NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: SDGs

IMG_20210118_071355にへい

デンドロビウム・ファレノプス

デンファレ

言います。

花の出回り期は2月~5月の蘭
花言葉は「有能」他に幾つか
胡蝶蘭(ファレノプス)と似た
形の小花を付けます…小原流
の生け花が花ギャラリーに…。

デンドロビウムがノビル系と
デンファレ系他いくつかあり
そんな話もまたあらためて…。





それにつけても
「こんな時期に」
という言い方で
ある種の警鐘を
鳴らされること
それはよいので
すが顰蹙排他を
一事万事主義で
あらぬ方面にも
向けるのは如何
なものでしょう。

「鬼滅の刃」のように。



たとえば川柳もそうですが
花・音楽・舞台・映画など
広義での文化芸術全般に…。

「芸滅の刃」を向けずに
「こんな時期だからこそ」
なのではないでしょうか?

いろんなジャンルでの建設的な
パートナーシップ(SDGs17)を…。

なんとかよい方策を早めに
扇情的・攻撃的にせずに…。


【キメツける刃の如き自粛かな】

【デンファレや内閣の支持率逆転】

(宏川)


デンファレには
「わがままな美人」「お似合いのふたり」
「魅惑」「有能」という花言葉があります。


たとえば…宰相、幹事長殿。



DSC_3541
DSC_3542
DSC_3543
大阪に発令近し雪の朝

松の内予約の花を受取に

枚方の楠葉朝日の寒の花

卒業後三十年の奥田花舗

束の間の春待つ話ご母堂と

二十年新春珈琲店季庵(gian)

教え子は花図鑑シンビジウム

紙袋二重新年の花抱へ

春未(ま)だし話に花をSDGs(エスディジーズ)

・・・・・・・・・・・・

アレンジメントを大阪市内
長堀橋の長堀堂ビル事務所
「日本SDGs協会」にお運び
して… 再びの緊急事態宣言
に立ち向かい 活動を続ける
代表理事・部長さん皆様へ
のエールとなりますように。


小松・アルストロメリア
(パール 変わり種だとか)

カーネーションはピンク
と白の二種・明るい緑菊
(アナスタシア  宝塚風!)

それに黄のオンシジウム
(好み 覚えていてくれた)

ミニ葉牡丹も紅白の二種
(フェザーレッドと晴姿)

やさしく開きかけの百合
(花粉も処理済みの心配り)


などなどすべて細かく
教えてくれました凄い。


【教え子に諭され嬉し寒の花】


《改訂追記》
揚句にしましたが
花の名を混同して
前記事は詰め込み
過ぎでした… まず
アレンジメント花
をお届けの話から。












IMG_20210107_055354
2020年6月8月初刊の新書二冊

4月発出(いつしか「発令」に)
全国緊急事態宣言が解除され
Go to 企画も盛んになった頃…。

「ポスト」
「逆襲」

SDGs的なある意味「預言書」
… 単なる予言書よりも有難味。


意地悪くも興味深くも「いま」
「ポストはほんとうに来るか」
「逆襲はほんとうにあるか」…
という観点で読んでおります。



以下 四字熟語ガクシュウ兼ねて。

ちょっと笑える…苦笑いですが
テレビ特にワイドショー系に…
跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)
する魑魅魍魎(ちみもうりょう)
の如き預言者(コメンテーター)
達の有り難くも畏れ多い御言葉。


「七つの大罪」を想起しました。
「いま」ニッポンとりわけSNS・
メディアの此処彼処(ここかしこ)
中心に下記の感情や気色(けしき)
が蠢(うごめ)き 感窮(きわ)まって
阿鼻叫喚(あびきょうかん)の様相
を呈しているように思われます。


「思う・感じる」から「考える」
へ… 思考シフトを変えるためにも
読み続け考え続け… 実践したいと

《思う・感じる・考える・やっている》

さあ あなたはどれに○を付けますか?


「再帰性の罠」… 問われるのは「われ」。


【もういいよ思ひながらの冬籠】


《付記…当ブログで「七人の小人」との併論あり》
「七つの大罪」について
[Wikipediaより]
日本語  ラテン語  英語
傲慢  superbia  pride
物欲(貪欲)avaritia  greed/avarice
ねたみ(嫉妬) invidia  envy
憤怒  ira    wrath
貪食  gula    gluttony
色欲(肉欲)luxuria  lust
怠惰pigritia seu acedia   sloth/acedia


元日は
朝日新聞をコンビニで購入
宅配の
神戸新聞と合わせての購読

本編と合わせて豪華な特別版

朝日は第4部まで
普段通りの朝刊150円でした。
(ちなみに普段の夕刊は50円)

神戸は第5朝刊まで
普段は駅売りでは買いませんが
朝刊は130円で夕刊は50円です。

・・・・・・・・・・・・・・・

朝日は第一面の左側から第二面全面にかけて
(連載中の)SDGs記事「明日もこの星で」を
配しました…コロナ下のベネチアの高潮被害
から始まって運河汚染・大気汚染と観光客の
消えた街と「ベネチア消滅」だけではなく…
「大量生産と大量消費が地球環境を大きく変え
人類の存続そのものを脅かしていること」

「よりよい世界をめざすSDGs(持続可能な開発
目標)は世界が2030年までに具体的対策を取る
ことを掲げる」こと
「いま私たちは何を考え
どう行動すべきなのか」
という在ベネチア記者
及び北京・本社記者(多分)からの警鐘記事です。


神戸は第二面下方に 小さな「共同通信記事」…
のみでした…隅々まで目を通しましたが付録も
含めておそらくは…「◆国連特使に水野弘道氏」
という広報で「・・新型コロナウィルス感染が
世界的に拡大する中、同特使は事務総長を補佐
し、国連が2030年までに実現を目指す持続可能
な開発目標(SDGs)達成に向け、官民の投資を促
していく
役割を担う」というニューヨークから
の記事です…たまにはこんな日もありますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝日は第二面全面(最下方に広告)を割いたことも
あって「SDGs17goalsロゴ」を載せて手厚い
印象でした…「人間の活動 気候や生物種を左右」
「コロナは警告」という小見出しも太く大きめ
…第三面に救命救急やビジネス面への派生記事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝(二日)になって…今日は全紙休刊ということ
もあって…再度見落としをチェックしてみました。

先達てより「手紙の大切さ」を感じていたのです
が…「新聞の大切さ」を更に痛感したことでした。


さあ、箱根駅伝のスタート時刻です
変わらぬ「大切な伝統行事」ですね
「変わらずに続けたいこと」のあり
「変えてゆかねばならぬこと」あり。


あれ?史上初めての超スローペースの出だしです
…「沿道の観衆以上の自重自粛」でしょうか…。


《追句の対句》
【元日の新聞二日目も読んで】
【元日の新聞二日目に気づき】

この後者末尾を「連用中止」と言い
連用形そのもので止める手法です…
前者は連用形+接続助詞「で」です
が…一般的には後者の方が力強く…。
(この「…力強く」も連用中止ですね
…ただ「気づき」は体言:名詞とも…
いや体言なら直前は「二日目の」?)


文法的説明は兎も角として後者句の
方が…解釈の可能性として自句自賛。


北極でセイウチの親子が…
乗っかる氷が少なくなって
絶滅への危惧ありと伝える
NHKブループラネット映像

安定した場所では北極熊に襲われ
海に逃げ込めばいいが乗っかる氷
がどんどん溶けているのだという

セイウチの大群が白熊に襲われる
様子は弱肉強食の自然界の摂理と
言ってしまえば それまでの話です

なんだか人間界に示唆的に教えて
くれるリアルでありメタファにも
思えて元日に敢えてピックアップ


セイウチは海象と書き
海象はゾウアザラシの
別名でもあるようです
トドは海馬と書き別種

季語ではありません勿論…
人間も季語ではありません


「今日は助かったようです」


氷に辛うじてたどり着いたセイウチ親子
… ナレーションはあくまでも癒し系で…


【海象の逃げ惑ひたる流氷に
          人間界の薄氷の見ゆ】


映像の写真はあるのですが…
今日はイメージしてください


2021年がよい年でありますように




このページのトップヘ