインパクトがあるか
覚醒下での意識がそれを記憶中枢から抽出
することに慣れているということでしょう。


夢分析は
フロイト派(自由連想法的解釈)
ユング派(神話昔話イメージ法解釈)
に分かれ…更にフロム(常識的洞察的解釈)
となるようですが…もう少し文献ガクシュウ
を深めることにします…上方の一見して特殊な
夢にも何らの寓意を考察してみたいと考えます。

それにしても空爆とか悲しくて怖すぎますね…。

(続きます)


【空爆は短篇バグダッドの靴磨き
   米原万里の渾身の遺作】


【卒業は自由からの逃走の一歩】
[「贐(はなむけ)十四連句のソネット」より
    …「自由からの逃走」はフロムの言葉]

精神分析学者で新フロイト主義(社会現象に適用)
とも言われるエーリッヒ・フロムの標題の書で
「夢の性質」章終盤に一つのまとめがあります。


夢の中では、他人に対するわれわれの関係、ある
いはわれわれに対する他人の関係への洞察や価値
判断や予言が起こるばかりではなく、また めざめ
た状態よりすぐれた知的な働きがあるものである。

(外林大作訳)


(象徴的な実例)
例えば、ある化学研究者は、どうしても現実では
ある物質生成の化学式を完成できなかったのだが、
夢の中で遂に果たし、幸い目覚めても憶えていた
ので、偉業を達成したと… それがベンゼンだと…。


(フロムの解釈)
起きている、普通に活動するということは雑多な
他の情報に惑わされているとも言え… 夢の中では
純粋にそれだけに集中して考察できるから当然に
それは可能であり、ゆえに「予知夢」にもなる…。


(ここから私見)
しかしながら、これは、もう既に、思考回路の中
では仮想現実的に或いは潜在意識・深層心理的に
「実現」していたのではないか… それがただ単に
後発的に夢の中で叶ったということではないのか。


(「問題を解決する」)
ひょっとしたらそれは、夢の中で予知夢のように
実現したことを、すっかり忘れていて、現実の中
で、初めて叶ったと思い込んでいるだけ… かもね。


(構造主義的に)
にわとりとたまご… どちらが先なのでしょうね…
そもそも「先」は「前(さき)」でもあり「後」で
もあり、「後」は「跡(あと)」でもあり「後」で
もあり、どちらも、結局は「後(あと)づけ」では?


(比較文学概論)
サザエさんよりも、こちら「さき」に読みました
が、どちらも、なんて「前(さき)どり」なんだと…
今つまり2021春を…豊かに穏やかに予見するかの
ような、サザエさんもフロムも、すごいなあと…👀✨


【春の夢のあとさきさきは前?後?】


IMG_20210331_181615
IMG_20210331_181708



このページのトップヘ