NPブログ「Leitmotiv 」言葉・論理・主題連鎖への旅

カテゴリ: 舞台

私設応援団の公式認定というのも可笑しな話だが
林家菊丸師匠のお墨付きが時の記念日6月10日に
得られたので、晴れてキクマリスト記念日と呼ぶ。

会のエンブレムは勿論、菊の花のモティーフだ。

現在、会員はわたくしNPとサスティナブル奥村の
二人だけだが、特に会費会則や桎梏(しっこく)
=束縛があるわけではない… ただ足手纏のご迷惑
はご法度で、必要以上の取り置き依頼は控え目に。(^_^;)


いいなあ、私設応援団。📣\(^o^)/

ご興味関心とお気持ちのあるかたは、NPまで。


【研鑽の凡て高座の菊の花】
(『蒼穹』秋の部)


芸能活動三十周年の三代目林家菊丸
文化庁芸術祭 大衆芸能部門大賞(2022年)
記念シリーズを継続開催チケット人気上昇。

されど小さな席亭の在所や不意の指名仕事
も決して疎かにはしない、それどころか…
虚心を忘れずお出迎えお見送りも粋に熟す。


【此処に粋あり大輪の菊開く】


9月23日(月・祝)
なんばグランド花月(NGK)
19 時開演独演会
天命を知る(五十歳)
集大成にして更に咲くや菊花

看板のピン
井戸の茶碗
ネタ下ろし



1000008421












神戸新開地・喜楽館
昼席の「30周年お祝い同期会」
と 
夜席の「たい平・菊丸二人会」

前者はひとりで
後者は寄席初めての元教え子さんと
連日で仕事後の落語三昧を愉しんだ。

同期会は「呵呵大笑」
二人会は「じわる噺」
とちらも、落語の醍醐味・奥深さを
堪能した… 前売券上席の取り置きを
してくださった林家菊丸師匠に感謝。


「貢ぐ女」に
三浦綾子の『積木の箱』や
BOØWYの氷室京介さんが
入っていることは以前にも
当ブログでお伝えした通り。

「立ち切れ線香」は
お見送りの菊丸師匠談では
”難しい”とのこと、成る程。

だから、何回でも聴きたく観たくなり、これからも
足を運び「キクマリスト」を標榜し続けるのだ。(^^)


【夏の寄席立ち切れ線香のじわる】


翌日、授業担当の高校生たちに「じわる」を
使って小咄をしてみたところ… 伝わるもので
嬉しくなって濫用しているのだ… じわじわと。


画像中入りは[追添付]で授業用アイテム…
扇子、手拭い、トートバッグ、タブレット。

1000008362












10000083751000008367

同じところ違うところで泣けてくる


まずは映画

神木隆之介さん
浜辺美波さん

加えて二回目は

永谷咲笑(さえ:子役)ちゃん
安藤サクラさん
青木崇高さん

あのシーンこの場面その目線に
それぞれ込み上げるものがあり
平日午後にもかかわらずかなり
埋まった前方F-2席(6列目左端)
… 君たちはどう生きるかに続き
三回目を必ずと決意しながら…。

隣席のNPよりも多分年配の男性
何度もメガネを外していたので
さもあらん… でもスマホで時々
何かを確認するのはマナー違反
だよ唯一のゴジラマイナスワン
… 中高年のかたは若者に垂範を。


【彼岸過迄漱石と同じゴジラ】


次に落語


終了直に新開地喜楽館の夜席へ
「兵庫区民寄席」で桂春蝶師匠
から林家菊丸師匠のトリ迄堪能。

またまた同じところ違うところ
泣かせていただいた「幸助餅」
… 何回きいてもいいものはいい。

でもやはりスマホの時刻音など
小さいけれどアラーム切り忘れ
中高年の人がほとんどだけに(泣)。


【春宵の価千金「幸助餅」
   [付け句]スマホ無ければもっと泣けると】


わずかな光や音なんだけどね…(T_T)

どちらも本編で泣けたから有り難く。



1000007407
1000007406




「はつらい」は立春後に初めて鳴る雷です。

春雷(しゅんらい)は
三春(さんしゅん:初春.仲春.晩春)の季語ですが、
初雷は仲春の季語です。

ですが、2月11日の今夜
「林家菊丸&桂天吾」の「光徳寺寄席ふたり会」
では途中に突如の初雷が轟き、雨音が激しくなり、
又一気に収まっていく、巡り合わせがありました。


菊丸師匠の「竹の水仙」「貢ぐ女」という鉄板を
みたさききたさに、阪神電車でなんばへ、メトロ
千日前線で小路まで参上しましたが、関西学院大
出身という桂天吾さんの「動物園」と「崇徳院」
や、対談もとてもよく、行ってよかったの大満足。

お二人は25歳違いだそうですが、師匠ではなく、
にいさんと呼んでくれとの菊丸師匠と、いやこれ
は師匠で譲れないという天吾さんの掛け合い絶妙。


【初雷の新星発見を祝う】


終演後に、菊丸師匠に天吾さんを紹介して戴き、
「(大学校歌)空の翼、歌えますよ」との言葉に
思わず、6月の同寺での一人寄席を予約しました。


それにしても
菊丸師匠の創作逸品「貢ぐ女」に、
三浦綾子さんの『積木の箱』や、
BOØWYの氷室京介さんが入って
いるとは、感激(観劇)至極の
間隙のエピソードでありました。(T_T)(^o^)


【お釈迦様でも初雷を驚かれ
   (付け句)逸話頷く光徳寺寄席】


1000007187
1000007194
1000007201



苦しんでいた
いじめられた
自ら死を選ぶ

その証拠を見せろと

この発言が正体なら

そこに正義は無い…

ならば問うあなたに

証拠が無い証拠を…

確かにお見せください


【正しさの中正しさは証明を
   出来ず過ちまた繰り返す】


JRの新長田駅前に昨日
28年ぶりに立ちました。

阪神淡路大震災のあと
現在の職場にその時も
勤めていた元同僚友人
彼を訪ねて行きました。


そして昨日は新長田駅集合。

今年度から再び同僚の彼と
彼の新たに紹介してくれた
オリックスファン現同僚と
三人「残念会」をしました。


その時以来の新長田駅前には
まるで正義を説くかのように
初めて間近に見る鉄人28号の
巨大で力強い姿がありました。

なぜか「焼肉 阪神」という
駅から西にすこし離れた所の
お店をプラチナ会員の同僚は
撰び予約案内してくれました。

タン・カルビ・ハラミの三種
各二人前と焼き野菜の二人前
それだけでもうじゅうぶんで
駅前に戻ってあの時無かった
コメダ珈琲豆付きで長居して
最近残念だったことなど話し
はやめに元気に散会しました。


証拠が無くても在っても
「残念」の極み変わらず
心から哀しみを覚えます。


【銀杏散る幾つもの残念無念】


1000006529













このページのトップヘ