NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ:食(しょく) > 野菜

IMG_20201220_195515
🍅「ミニトマト」とは重さ10g~20g程度の小さなトマトの総称。一方、「プチトマト」はミニトマトの品種名の1つ。 昭和50年ごろ、「タキイ種苗」が開発した小さなトマトを「プチトマト」という商品名で売り出したそうです。(ネット記事 複数参照)





糖度8.0以上を誇るJA紀州ブランドの
ミニトマト「優糖星」を…有り難くも
やんごとなきおかたから戴き感謝…。

途轍もない美味しさと甘さです
完熟で口の中で弾けます… 凄い。


「体によいので」というお言葉
も合わせて戴きます… レコピン
が知られていますが下方に詳細。


トマトは晩夏の季語なのですが
今や通年あり… またこんな句も
あります… 花冷えは晩春の季語
茄子は晩夏の季語なので超然と。


《花冷や茄子にトマトに季節なく》
(鈴木真砂女「夕螢 」)


NPにもこんな句があります。


【小赤茄子わたしは此処を彩るわ】
(『蒼穹』夏の部)

小赤茄子に「ミニトマト」
ふりがなを振っています。


【ミニトマト志ミニならず冬】


🍅🍅トマトは低カロリーでさまざまな栄養成分が豊富な健康野菜。美肌効果や風邪予防に役立つビタミンC、老化を抑制するビタミンE、塩分の排出を助けるカリウム、腸内環境を整える食物繊維などをバランス良く含んでいます。更に注目されているのが、カロテノイドの仲間であるリコピンやβ-カロテン。私たちは酸素がなければ生きていけませんが、酸素には細胞を酸化させ、老化や動脈硬化、がんなどの生活習慣病を引き起こす作用があることがわかってきたので、抗酸化作用を持つリコピンやβ-カロテンに期待が集まっているのです。中でもリコピンの抗酸化作用は強力で、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍ともいわれています。「リコピン」でがん予防 生活習慣病と戦うリコピン…。
(「全国トマト工業会」HPより)




一字で最も多い読みがな
文字数「9」を誇る漢字

9文字で読む漢字一字は
この字だけのようですね

かといって…この読みで
入力してもすぐ一字では
出ません…「ニンジン」
とも読むのですが…それ
でも出ません…では何と
読むのでしょうか9字で

いろいろ考えて検索し…
「サン」で出るのを発見
くさかんむり以外の下の
部分が參(サン)ですよね
…今は「参」と書きます

ところでまったくの偶然

競馬のレースホース名は
9字までと決まっている
のですね…日本内のこと
で外国からやってくると
また別…長い名前もあり
ますが…国内では9字内


さて「蔘」一字の読みは?
カテゴリーにある「野菜」

「〇○〇〇〇〇〇〇〇」

解答は明朝にお送りします
句読点無しの記事化でした
が…明日以降は普段通りで
この「漢字クイズシリーズ」
を続けてゆくことにします。


【人参に仁あり人の参る道】














DSC_5248
「抹茶入り玄米茶」姉妹品




なぜ兄弟品ではなく、
姉妹品と呼ぶのでしょうか?

兄弟都市ではなく姉妹都市
と呼ぶ理由とは異なります。

お茶目な問題?

ほうじ茶はパッケージでも
暖色系の色合いが多いので、
寒い日には見ただけでhot。

もちろん芳ばしくて安堵感。

いただきもの、
いただきます。


はつなつのはつなすはなすなつみかな
(NP早口言葉)

茄(なすび:茄子)の語源は、
夏実(なつみ)とも言われて、
夏の季語です(秋茄子は秋)。

やっぱり焼きナスでしょうね、
きのこ三種の炊き込み御飯と。


初茄子や紫風船焼く爆ぜる
(宏)

DSC_2000








DSC_1831
長崎県産です。

淡路島産は有名ですが、
そのお膝元であるCOOP神戸でゲットしました。

「(新)タマネギ」は初夏の季語です。

生サラダかマリネの予定です。







遥かより新玉葱の間に合ひぬ
まろき夢網目に入れり新玉葱
(宏)

このページのトップヘ