NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ:詩・短歌・俳句 > 俳句と川柳

今回は投句応募者それぞれの
一番句をお伝えすることに…
参加記念に俳句雑誌「奎」の
新年度春号(3月刊)を送ります。

ご住所の登録がまだのかたは
任意ですが下方コメント欄に
書き込みお知らせをください
… 非開示のままで対応します。


本日6月6日は
旧暦五月八日
二十四節気の
「芒種」です。

稲などの芒(禾:のぎ)のある
穀物の植え付けの季節です。

次節は十五日後の「夏至」
…一気に朝が早く日が長く
なってゆきます…夏への扉。


一番句への相互批評なども
ご遠慮なくコメント欄に…
次回はまた盛況な句会をと
主宰NP心よりお待ちします。



昼寝子の隣で開く参考書 
(木乃香)

教室にすんでる金魚また明日
(健志)

夕焼けの帰り道ふと懐かしむ
(金木犀)

すれ違う他所の金魚と目が合った
(市森)

おそろしや珍風止めるてだてなし
(黒柳徹男)

化けの皮剥がせば甘きバナナかな
(ひつじ子)

牧神の夢からさめし午睡かな
(俳人28号)



【蟷螂の生じて斧なき闘いを】


「芒種」同日から五日間は芒種初候で…
七十二候「蟷螂生」(とうろうしょうず)
…歳時記にはカマキリが現れ始める頃 と 。


斧有ろうとも無かろうとも
見えない何かと闘い続けて
… 意気軒昂でありたいです。


入賞入選なしは、むしろ心からのエールです。

公開互選会を当ブログ上で開催するためには
10名以上、もしくは50句以上のご投句をと…
秘かにハードルを設けておりました… そして
次回より必ず、公開互選会を経ての表彰をと
切に願いつつ敢えて… 上掲のハイレベルの句
が揃いながらも見送らせていただく悔しさを
… 正岡子規の頻りに漱石と語った「月並」の
意味と共に味わっております…ご投句に感謝。



NP句会(2022年夏の部で通算第17回)を遂行中なの
ですが…あえて読者のみなさますべてに標題考を…。


当ブログ上に全応募句を一旦公開して…
各自が特選・並選を数句(自身の句以外)
選び当ブログコメント欄に投票(非開示)
…主宰(NP)がまとめたうえで選考結果を
更新記事として公表して表彰…後日賞状
と副賞を郵送…この形式を長らく継続中。


お互いに選び合うので「互選」ですが…
やはり人数は10名程度以上で 応募句は
50句程度以上が実施有効ラインかなと
毎回感じています…今回はどちらも微妙
… 表彰や副賞も見直してシン・クカイ。


期限を延長して 更に応募を待つことも
過回に何度かはありましたが…今回も又
…会員(約十七名)のかた…のみならず新規 
ご参入をこころ待ちして今週末迄の再考   
…応募(ご投句)資格は当ブログ読者が全て
下方のコメント欄にハンドルネームでの 
ご投句を「句の部分のみ非開示」で対応。     

 
リマインダー(参加費もちろん無料です)。


《兼題の部》
[南風(みなみかぜ・はえ)・泉(清水/滴り)・
昼寝(午睡)・金魚(各種)・バナナ(実芭蕉/甘蕉)]  
(今回はすべて三夏:夏じゅう の季語)

《自由律・川柳の部》
夏のモティーフ

[投句応募期間]
4月17日(春土用入り)〜 5月29日(日)迄に延長

[最終結果発表] 6月6日「芒種の日」 (予定:公開互選会を経て)


【昼寝するウルトラマンは旧のまま】

《兼題の部》
[南風(みなみかぜ・はえ)・泉(清水/滴り)・
昼寝(午睡)・金魚(各種)・バナナ(実芭蕉/甘蕉)]

(今回はすべて三夏:夏じゅう の季語)

《自由律・川柳の部》
夏のモティーフ



[投句応募期間]
4月17日(春土用入り)から
5月20日(小満前日)まで

[最終結果発表]
6月6日「芒種の日」
(予定:公開互選会を経て)


✳️応募の句数と回数とに制限はあり
ませんが二重投稿はご遠慮ください
又応募資格は当ブログ読者がすべて。


NP組ネット句会は春夏秋冬の各土用の
期間(立夏・立秋・立冬・立春の前日迄)
約18日間+立夏~立春の各候 約15日間
… の四部立てと新年の部で年に計五回。

投句期間は発足当初よりも延長され
変更済です… 投句の応募は当ブログ
当記事以降の下方「コメント欄」に
「俳号」(川柳は柳号)でご投稿を…
「句のみ非開示」で対応いたします
…参加無料で表彰の際にご住所確認。

会員募集 鋭意継続中です。

ご投稿で会員になれます…入会
退会随時ご随意です… NP組は
ネット上の「初心俳句集団」で
ここでの初心とは「自然のまま」
のニュアンスです… 投句以外は
掛け持ち自由… 各自でのご精励
を念じて… ご投稿お待ちします。


【無人島から恋文は南風】


おめでとうございます。  
折りふさわしく「卒業」
モティーフの句が並び
揃いました…一期一会。


【卒業特別賞】

歌(おと)もなくただ流れゆく旅立ちの日
(AKI)

卒業す後輩達の想い出と
(健志) 

卒業式またなまたねと変わりなく
(市森)

卒業は目とづるときと見つけたり
(俳人28号)
 
卒業が解無き問いを生産す
(北斗七星)

花束に思い出込めた卒業式
(木乃香)

 
【春うらら特別賞】

春うらら負け続けてもはる裏ら
(芦獏)

思いの外小さきパフェと春うらら
(金木犀)


[NPショートコメント鑑賞]

歌もなく:うた・おとの音霊の重なりと   
     声なき別れの哀しみが伝わる

卒業す:後輩達との想い出はそのまま  
    自身の至らぬ傷みとも重なる

卒業式:イニシエーションへの照れと 
    素っ気無く次に向かう哀惜と  

卒業は:人は人生で幾たびか卒業あり  
    最後にも目を閉づる逝く旅か
 
卒業が:解無き問いを、の中七が秀逸 
    生産す、の下五に解無き課題  

花束に:いろんな花束があり思い出も
    また花束のように束ねられる


春うらら: 高知競馬ハルウララ号です!
    うららの極意を「裏」に見る
 
思いの外:安堵と肩透かしで目を合わせ  
     思わず「春なのに〜」口遊む



卒業をモティーフにした「春なのに」
作詞作曲は中島みゆきさん2022年2月
23日に70歳になりました…ファイト!
ちなみに「春よ、来い」の松任谷由実
さんは今年1月19日で68歳に…春よ〜♪


まだまだやるよ〜まだまだ歌うよ〜
(吉田拓郎風)

とどめはたくろうさん…今春4月5日に
76歳になり…ラストアルバムは何時♫


【あああれは春だったねを唄う春】


では
4月17日の日曜日(春土用入り、復活祭)
まで…卒業休暇&充電期間として暫しの
休載(第二句集を7月に刊行する為にも)
…又懲りずに当ブログにお越し下さい…
コメントは随時の開示と非開示で対応
させていただきます…「一切感謝」(^^)。


有り難う御座います


【なごり雪ちょこちょこ追記してイルカ】


最後の追記…「なごり雪」のイルカさん
12月3日で71歳になりました…高齢とは
思わず恒例トリビア・ライトモティーフ。 
 


《兼題の部》
[のどか(長閑)・うらら・卒業・入学・桜]

《自由律・川柳の部》
春のモティーフ



[投句応募期間]
1月17日(冬土用入り)から
2月18日(雨水前日)まで

[最終結果発表]
3月3日「雛祭りの日」
(予定:公開互選会を経て)


✳️応募の句数と回数とに制限はあり
ませんが二重投稿はご遠慮ください
又応募資格は当ブログ読者がすべて。


NP組ネット句会は春夏秋冬の各土用の
期間(立夏・立秋・立冬・立春の前日迄)
約18日間+立夏~立春の各候 約15日間
… の四部立てと新年の部で年に計五回。

投句期間は発足当初よりも延長され
変更済です… 投句の応募は当ブログ
当記事以降の下方「コメント欄」に
「俳号」(川柳は柳号)でご投稿を…
「句のみ非開示」で対応いたします
…参加無料で表彰の際にご住所確認。

会員募集 鋭意継続中です。

ご投稿で会員になれます…入会
退会随時ご随意です… NP組は
ネット上の「初心俳句集団」で
敷居の低さには誇り溢れるもの
を自負しております… 投句以外
掛け持ち自由… 各自でのご精励
を念じて… ご投稿お待ちします。


《卒業す生駒山麓日本晴れ》
(松岡たけを)




このページのトップヘ